さ、やってみよか

末期ガンになった主婦が幸せ感じながら生きられるようになった食や知恵をお伝えします

*

結婚25年と息子20歳と愛すること

   

息子が生まれてきた日のことは昨日のことのように覚えている。この20年の間にあった様々なことが、あっという間に感じさせてくれた。

結婚25年も一緒に家族でお祝い。

ここ数年、我が家に大きな波がやってきたけれど笑っている今があることに感謝する。ヘビーな毎日を送る夫なのに、以前よりご機嫌でいることが何より嬉しい。起きたこと全て、これで良かったと思える。

ガンとわかって始めたことの1つは『やりたいことリスト』を作ったこと。

繰り返し書かれていることは『子どもの成長をみること』というものが多い。当たり前の『予定や未来』だったものが『やりたいこと』に変わったのでワクワク感がちょっとプラスされて、お得な感じになっている笑。随分、こなしてきたのでこの調子で『孫の世話をすること』『孫の成人式を祝うこと』までたどり着きたい。

家族でのカラオケが幸せ過ぎて泣いてしまい、笑われた夜。子どもたちの歌が上手いのはきっと夫譲りだな

以前の私は、この世界から自分だけ先にいなくなるかもしれないと思えて、悲しくて、辛くて、ただただ『イヤだよー!もっとここにいたいよーー!誰か助けてー』となにかにすがるように泣いていた。

今の私は、ただ『なんて幸せだ。嬉しい。』と泣き『あぁ、もっとここにいたい。』と思えたことは面白い変化だなと思う。誤解を恐れずに言ってしまうと『今、この幸せの中でなら死んでもいいな。』と思えてしまった。

限りある命を『愛すること』に使っていこうと再確認したのでした。

 - 家族, 日記

AD

AD

  関連記事

野菜は自然が作り出すアート

お手伝いさせてもらっている畑で自然の完璧な美しさを見せてもらってきました。 カリ …

夏休みの自由研究に♡ゆで卵【時間別中身比較】今さらだけど、やってみた

誰でも1度は作ったことがあるゆで卵。いつも適当に作っては、あまり好みではない固ゆ …

肺腺がんとのつき合い方〜私の家族の場合〜

2010年10月に吐くほどの頭痛の末、意識不明で救急搬送。11月脳腫瘍摘出後、末 …

ひんやりのどごし気持ちいい納豆卵かけ豆腐〜我が家の健康生活ケトレシピ〜

納豆卵かけ豆腐 〜材料〜 ・卵 1ケ ・納豆 1パック ・木綿豆腐 半丁 ・海苔 …

疑うより、信じて生きようと思う

ガンが私に与えてくれたことはたくさんあるけど『安心して、すべてを受け取って、今を …

「女性のはな歌が聞こえる空間に間違いはない。」に1票

最近『私が私に聞かせたくて、人に言わせてるのかしら?』と思うことが多い。 【私が …

認知症はピュアになる

いつものように、慌ただしく買い物してきたものを限られた時間の中でアレコレ作る。 …

肺腺がんとのつき合い方〜診察報告〜

先日2015.5.26定期診察。診察室に入るなり「何かいいコトあったん?」と主治 …

神戸お花見マップに掲載されてたご近所で花見散歩

近所の中学校や近くのマンションがお花見マップ(神戸地域誌)に載っていてビックリ。 …

ガンの私が生き抜く上で一番大切だと改めて思っていること

​『器で食べる厳選野菜の簡単X’masディナー』サロンココのマダム庸 …