さ、やってみよか

末期ガンになった主婦が幸せ感じながら生きられるようになった食や知恵をお伝えします

*

75歳母を毎朝、抱きしめています

   

22歳で神戸に嫁ぎました。タイミングもありましたが、親から離れたかったことも理由のひとつ。結局、10年後また一緒に暮らし始めました。そして、数ヵ月前から母を毎朝抱きしめています。

しつけの厳しい母でした。小さな私の記憶の中では、私はダメな子。おねしょをよくした私はその度に『なんて恥ずかしい子!』と怒られました。怒られるのが嫌で、汚れた物をタンスの奥に隠したりしたそうです。もちろん見つかり、倍怒らせました(笑)。とにかく、周りの目を気にすることが多かったように思います。都会ではない地域性もあったのかも。

ガンになってから私は自分と向き合うことになりました。自信の無さを母のせいにしてきました。ガンになったことも、母のせいにした時もありました。

私はこの私でいいと全く許していませんでした。

でも、『すべては自分の選択の結果』だと納得できた時、私の世界が変わり始めました。母は母の信じた『愛し方』で私を愛してくれていたことに気づくこともできました。

私は生まれた時から、母を無条件で愛してきました。誰もがそうだと思います。愛しているから、母のダメ出しも受け入れてきたのです。私ではない私にもなろうとしたのです。でも、それはなにか違うといろんな形で私が私に教えてくれました。

私は私を愛すように、母を抱きしめたくなりました。言葉で伝えきれない思いが一瞬で伝わった気がします。とにかく『あなたが大切』だということ。幼い頃の私や幼い頃の母が喜んで、そして安心した気がします。

数ヵ月経った最近では、棒立ちでされるがままだった75歳母が『ギュッ』と抱きしめてくれるようになりました。つい跳び跳ねたほど、嬉しかった!

始めるのに、遅すぎることはない』母との関係がどんどん変わって、ますます幸せです。

(写真は母とのデート先で、東北から関西に遊びにきていた幼稚園の先生方と。誰にでも、すぐに話しかけられるのは血筋。)

 - ガンのこと, 家族,

AD

AD

  関連記事

アボカド焼き〜我が家の健康生活レシピ〜

クリーミィな食感が中毒になる アボカド焼き 材料 ・アボカド 1コ ・卵黄 2コ …

がんになったら変えること

『笑うがん女子会つくし』開催しました。今回は暑さもあってか、体調を崩される方が続 …

あと一週間の命なら、何をする?

以前、マインドフルネスを指導してくださる先生の下『死のワーク』をしたことがありま …

不登校だった娘18歳の誕生日を祝う

今、募集中のセミナー「たべるおけいこokudosan 」はこちら ーーーーーーー …

笑うがん女子会in病棟

がん治療中は急な待った無しのスケジュール変更があります。そして、この時期は寒さか …

肺がん患者会〜肺腺がんとのつき合い方〜

ある繋がりからこちらの患者会に入ることにしました。肺がん患者の会 ワンステップ …

認知症はピュアになる

いつものように、慌ただしく買い物してきたものを限られた時間の中でアレコレ作る。 …

食とガンと生き方と(1)

今日で阪神淡路大震災から22年。あの頃に感じたこと。街から伝わる匂い、音、思い。 …

no image
がんになったら、とにかくユルむことが大事だと6年目にして思う。

~今月の笑うがん女子会のお知らせ~ 6月23日木曜・午前10時から午前12時・J …

肺腺がんとのつきあい方~母とのこと~

22歳で結婚した訳は、親元を離れたかったことも理由のひとつだった。なのに結局、田 …