さ、やってみよか

末期ガンになった主婦が幸せ感じながら生きられるようになった食や知恵をお伝えします

*

癌治療学会での発表〜肺腺がんとのつき合い方〜

      2015/11/17

先日の第53回日本癌治療学会学術集会での発表の様子を江部先生が記して下さいました。

ドクター江部の糖尿病徒然日記より

2015年11月4日 付
肺癌患者におけるケトン食の有用性と安全性についての検討

2014年夏過ぎ。その時に服用していた薬に耐性ができてしまったようで、脳転移再発の可能性が出た頃。ケトン食の存在を知り、よくわからないながらも勇気をもらいました。情報を調べ出してすぐ、大阪大学でケトン食の治験をしていることを知りました。その事実だけでも、さらに勇気づけられました。参加できる募集は残念ながら、終わっていましたが。

でも、一筋の強い光に感じたことは間違いありません。肺癌Ⅳ期でも、まだまだ自分でやれることあるんだ。まだ生きられるかも、まだ家族といられるかもと力が湧いてくるのがわかりました。

さ、やってみよか!と思えた時です。

 - ガンのこと, 日記, 食事

AD

AD

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

笑うがん女子会・お花見

お天気や桜のほころび具合を気にしながら、行ってきました明石公園。とても暖かく、春 …

no image
笑うがん女子会@神戸垂水スタバ

6月、梅雨時。湿度がわかる私の髪の毛がアフロになるんではないかとヒヤヒヤする湿気 …

母の日に、母になった日を思い出していた。

5月8日母の日。同日19歳になった息子から母の日プレゼントをもらいました。 私は …

丁寧にパワーチャージできる場所

自分のパワースポットってありますか?私は最近ようやくココだ、という場所に出会いま …

神戸垂水・子育てママのためのリラッかるお茶会12月Xmas会

神戸垂水・子育てママのためのリラッかるお茶会12月Xmas会 今年を締めくくる楽 …

補完代替療法が当たり前になるといい

​現代医学では治せない、延命しかできないと言われたら、落ち込みます。頼りにする医 …

クルレ畑は生命力が溢れる場所

日曜日の朝は、クルレの畑仕事。大切で大好きな時間です。 おちゃめな愛されキャラで …

肺腺がんとのつき合い方〜何を感じながら食べるのか〜

ガンの治療によって変わってしまった姿を映し出すテレビの画面。それを見る人は何を感 …

たべるおけいこokudosan10/24【レポ】

先日の「たべるおけいこokudosan」初開催「消化」のお話。 「あれやらこれや …

no image
がんになったら、とにかくユルむことが大事だと6年目にして思う。

~今月の笑うがん女子会のお知らせ~ 6月23日木曜・午前10時から午前12時・J …