さ、やってみよか

末期ガンになった主婦が幸せ感じながら生きられるようになった食や知恵をお伝えします

*

患者力を発揮するスイッチは覚悟すること

      2016/03/25

自分は健康体だと1ミリの疑いもなく40年ほど生きてきました。が、一瞬で患者になりました。

人は自分に都合が悪いことが起きると、誰かや何かのせいにしがちです。が、そうしている限り、味わう現実は何も変わらないし、繰り返し繰り返し同じことが起きます。これ、ホントでした。

今は自分の選択の結果。その責任を取る覚悟をすること

まだ生きていたい患者にとって一番大切、もしかして唯一なんじゃないかと思うこと。それは、今までの自分の選択の結果に責任を取る、その覚悟をすること。膝ガックガク生まれたての子鹿のような私にとって自ら立つ、という覚悟をするには時間がかかりました。本当に向き合うところが剥き出しになるから、吐きそうにもなります。

人生は選択の連続。その時その時の自分が選んだ道を今、歩いています。今、どんなことが起きていてもそれは自分で選んできたことの結果。それを受け入れることが自分を生きるということで、その覚悟をした人を大人というのだと思っています。
大切な人と話しをした後に、横にコレがあってビックリ。

自分の身体の中で起きていることを誰かや何かのせいにはできません。その事をしっかりと受け入れるから、これからの自分の人生の舵を自分で握り取ることができると思うのです。

これは様々な経験をしている思春期の息子と娘に送る手紙でもあり…
「大人になることってな。どんだけ自分の肚の声に正直になるか、その勇気があるかどうか。どうも、それだけみたいやねん。」

 - ガンのこと, , 日記, 統合医療

AD

AD

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

自由研究のネタにぴったり。しかも高評価。

8月末、我が家の恒例行事。(残った夏休みの宿題を慌ててやる行事)自由研究や読書感 …

おでかけ時はコレを買う。私をつくる食べ物〜我が家の健康生活ケトレシピ〜

先日、久しぶりに山に出かけてきました。山、大好きです‼︎ 良いお天気の中、広い芝 …

あと一週間の命なら、何をする?

以前、マインドフルネスを指導してくださる先生の下『死のワーク』をしたことがありま …

肺腺がんとのつき合い方〜私の家族の場合〜

2010年10月に吐くほどの頭痛の末、意識不明で救急搬送。11月脳腫瘍摘出後、末 …

大阪肉ランチ♡このお店で満喫してきました

可愛らしくてたまらない大好きなMさんの食事報告も兼ねて、お肉ランチ♡ 網でジュッ …

美とお金の話は私にとっては命の話だった

スタッフで参加しているりんご助産院主催リラッかるお茶会がありました。 今回はいち …

ゴーヤのサバ缶サラダ☆オメガ3を美味しく頂きます

先日の畑仕事で白いゴーヤを収穫しました。神々しい白さにウットリです。 こちらはお …

笑いで私を健康にしようとする母の企み

出かけようと急ぐ私に、何故かいつも話しかける母。しかも今じゃなくてもいいよね、っ …

疑うより、信じて生きようと思う

ガンが私に与えてくれたことはたくさんあるけど『安心して、すべてを受け取って、今を …

神戸お花見マップに掲載されてたご近所で花見散歩

近所の中学校や近くのマンションがお花見マップ(神戸地域誌)に載っていてビックリ。 …