さ、やってみよか

末期ガンになった主婦が幸せ感じながら生きられるようになった食や知恵をお伝えします

*

出口が見えないトンネルを歩いている気分

      2016/11/01

『人は自分の思うようにはならない』我が子だから、なおさら感じることなんだろう。『自分が見ている現実は自分の内側を写し出している』ごもっとも。

こんなに心が乱れて、悲しくて、泣けてしまうのは私が悲しみ、泣きたいから。

出口が見えないトンネルをトボトボと歩いている気がする。真っ暗でどっちに向かえばいいのか、どこから風は吹いているのか、どこからか光はこぼれていないか、気づけばいつも出口を探している。

出口に近づくためにしてきた様々なことや、今していること。ムダなんじゃないかと投げやりな気分になることもある。不信、疑い、罪悪感、劣等感。そんなものを味わったりもする。
あれ?でも止まってない。
トボトボとだけど、歩いてる。

書いてて気づいた。

じゃ、ま、いっか。

 - 家族, , 日記

AD

AD

  関連記事

末期ガンといわれた6年前の私に伝えたいこと

「食べ物があなたを作る」スペシャルセミナーにて、皆さまの前でお話しさせて頂く貴重 …

no image
ニュートラルを大切にするドライブ人生

車の免許はMT車で取りました。「そうか両手両足使うのか。そんなサーカスみたいなこ …

ガン情報の見極め方・後編〜ガン学会に参加して想うこと〜

エビデンス(科学的根拠)に基づいた治療法を裏付けるための臨床試験・・・情報の信頼 …

丁寧にパワーチャージできる場所

自分のパワースポットってありますか?私は最近ようやくココだ、という場所に出会いま …

75歳母を毎朝、抱きしめています

22歳で神戸に嫁ぎました。タイミングもありましたが、親から離れたかったことも理由 …

キレイごとだけじゃ、やってられんけど

穏やかな暮らしに向けて、環境を整える準備が進んでます。『助けて』の声をあげること …

あと一週間の命なら、何をする?

以前、マインドフルネスを指導してくださる先生の下『死のワーク』をしたことがありま …

美とお金の話は私にとっては命の話だった

スタッフで参加しているりんご助産院主催リラッかるお茶会がありました。 今回はいち …

ミトコンドリアと焼き鳥と圧力鍋とアラフィフ

アラフィフになれたことをしみじみ味わいながら、家族で揃う日に誕生祝いを。ごちそう …

栄養たっぷり愛情たっぷりの野菜を作る畑に初潜入

ずっと、ずっとしてみたかった… 畑仕事のお手伝いに行ってきました。 すぐ上でヒバ …