さ、やってみよか

末期ガンになった主婦が幸せ感じながら生きられるようになった食や知恵をお伝えします

*

食とガンと生き方と(1)

      2017/01/18

今日で阪神淡路大震災から22年。あの頃に感じたこと。街から伝わる匂い、音、思い。信じられない光景。そして、人の生き抜く強さ。

命をさらに慈しみ、今できることをして生きていこうと思います。

ーーーーーーーーーーーー

小学生の頃、息子がお世話になった学研の三浦博子先生と再び出会うことができました。SNSのおかげです。勉強のことだけでなく、先生の視点から見る息子の一面を教えてもらえる懇談が楽しみだったことを思い出します。

学研教室を4ヶ所(桃山台、AEON前、いぶき西、いぶき東)で運営する傍ら、社会貢献として『0才からの親子教室』と『ママ学の会』もされています。その『ママ会』で『食を通しての生き方、食行動の力』をテーマに話す機会を頂きました。

ガンとわかった今、これからを生きていくためにはどうしたらいい?何かが違ってガンになったのだとしたら、何を変えていけばいい?今できることは何?

情報社会の今、溢れる情報に溺れがちになります。ワラにもすがりたい時なので、でっかいツボなどにフラッと頼りたくなる時もあるかもしれません。情報が頭に流れ込み過ぎて、一体何を信じたらいいのか疲れ果てる時もあるかもしれません。

物事を信じるためには話の内容や誰の発信なのかは、たしかに大切なポイントです。が、やはり自分にとっての真偽は『自分がやって感じてみる』ことが一番だと思います。

私の正解は私の中にしかないように、その人の正解はその人の中にしかないのです。

心や感情、脳や腸の仕組み。食環境の変化から起きる身体の変化。食べ物からの栄養を取り入れられる食べ方。

知って、やってみて、感じてきたこと。それら通ってきた『点』が私の中で、ようやく繋がった今、頂けたこの機会。何かに背中を押してもらえた気もしました。

 【次回に続きます

 

 

 - 家族, , 食事

AD

AD

  関連記事

ご機嫌な私を作る食事とコレ

秋は風が運んでくるんですね。 この景色が見える場所で自分と向き合ってきました。身 …

肺腺がんとのつき合い方〜診察報告〜

先日2015.5.26定期診察。診察室に入るなり「何かいいコトあったん?」と主治 …

no image
しばらく、お休みします。

当たり前だと思ってた『健康』を無くして、その大切さを知りました。当たり前だと思っ …

ランチ会・開催しました

『お腹いっぱい食べて痩せる?』『お肉をいっぱい食べる?』そんなハテナを解消すべく …

肺腺がんとのつき合い方〜怯えの正体〜

ガンに怯えた私がしていた「感じることを一旦無視する」作戦。今、起きている出来事は …

がんの治療効果を発揮しやすいような身体を作る食生活

病気になったら、特にがんや慢性症状のある病気になったら『何を食べていたら良くなる …

肺腺がんとのつき合い方〜辛すぎる今から自分を守る方法〜

2010年10月に吐くほどの頭痛の末、意識不明で救急搬送。11月脳腫瘍摘出後、末 …

野菜は自然が作り出すアート

お手伝いさせてもらっている畑で自然の完璧な美しさを見せてもらってきました。 カリ …

ケトジェニックな健康生活レシピ〜ココナッツオイル〜

《ココナッツオイル》 【見た目】20〜25度前後で液体〜固体に変化する。微黄透明 …

no image
焼き鳥事件

昨日はテストが終わった男子高校生たちが我が家に集結して、ゲーム大会。10年前とや …