さ、やってみよか

末期ガンになった主婦が幸せ感じながら生きられるようになった食や知恵をお伝えします

*

認知症はピュアになる

      2017/02/14

いつものように、慌ただしく買い物してきたものを限られた時間の中でアレコレ作る。

『今は寒い時だから、お味噌汁は必須でしょ。酸っぱいものや旨い甘いもの、色がきれいなもの、それと固くならないようにするには。。。』

頭の中が慌ただしいうちに、義母が部屋に引っ込んだ。後から気づき、声をかけると「お宅はナニをしてくれてるの?」明らかに怒ってる。拗ねてる。ありゃー、やってしまった。

『私ができることをなんであなたがバタバタとやってるの?』という義母の心の声が聞こえてしまった。正直「ちゃんと料理もできへんのに、ナニを言うてんねん。面倒くさいわー。」って即答(心の中で)してた私。いや、少し口から出た。

義母の大切な『自尊心・プライド』を踏みつけていることに気づいてない私を感じ取っていたんだな。

認知症の人は頭や余分な思考が切り離された分、感じ取る能力がグンっと上がるんじゃないのかしら。よりピュアになるんだ、きっと。その分、私は自分の内面を見ることになるんだろう。

次行く時は「これ、安かったから買ってきちゃったの。何か作らせてもらってもいい?」でいこう。無事に穏やかに作れる空気を作っていこう。

この台詞はクルレ畑の赤堀先生から頂いた知恵。専門家が近くにいてくれる奇跡に感謝する。長谷川式テストの点数を伝えると「5~6歳児だと思ってね」と教えてくれた。そんなに。。。よくぞここまで二人で生活してくれてたな、と感謝する。

次はキーマカレー作ってこよう。お味噌を入れたらコクが出て美味しいとわかったし。温泉卵も落として食べるようにしたら、喜ぶかな。

 - 家族, 日記, 食事

AD

AD

  関連記事

わらびの胡麻和え〜ケトジェニックな健康生活レシピ〜

わらびの胡麻和え 〜材料〜 ・わらび 1束 ・いり胡麻 大さじ2(好みで増やして …

糖質制限食はただの痩せる食ではないこと

私は4人兄弟(兄2人弟1人)です。男兄弟の食欲につられ、よく食べる青春時代を過ご …

肺腺がんとのつき合い方〜私の家族の場合〜

2010年10月に吐くほどの頭痛の末、意識不明で救急搬送。11月脳腫瘍摘出後、末 …

肺腺がんとのつき合い方〜ストレスをほぐす〜

私はソファのヘリに座るのが好きです。足をぶらぶらさせてると、妙に落ち着くのです。 …

がん女子会・波乱万丈の人生ってあるのね

災害レベルの厳しい寒さが通りすぎ、ひと安心できた日にたくさんおしゃべりしてきまし …

健康おウチご飯はこう作る【栄養講座】実践編開催

りんごアカデミー【栄養講座・全3回シリーズ】「ほな、コレ食べとこか!」最終回・実 …

サンマ大好き家族です

朝晩が過ごしやすくなってきました。セミの鳴き声も気持ち元気が無くなってきたでしょ …

クルレ畑は生命力が溢れる場所

日曜日の朝は、クルレの畑仕事。大切で大好きな時間です。 おちゃめな愛されキャラで …

no image
受験間近・進路選択で悩む不登校だった娘に伝えた3つの言葉

先日、娘の個人懇談で志望校を変更した方がいいという担任からのアドバイスがありまし …

no image
出口が見えないトンネルを歩いている気分

『人は自分の思うようにはならない』我が子だから、なおさら感じることなんだろう。『 …