さ、やってみよか

末期ガンになった主婦が幸せ感じながら生きられるようになった食や知恵をお伝えします

*

肺腺がんとのつきあい方~母とのこと~

      2017/05/12

22歳で結婚した訳は、親元を離れたかったことも理由のひとつだった。なのに結局、田舎から呼び寄せ、同居することになったのは人生の宿題があったからだと思う。

39歳でガンがわかった時の『どうして私が?』の中には、私を認めない母のせいだという思いが強かった。私の中に根強い自己否定が、自責がガンを作ったのだ、だから、母のせいだと逆恨みしていた。

その感情はとてつもなく苦しい。私の代わりに家事をこなしたり、家族に愛を注ぐ母をみては感謝が沸く一方で恨む。真逆の感情は『どうなっているだろう?狂っているのかしら?』と私を悩ませた。

メンタル面から立ち直るため、自分と向き合うことを始める。その中で避けては通れない母との関係。引っかかることが多い母の一言一句を書き留めては心で見つめる日々が続いた。

ある時、ふっと響いた声が温かい日差しのように苦しさを溶かし始めた。

『そうしていなければ、愛されないの』

『~しなければならない。~するべきだ。』という思い込みが多かった母は幸せで愛された子ども時代ではなかった、と後に聞いた。

母は自分の祖父に向かって『私は絶対にあんな子どもには育てない‼‼』と実父のことを批判したそうだ。(子どもにそんなことを言われるって。じいちゃん何してたんやろ。。。)

私を制限し、認めないかのような母の行動は愛されたことのない(と信じている)母なりの『愛されるためのルール』に則っているだけだった。

母が人生から選び取ってきた母好みの常識。こうしていたら愛される、という思いは幼い母が感じた『愛されたい』から選ばれた。それを愛する子どもたちに適用してくれたのだ。

『私はとっくに母に愛されていた‼‼』とわかった時の安堵感といったら、いい大人だということを忘れるほど泣けるものだった。その場所がトイレじゃなかったら、なんか画になる話なんだけど。

あの時から『いてくれて、ありがとう。あなたはそのままでよく、とても大切な存在です。』と母を抱きしめている。それは自分を抱きしめているようにも感じて、なんとなく宿題をひとつ終えた気になっている。

安心感はとてつもなく身体を緩ませてくれる。リラックスした身体は潜在能力を発揮させる。ガンに限らず病気になってても、なっていなくても、今を生きるためにリラックスする方法はいくつあっても良いな、と思っている。

 - ガンのこと,

AD

AD

  関連記事

笑うがん女子会・お花見

お天気や桜のほころび具合を気にしながら、行ってきました明石公園。とても暖かく、春 …

個性豊かな繋がりの力

私の周りには、個性溢れる大好きな人たちばかりがいます。奇跡です。 みんな違って、 …

患者力は信じられる力で強くなる

先日の定期診察で久しぶりに血液検査の結果を頂くことにしました。普段、結果をもらわ …

本当は内緒にしておきたい。隠れ家珈琲店

街中から少し走ると田園風景になるのは神戸ならでは。緑いっぱいの景色にとっても心が …

栄養たっぷり愛情たっぷりの野菜を作る畑に初潜入

ずっと、ずっとしてみたかった… 畑仕事のお手伝いに行ってきました。 すぐ上でヒバ …

ガン学会に参加して想うこと

京都で開催されたガンの学会に参加してきました。 肺ガン患者会 肺ガン患者会ワンス …

疑うより、信じて生きようと思う

ガンが私に与えてくれたことはたくさんあるけど『安心して、すべてを受け取って、今を …

垂水Kamiya(美容院)・本当は教えたくないお店

数年前の話です。美容院ジプシーだった私。賑やかな所は苦手で落ち着けないので、こじ …

笑うガン女子会@神戸垂水スタバ

曇り空の今日、初めてガン女子会に参加くださったMさん。瞳が少女のようにキラキラし …

補完代替療法が当たり前になるといい

​現代医学では治せない、延命しかできないと言われたら、落ち込みます。頼りにする医 …