さ、やってみよか

末期ガンになった主婦が幸せ感じながら生きられるようになった食や知恵をお伝えします

*

ストレスのかわし方と腸内環境正常化

      2017/04/14

学校が始まったばかりの息子からメールがあった。

【ラプンツェる】

予測不可能な出来事に見舞われて、人生がいい感じに翻弄され始めていく現象

byいばや通信・坂爪圭吾さん

その後の予定と都合がたまたま良かった私の運転で、息子はリュックと共に学校に無事送り届けられた。

これで来月二十歳か・・・、と一瞬不安がよぎったけど「ラプンツェったなー」と思えたので、ちょっとイタリアンな響きのネタになった。

私は情緒不安定になりやすかったし(それは栄養不足だったからで、まだあるけどそれもよし。)『まさか!』の事態になるとストレスをすこぶる感じるため、腸内環境も悪くなりやすかった。

でも『ラプンツェる』というストレスのかわし方を知ったので、これから予測不可能なことが起きた時にも「これからどんな風にいい感じになるんだろーー。ラプンツェってるわー。」と軽やかになれそう。腸内環境にもよい。

食養生をいろいろと試してきて、うまくいったかと思えば、うまくいっていなかったり。時間はかかるけど、とりあえずやってみよか、で相変わらず身体を立て直している。

そんな私は今、足元に戻り腸活をしている。できるだけ身体にいらないものは入れず、いるものは入れる。そして、入れたら出す。基本はシンプルで大切。

最近している腸活のひとつは発酵食品を摂ること。ぬか漬けなどのおつけもの、有機納豆、マジメに作った醤油やみりんなどの調味料。これらは無意識に優しく安心な世界に連れていってくれる。

今日は西洋のお漬けものザワークラウトを購入。おやつにちょっとつまんだり、ほぼ毎日食べる味噌汁にも乳酸菌仲間としてご一緒してもらおう。なんとスプーン一杯のザワークラウトに、約10兆個の善玉菌がいるのだそう。

植物性乳酸菌は菌の種類も豊富で、タンパク質を分解させる作用がある酪酸もあるので、消化の助けになってくれそう。しかも、動物性乳酸菌より、生きたまま腸に届きやすいので、おいしく楽しくお得な食べ方もできる。

ただ、善玉菌が増えればいいって訳でもなく、大切なのはバランス。いろんなモノからいろんなものを、よく噛んで頂くことは基本にしたい。

 - 日記, 食事

AD

AD

  関連記事

効率良すぎる和風鶏ハム〜我が家の健康生活ケトレシピ〜

ウチの冷蔵庫になくてはならないものがあります。それは鶏ハム。しかもコチラの神レシ …

肺腺がんとのつき合い方〜自然を感じる〜

山が大好きな私。今日は緑を味わいに六甲山上にある再度公園に行ってきました。 新緑 …

がんになったら変えること

『笑うがん女子会つくし』開催しました。今回は暑さもあってか、体調を崩される方が続 …

【子育て中のママ】自分の気持ちと向き合う集い、大盛況でした♡

感情って自分から湧き出るものなのに誰かや何かのせいにしてしまう。感情の渦に巻き込 …

ひんやりのどごし気持ちいい納豆卵かけ豆腐〜我が家の健康生活ケトレシピ〜

納豆卵かけ豆腐 〜材料〜 ・卵 1ケ ・納豆 1パック ・木綿豆腐 半丁 ・海苔 …

ガン情報の見極め方・後編〜ガン学会に参加して想うこと〜

エビデンス(科学的根拠)に基づいた治療法を裏付けるための臨床試験・・・情報の信頼 …

お通じが、朝、起きた途端から⁉︎そんな私の最近の食事

冬は食材が豊富で楽しいですね。楽しく食べられると栄養もたくさん吸収できそうじゃな …

ガン治療中のリラックスにアロマ〜肺腺がんとのつき合い方〜

こんにちは、ピスタチオ塚本です。(←尊敬する笑いの師匠の意見を参考に命名)「これ …

受け取るということ

はじめにお知らせです >>>【募集】<<< …

疑うより、信じて生きようと思う

ガンが私に与えてくれたことはたくさんあるけど『安心して、すべてを受け取って、今を …