さ、やってみよか

末期ガンになった主婦が幸せ感じながら生きられるようになった食や知恵をお伝えします

*

肺腺がんとのつき合い方〜夢を叶えるコツ〜

      2015/04/22

雪が舞った今日、私の夢がひとつ叶いました。本当にこの日に私は生きているんだ…と一瞬、時が止まったように感じていました。

泣きながら書いた夢

「2人の子どもの中学校の卒業式に出る」という夢はガン初治療の入院中に書いたもの。「まだ死にたくない、私だけここから居なくなるなんて嫌だ!」と泣きながら書いたものでした。

人は思いで生かされる

娘は39回生で学年のテーマは「賛究(さんきゅう)」【賛・讃える】「仲間を讃えるために自分をまず讃えよう。自分を認めていれば、心から相手を認めることができる。」【究・究める】「いつも目標に向かっていること。辿りつくことも大切だが、いつも究めようと目指していることが大事」と教えて頂きました。このテーマが軸にある学年だったから、どんな状態の娘も受け入れてもらえたのだと改めて思いました。学年関係なく声をかけて下さった先生方や同級生の思いが伝わる行動で娘は救われてきました。

2人の子どもが通学した5年間は我が家にとって激動の時でした。父や私のガン発覚、治療、父の死、母の大手術、娘の起立性調節障害による不登校。ですが、子どもたちはあの先生方が見ていて下さるという安心から、私は生きることにかなり専念できました。おかげで立ち直ることができ、結果私の命も助けてもらったと思っています。今日の卒業式は娘だけでなく、私の卒業式でもありました。


かぶりものが似合い過ぎる最高の先生と♡

あの頃、死ぬことが怖くてしょうがなくて、引きずられまくってたけど泣きながら夢を書いて良かったと思います。書くことで思いは整理され刷り込まれ、潜在意識が動き出し現実になるのではないかと思います。

本当にありがとうございました。すべてのことに心の底から感謝します。

 - 日記, 私に力をくれた言葉

AD

AD

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

疑うより、信じて生きようと思う

ガンが私に与えてくれたことはたくさんあるけど『安心して、すべてを受け取って、今を …

料理が上手くなる、たった一つのこと

私が台所に立つようになったのは10歳の頃。小学校のキャンプでカレーを作れるように …

夏休みの自由研究にピッタリ!おうちで作る藁づと納豆☆1

先日、手作り納豆セットを頂きました。農薬、化学肥料無しの自然栽培で育ったワラと大 …

個性豊かな繋がりの力

私の周りには、個性溢れる大好きな人たちばかりがいます。奇跡です。 みんな違って、 …

丁寧にパワーチャージできる場所

自分のパワースポットってありますか?私は最近ようやくココだ、という場所に出会いま …

引き寄せられる人の共通点

いつぶりか思い出せないくらい久しぶりに義妹と食事をした。歳が近く、タイプは全く違 …

パウンドケーキ・生クリーム添え〜我が家の健康生活ケトレシピ〜

パウンドケーキ・生クリーム添え 〜材料〜《18cmパウンド型》 ・粉類(おからパ …

ガン治療中のリラックスにアロマ〜肺腺がんとのつき合い方〜

こんにちは、ピスタチオ塚本です。(←尊敬する笑いの師匠の意見を参考に命名)「これ …

桜の下でお昼寝しました

ボクは今日、家族とお花見に行きました。 アジサイも準備万端です。 ボクは大好きな …

魔法使いを目指して

介護認定も受け、日々の生活リズムが出来つつある義父母。 週の半分はデイサービスに …