さ、やってみよか

末期ガンになった主婦が幸せ感じながら生きられるようになった食や知恵をお伝えします

*

ストレスのかわし方と腸内環境正常化

      2017/04/14

学校が始まったばかりの息子からメールがあった。

【ラプンツェる】

予測不可能な出来事に見舞われて、人生がいい感じに翻弄され始めていく現象

byいばや通信・坂爪圭吾さん

その後の予定と都合がたまたま良かった私の運転で、息子はリュックと共に学校に無事送り届けられた。

これで来月二十歳か・・・、と一瞬不安がよぎったけど「ラプンツェったなー」と思えたので、ちょっとイタリアンな響きのネタになった。

私は情緒不安定になりやすかったし(それは栄養不足だったからで、まだあるけどそれもよし。)『まさか!』の事態になるとストレスをすこぶる感じるため、腸内環境も悪くなりやすかった。

でも『ラプンツェる』というストレスのかわし方を知ったので、これから予測不可能なことが起きた時にも「これからどんな風にいい感じになるんだろーー。ラプンツェってるわー。」と軽やかになれそう。腸内環境にもよい。

食養生をいろいろと試してきて、うまくいったかと思えば、うまくいっていなかったり。時間はかかるけど、とりあえずやってみよか、で相変わらず身体を立て直している。

そんな私は今、足元に戻り腸活をしている。できるだけ身体にいらないものは入れず、いるものは入れる。そして、入れたら出す。基本はシンプルで大切。

最近している腸活のひとつは発酵食品を摂ること。ぬか漬けなどのおつけもの、有機納豆、マジメに作った醤油やみりんなどの調味料。これらは無意識に優しく安心な世界に連れていってくれる。

今日は西洋のお漬けものザワークラウトを購入。おやつにちょっとつまんだり、ほぼ毎日食べる味噌汁にも乳酸菌仲間としてご一緒してもらおう。なんとスプーン一杯のザワークラウトに、約10兆個の善玉菌がいるのだそう。

植物性乳酸菌は菌の種類も豊富で、タンパク質を分解させる作用がある酪酸もあるので、消化の助けになってくれそう。しかも、動物性乳酸菌より、生きたまま腸に届きやすいので、おいしく楽しくお得な食べ方もできる。

ただ、善玉菌が増えればいいって訳でもなく、大切なのはバランス。いろんなモノからいろんなものを、よく噛んで頂くことは基本にしたい。

 - 日記, 食事

AD

AD

  関連記事

クルレ畑は生命力が溢れる場所

日曜日の朝は、クルレの畑仕事。大切で大好きな時間です。 おちゃめな愛されキャラで …

ひんやりのどごし気持ちいい納豆卵かけ豆腐〜我が家の健康生活ケトレシピ〜

納豆卵かけ豆腐 〜材料〜 ・卵 1ケ ・納豆 1パック ・木綿豆腐 半丁 ・海苔 …

個性豊かな繋がりの力

私の周りには、個性溢れる大好きな人たちばかりがいます。奇跡です。 みんな違って、 …

サンマ大好き家族です

朝晩が過ごしやすくなってきました。セミの鳴き声も気持ち元気が無くなってきたでしょ …

肺腺がんとのつき合い方〜怯えの正体〜

ガンに怯えた私がしていた「感じることを一旦無視する」作戦。今、起きている出来事は …

肺がん患者会〜肺腺がんとのつき合い方〜

ある繋がりからこちらの患者会に入ることにしました。肺がん患者の会 ワンステップ …

ご機嫌な私を作る食事とコレ

秋は風が運んでくるんですね。 この景色が見える場所で自分と向き合ってきました。身 …

がんの治療効果を発揮しやすいような身体を作る食生活

病気になったら、特にがんや慢性症状のある病気になったら『何を食べていたら良くなる …

結婚25年と息子20歳と愛すること

息子が生まれてきた日のことは昨日のことのように覚えている。この20年の間にあった …

食費節約のオニだった私がガンになって気づいたこと

ずっと、節約が趣味だった私。子どもが生まれてからは、将来が不安で石橋を叩いて割る …