さ、やってみよか

末期ガンになった主婦が幸せ感じながら生きられるようになった食や知恵をお伝えします

*

癌治療学会での発表〜肺腺がんとのつき合い方〜

      2015/11/17

先日の第53回日本癌治療学会学術集会での発表の様子を江部先生が記して下さいました。

ドクター江部の糖尿病徒然日記より

2015年11月4日 付
肺癌患者におけるケトン食の有用性と安全性についての検討

2014年夏過ぎ。その時に服用していた薬に耐性ができてしまったようで、脳転移再発の可能性が出た頃。ケトン食の存在を知り、よくわからないながらも勇気をもらいました。情報を調べ出してすぐ、大阪大学でケトン食の治験をしていることを知りました。その事実だけでも、さらに勇気づけられました。参加できる募集は残念ながら、終わっていましたが。

でも、一筋の強い光に感じたことは間違いありません。肺癌Ⅳ期でも、まだまだ自分でやれることあるんだ。まだ生きられるかも、まだ家族といられるかもと力が湧いてくるのがわかりました。

さ、やってみよか!と思えた時です。

 - ガンのこと, 日記, 食事

AD

AD

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

ガン情報の見極め方・前編〜ガン学会に参加して想うこと〜

学会に参加できて良かったなと思ったセミナーの紹介です。 信頼できる「がん情報」と …

肺腺がんとのつき合い方〜自然を感じる〜

山が大好きな私。今日は緑を味わいに六甲山上にある再度公園に行ってきました。 新緑 …

食べ物を変えると身体だけじゃなくて生き方も変わる?

人間の持っている設計図に沿った最新の栄養学に基づいた食事と出会い、私の身体は変わ …

神戸垂水・子育てママのためのリラッかるお茶会10月

朝晩はかなり涼しくなってきました。あっという間に1カ月経ち、爆弾低気圧が来ている …

丁寧にパワーチャージできる場所

自分のパワースポットってありますか?私は最近ようやくココだ、という場所に出会いま …

がんの生存率は結局五分五分なんじゃないかな

ガンになるといつまで生きられるのか?とか、これからどうなるの?とか混乱すると思う …

「女性のはな歌が聞こえる空間に間違いはない。」に1票

最近『私が私に聞かせたくて、人に言わせてるのかしら?』と思うことが多い。 【私が …

肺腺がんとのつき合い方〜ストレスをほぐす〜

私はソファのヘリに座るのが好きです。足をぶらぶらさせてると、妙に落ち着くのです。 …

作り置きおかずは時間と心にゆとりを作る

何だかんだと忙しい毎日を送っている皆さま♡作り置きのオススメです(^^) ほんの …

神戸垂水ガン女子会”チームつくし”職人じぃじに学ぶ切れ味3倍になる包丁の研ぎ方

毎月第4木曜日10:30から、神戸垂水ガン女子の集いをしてます。 “ …