さ、やってみよか

末期ガンになった主婦が幸せ感じながら生きられるようになった食や知恵をお伝えします

*

肺腺がんとのつき合い方〜夢を叶えるコツ〜

      2015/04/22

雪が舞った今日、私の夢がひとつ叶いました。本当にこの日に私は生きているんだ…と一瞬、時が止まったように感じていました。

泣きながら書いた夢

「2人の子どもの中学校の卒業式に出る」という夢はガン初治療の入院中に書いたもの。「まだ死にたくない、私だけここから居なくなるなんて嫌だ!」と泣きながら書いたものでした。

人は思いで生かされる

娘は39回生で学年のテーマは「賛究(さんきゅう)」【賛・讃える】「仲間を讃えるために自分をまず讃えよう。自分を認めていれば、心から相手を認めることができる。」【究・究める】「いつも目標に向かっていること。辿りつくことも大切だが、いつも究めようと目指していることが大事」と教えて頂きました。このテーマが軸にある学年だったから、どんな状態の娘も受け入れてもらえたのだと改めて思いました。学年関係なく声をかけて下さった先生方や同級生の思いが伝わる行動で娘は救われてきました。

2人の子どもが通学した5年間は我が家にとって激動の時でした。父や私のガン発覚、治療、父の死、母の大手術、娘の起立性調節障害による不登校。ですが、子どもたちはあの先生方が見ていて下さるという安心から、私は生きることにかなり専念できました。おかげで立ち直ることができ、結果私の命も助けてもらったと思っています。今日の卒業式は娘だけでなく、私の卒業式でもありました。


かぶりものが似合い過ぎる最高の先生と♡

あの頃、死ぬことが怖くてしょうがなくて、引きずられまくってたけど泣きながら夢を書いて良かったと思います。書くことで思いは整理され刷り込まれ、潜在意識が動き出し現実になるのではないかと思います。

本当にありがとうございました。すべてのことに心の底から感謝します。

 - 日記, 私に力をくれた言葉

AD

AD

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

肺腺がんとのつき合い方〜がん免疫栄養療法〜

ケトジェニックダイエットはガンの食事療法臨床研究としても注目されています。 スー …

ガン情報の見極め方・前編〜ガン学会に参加して想うこと〜

学会に参加できて良かったなと思ったセミナーの紹介です。 信頼できる「がん情報」と …

母の日に、母になった日を思い出していた。

5月8日母の日。同日19歳になった息子から母の日プレゼントをもらいました。 私は …

夏休みの自由研究に♡ゆで卵【時間別中身比較】今さらだけど、やってみた

誰でも1度は作ったことがあるゆで卵。いつも適当に作っては、あまり好みではない固ゆ …

身体の調子が整うとプライベートも整うようだ

今、嵐が過ぎ去った後の原っぱにいる。やっと、一息つけた気分だ。ここ2、3年プライ …

ガンの私が生き抜く上で一番大切だと改めて思っていること

​『器で食べる厳選野菜の簡単X’masディナー』サロンココのマダム庸 …

手放したことで手にした豊かさ

糖質の量をコントロールするようになって、味覚が変わり、料理をしていて一番面白いな …

受け取るということ

はじめにお知らせです >>>【募集】<<< …

私だけは大丈夫と思ってたけど、ガンになった

「私は大丈夫」と思ってた。いや、実は私『だけ』は大丈夫と思ってた。でもきっと、そ …

糖質オフ豆腐ガトーショコラ~我が家の健康生活レシピ~

〜糖質オフ・ガトーショコラ~ 【作りやすい分量】 ・豆腐 150g(水切りする) …