さ、やってみよか

末期ガンになった主婦が幸せ感じながら生きられるようになった食や知恵をお伝えします

*

受け取るということ

      2016/11/04

はじめにお知らせです

>>>【募集】<<<

笑うガン女子《ヨガ》会

気づいていないカラダの緊張を安心の場でゆったり無理せず、ほぐします。ココロもほぐれるおしゃべりもしましょ。ヨガの先生・くみさんです。がん女子の方、そのご家族の方、お待ちしています。

<日時> 2016年11月22日(火)12:30~14:30

<場所> JR垂水駅西口山側徒歩すぐ(お申し込み後、詳細連絡します)

<参加費> 1500円

・動きやすい服装、飲み物をご持参ください。

<お申し込み>

・project22kobe@gmail.comにメール

・下↓のメッセージ欄から

・Facebookのメッセージから

お名前、連絡先をお知らせください。

ーーーーーーーーーー

ガンになる人は、基本受け取り下手な人が多いと思っていて。

褒められた時は「いやいや、そんなことないし。。。」と、思わず言う。親切にしてもらった時は「なんかお返しせな!」と、つい思うとか。

ガンを公表する時、物凄い葛藤があった。良いことも悪いことも受け取る覚悟をしなきゃいけなかったから。

言うて、なんのためになるの?すぐに泣くし、凹むし、足がすくむし、投げやりになるし。そんなカッコ悪い自分の日々をわざわざ知りたい人なんて、いる?

「ナニを自慢気にしてるの?」「たまたま、良い薬があっただけでしょ」「再発ばっかりしてるやん」「なんの役にも立ってないやん」こんな声が聞こえてきそうで、怖かった

ガン女子会をやってみることも怖かった。張り切って、だーれも来なかったら恥ずかしいし、カッコ悪い。

でも、やってみたのはやってみたかったから。一緒の思いをしてる人と気を合わせたら、生きる力が強くなる気がしたから。そう、ヘタレな私独りじゃ何にもできないのがわかっていた。だから、仲間が欲しかった。それだけ。

生きることを諦めたくない仲間が欲しかった。

そんな私の周りには「やってみる」人がたくさんいて、やってみせてくれる。勇気をくれる。ダメで元々、何にもなかったんだから。

先日のガン女子会はコジャレたカフェで。みんな通院の合間をぬって時間合わせて、最近のあれやこれやを話す大切な時間。ヘタレっぷりに安心され、これでいいのかと勇気が出た。

やりたいことがわからない時もある。肚に触れない時もある。足がすくむ時もある。

それにダメ出しして、つい隠してたけど、そんな私もかわいいと思えるようになった。ヘタレな私のナニがあかんねんと許せたら、それでいいよって許される現実もやってきた。

そうなると、やってみたいことがまた見えてきて。みんな、ありがとう。世界は優しい。

 - ガンのこと, 日記

AD

AD

  関連記事

肺腺がんとのつき合い方〜診察報告〜

先日2015.5.26定期診察。診察室に入るなり「何かいいコトあったん?」と主治 …

肺腺がんとのつき合い方〜夢を叶えるコツ〜

雪が舞った今日、私の夢がひとつ叶いました。本当にこの日に私は生きているんだ…と一 …

no image
1秒で期待を超えたチビ師匠

風を通したくて開けてる和室。愛犬チビが中に『入れない』ように張った網。 『入れな …

お通じが、朝、起きた途端から⁉︎そんな私の最近の食事

冬は食材が豊富で楽しいですね。楽しく食べられると栄養もたくさん吸収できそうじゃな …

no image
焼き鳥事件

昨日はテストが終わった男子高校生たちが我が家に集結して、ゲーム大会。10年前とや …

笑いで私を健康にしようとする母の企み

出かけようと急ぐ私に、何故かいつも話しかける母。しかも今じゃなくてもいいよね、っ …

ガンと生死と、はなうたと

死ぬことは悪いことじゃない。天に還るタイミングは、生まれる時に自身で決めてきたこ …

がん治療中でも美味しく食べる!をみんなで考えてやってみた

いつものお茶会で作戦を練り、今回は初の作戦決行。準備する時間からめっちゃワクワク …

ニキビを何とかしたい高校生の息子が手にした本

「オレは白ご飯がないとあかんねん‼︎」と叫んでいた高校生の息子 一年後の今、こん …

ローストビーフをダッヂオーブンで作る

数年ぶりに兄弟全員集合してきました。かなり仲良しです。賑やかだった亡き父のモット …