さ、やってみよか

末期ガンになった主婦が幸せ感じながら生きられるようになった食や知恵をお伝えします

*

たべるおけいこokudosan 11/14【レポ】

      2017/11/17

口から入れた食べ物を細かく細かく小さーくして、腸で吸収できる大きさにすることが大事だよっていうお話が前回。

たべるおけいこokudosan 第2回「吸収しないと使えないよ」開催

今回は小腸や大腸での吸収することから、その後の肝臓にスポットを当ててのお話。

宿主(私たち)が生きるために健気に、黙々と化学工場のような大仕事をこなしてくれる肝臓。解毒だけじゃなく、栄養の貯蔵や代謝をしてくれたり、胆汁を作ってくれたり。

ついつい無理して動いちゃうと、ついつい肝臓も黙って無理しちゃうので要注意。

何にも気にしないで動き回れた時代は、とうの昔に過ぎていて、今はもう、しっかり労ってあげなきゃ、そりゃ肝臓も怒る年頃だと思い知る。

お勉強だけじゃないokudosan

分子栄養学的なことも、中医学的なことも、ちょっとスピ的なことも話したり。

肝臓を休ませるためには、とにかく「しっかり、ひと休みすること」が大切だと、くみ先生は言う。

「私ががんばらなきゃ!私がしっかりしなきゃ!もっとやらなきゃ!」と自分にムチを打つ人が多い。

身体に無理させてるってことを受け入れてみて欲しい。肝臓にも手厚い福利厚生が必要なの。

少しの時間でも確保したいお休みを体験するために、大人も赤ちゃんも、みんなでゴロリンとなってみた。

ゆっくり身体をほぐした後は、肝臓をいたわる食事の時間。

臓の疲れをねぎらえるよう、知らずに貯まった毒素を出してくれる食材を使って、今回はみんなで作ってみた。

基本、何も見ないで作れる料理が好き。実際、「これなら私も作れます。作る気になれます。」という感想がじーんと嬉しかった。

例えば、今回の一品は素材の旨味と風味でほぼ完成、少しの塩とカレー粉で整えるものだった。食べるものの優先順位を変えていくと、身体が欲するものや味覚も変わるからおもしろい。

私の食事は新しい細胞の材料になるもの、良質のタンパク質の優先順位が高いことは数年前から変わらないし、これからも変わらない。

いろんな意見があって、どれが本当なんだろうかともし迷ったら、自分の身体で少しずつ確かめてみるといいんじゃないかなって思う。正解は自分の中にあるから。

学校で習ったり、世の中で目にしてきたはずの肝臓のこと。知ってるつもりで、わかってないことが多かったなと思う。

でも、別にそれでよくて、本当に知りたい時にわかるのだと思う。すべてはタイミングよくできているから。

いつも思うのだけど、できてないことがたくさんあることも、知らないことがあることも全然悪いことじゃない。

それは当たり前で、ちょっと意地悪な見方をすれば、自分どんだけできるつもりだよ?傲慢なんじゃない?ってことになる。

だから、出来てないことをむやみに責めたり、悲しんでる時間があれば、なーーーーんにもしない時間を過ごすことを、自分に許してあげてほしいなと思う。

次回は来年1月30日(火)ちまたで話題の腸内細菌のお話

口から入って、胃で溶かされ、腸に流れ込む食べもの。それらの栄養素を「いかに身にしていくのか」がとても大切なこと

次回は腸内で何が起きているのか、また、その腸内で大活躍する腸内細菌のお話。

免疫の7,8割が腸にあることや、さらには腸内細菌の様相で体質や精神状態が左右されることも最近わかってきたこと。そんなこんなの

第3回は、2018年1月30日(火)開催!

お申込みは>>>こちら 詳細ページへ

 - 分子栄養学, 身体, 食事

AD

AD

  関連記事

バーベキューで楽しい家族の集い

父のお墓参りに愛知県知多半島に来ました。久々に会う兄弟家族たちとパチリ。兄2人弟 …

京都町屋さんでお味噌を仕込む

先日、念願のお味噌作りを体験してきました。初料理教室体験でお世話になったRocc …

鳥百東店(垂水)・本当は教えたくない絶品焼き鳥のお店

毎日食べても「美味しいなぁ」と感動してしまうお店があります。 鳥百(焼き鳥) 福 …

鶏マヨ・ゴーヤチャンプル〜我が家の健康生活レシピ〜

あっさり鶏だからマヨのコクが合う 鶏ゴーヤチャンプル 〜材料〜 ・鶏モモ 1枚 …

料理が上手くなる、たった一つのこと

私が台所に立つようになったのは10歳の頃。小学校のキャンプでカレーを作れるように …

たべるおけいこokudosan「腸粘膜」2018・3・5(月)レポ

久々の春の雨の中、たべるおけいこokudosan開催しました。 第4回のテーマは …

簡単。混ぜて焼くだけキッシュ〜我が家の健康生活レシピ〜

ケーキみたいな 混ぜて焼くだけキッシュ 〜材料〜 *生地* ・卵 4個 ・おから …

手放したことで手にした豊かさ

糖質の量をコントロールするようになって、味覚が変わり、料理をしていて一番面白いな …

鶏もものから揚げ・最小材料編〜我が家の健康生活レシピ〜

最小限の材料で 鶏もものから揚げ 〜材料〜 ・鶏もも 4枚 ・にんにく 1かけ …

自己治癒力みくびんなよ

先日の『チームつくし』はゆるゆるヨガでした。 友達のくみさん。いろんな角度から観 …