さ、やってみよか

末期ガンになった主婦が幸せ感じながら生きられるようになった食や知恵をお伝えします

*

受け取るということ

      2016/11/04

はじめにお知らせです

>>>【募集】<<<

笑うガン女子《ヨガ》会

気づいていないカラダの緊張を安心の場でゆったり無理せず、ほぐします。ココロもほぐれるおしゃべりもしましょ。ヨガの先生・くみさんです。がん女子の方、そのご家族の方、お待ちしています。

<日時> 2016年11月22日(火)12:30~14:30

<場所> JR垂水駅西口山側徒歩すぐ(お申し込み後、詳細連絡します)

<参加費> 1500円

・動きやすい服装、飲み物をご持参ください。

<お申し込み>

・project22kobe@gmail.comにメール

・下↓のメッセージ欄から

・Facebookのメッセージから

お名前、連絡先をお知らせください。

ーーーーーーーーーー

ガンになる人は、基本受け取り下手な人が多いと思っていて。

褒められた時は「いやいや、そんなことないし。。。」と、思わず言う。親切にしてもらった時は「なんかお返しせな!」と、つい思うとか。

ガンを公表する時、物凄い葛藤があった。良いことも悪いことも受け取る覚悟をしなきゃいけなかったから。

言うて、なんのためになるの?すぐに泣くし、凹むし、足がすくむし、投げやりになるし。そんなカッコ悪い自分の日々をわざわざ知りたい人なんて、いる?

「ナニを自慢気にしてるの?」「たまたま、良い薬があっただけでしょ」「再発ばっかりしてるやん」「なんの役にも立ってないやん」こんな声が聞こえてきそうで、怖かった

ガン女子会をやってみることも怖かった。張り切って、だーれも来なかったら恥ずかしいし、カッコ悪い。

でも、やってみたのはやってみたかったから。一緒の思いをしてる人と気を合わせたら、生きる力が強くなる気がしたから。そう、ヘタレな私独りじゃ何にもできないのがわかっていた。だから、仲間が欲しかった。それだけ。

生きることを諦めたくない仲間が欲しかった。

そんな私の周りには「やってみる」人がたくさんいて、やってみせてくれる。勇気をくれる。ダメで元々、何にもなかったんだから。

先日のガン女子会はコジャレたカフェで。みんな通院の合間をぬって時間合わせて、最近のあれやこれやを話す大切な時間。ヘタレっぷりに安心され、これでいいのかと勇気が出た。

やりたいことがわからない時もある。肚に触れない時もある。足がすくむ時もある。

それにダメ出しして、つい隠してたけど、そんな私もかわいいと思えるようになった。ヘタレな私のナニがあかんねんと許せたら、それでいいよって許される現実もやってきた。

そうなると、やってみたいことがまた見えてきて。みんな、ありがとう。世界は優しい。

 - ガンのこと, 日記

AD

AD

  関連記事

wpid-1479973319249.jpg
自己治癒力みくびんなよ

先日の『チームつくし』はゆるゆるヨガでした。 友達のくみさん。いろんな角度から観 …

wpid-20150212082038.jpg
笑いで私を健康にしようとする母の企み

出かけようと急ぐ私に、何故かいつも話しかける母。しかも今じゃなくてもいいよね、っ …

wpid-wp-image-1602854386jpg.jpg
疑うより、信じて生きようと思う

ガンが私に与えてくれたことはたくさんあるけど『安心して、すべてを受け取って、今を …

wpid-20160529100400.jpg
がん治療中でも美味しく食べる!をみんなで考えてやってみた

いつものお茶会で作戦を練り、今回は初の作戦決行。準備する時間からめっちゃワクワク …

wpid-20150512012644.jpg
肺腺がんとのつき合い方〜何を感じながら食べるのか〜

ガンの治療によって変わってしまった姿を映し出すテレビの画面。それを見る人は何を感 …

no image
しばらく、お休みします。

当たり前だと思ってた『健康』を無くして、その大切さを知りました。当たり前だと思っ …

wpid-20150915012852.jpg
自由研究のネタにぴったり。しかも高評価。

8月末、我が家の恒例行事。(残った夏休みの宿題を慌ててやる行事)自由研究や読書感 …

wpid-20150702041909.jpg
子育てママのためのリラッかるお茶会《7月》

今日も楽しい時間を過ごして参りました。 子育てママのためのリラッかるお茶会 【毎 …

wpid-20150802114043.jpg
夏野菜は強かった!草になんて負けません。

久々の畑仕事のお手伝いでした。 …いえ、野っ原ではありません。れっきとした畑です …

wpid-20150423112726.jpg
肺腺がんとのつき合い方~「もう打つ手がないねん…」そう呟くガン病棟同室の人に見せた私のバイブル

ガンとわかった私は治りたくて治したくて、情報の海を泳ぎ回り、来る日も来る日も生き …