さ、やってみよか

末期ガンになった主婦が幸せ感じながら生きられるようになった食や知恵をお伝えします

*

ありがとうの思いを乗せたお花たちに囲まれた

   

思わぬ場面でお花を頂いた。今日でおしまいだったけど、いつも優しく愛しさに溢れる場にいられて幸せだった。

爽やかな甘い香りでうっとりする水仙。義母がきれいに咲かせてくれた。少しでも長く私を覚えていて欲しい。

実母の喜寿を祝う兄弟や家族からのお花。いつもご機嫌でいてくれて、ありがとうね。

終わりだったり、始まりだったり。この瞬間だったり、永遠だったり。良いと思ったり、悪いと思ったり。

すべては移り変わるもので、それでよくて。それでも、また変わっていくことに悩んだりするんだろうな。

そんな中でお花たちは『ありがとう』や『おめでとう』の思いを少しでも長く今ここに繋ぎ止めてくれる。

 - , 日記

AD

AD

  関連記事

no image
ニュートラルを大切にするドライブ人生

車の免許はMT車で取りました。「そうか両手両足使うのか。そんなサーカスみたいなこ …

肺腺がんとのつき合い方〜辛すぎる今から自分を守る方法〜

2010年10月に吐くほどの頭痛の末、意識不明で救急搬送。11月脳腫瘍摘出後、末 …

認知症はピュアになる

いつものように、慌ただしく買い物してきたものを限られた時間の中でアレコレ作る。 …

鶏マヨ・ゴーヤチャンプル〜我が家の健康生活ケトレシピ〜

あっさり鶏だからマヨのコクが合う 鶏ゴーヤチャンプル 糖質 約4.8g たんぱく …

肺腺がんとのつき合い方〜落ち込み尽くす〜

「あなたはがんです。」と言われる確率は今や2人に1人というCMが流れています。「 …

本当は内緒にしておきたい。隠れ家珈琲店

街中から少し走ると田園風景になるのは神戸ならでは。緑いっぱいの景色にとっても心が …

最高のプレゼントは相手を想う時

思いがけずに花束を頂きました。 とっても嬉しくて、幸せで身体の芯から喜びが湧いて …

肺腺がんとのつき合い方〜何を感じながら食べるのか〜

ガンの治療によって変わってしまった姿を映し出すテレビの画面。それを見る人は何を感 …

ニキビを何とかしたい高校生の息子が手にした本

「オレは白ご飯がないとあかんねん‼︎」と叫んでいた高校生の息子 一年後の今、こん …

no image
笑うがん女子会@神戸垂水スタバ

6月、梅雨時。湿度がわかる私の髪の毛がアフロになるんではないかとヒヤヒヤする湿気 …