さ、やってみよか

末期ガンになった主婦が幸せ感じながら生きられるようになった食や知恵をお伝えします

*

肺腺がんとのつき合い方〜夢を叶えるコツ〜

      2015/04/22

雪が舞った今日、私の夢がひとつ叶いました。本当にこの日に私は生きているんだ…と一瞬、時が止まったように感じていました。

泣きながら書いた夢

「2人の子どもの中学校の卒業式に出る」という夢はガン初治療の入院中に書いたもの。「まだ死にたくない、私だけここから居なくなるなんて嫌だ!」と泣きながら書いたものでした。

人は思いで生かされる

娘は39回生で学年のテーマは「賛究(さんきゅう)」【賛・讃える】「仲間を讃えるために自分をまず讃えよう。自分を認めていれば、心から相手を認めることができる。」【究・究める】「いつも目標に向かっていること。辿りつくことも大切だが、いつも究めようと目指していることが大事」と教えて頂きました。このテーマが軸にある学年だったから、どんな状態の娘も受け入れてもらえたのだと改めて思いました。学年関係なく声をかけて下さった先生方や同級生の思いが伝わる行動で娘は救われてきました。

2人の子どもが通学した5年間は我が家にとって激動の時でした。父や私のガン発覚、治療、父の死、母の大手術、娘の起立性調節障害による不登校。ですが、子どもたちはあの先生方が見ていて下さるという安心から、私は生きることにかなり専念できました。おかげで立ち直ることができ、結果私の命も助けてもらったと思っています。今日の卒業式は娘だけでなく、私の卒業式でもありました。


かぶりものが似合い過ぎる最高の先生と♡

あの頃、死ぬことが怖くてしょうがなくて、引きずられまくってたけど泣きながら夢を書いて良かったと思います。書くことで思いは整理され刷り込まれ、潜在意識が動き出し現実になるのではないかと思います。

本当にありがとうございました。すべてのことに心の底から感謝します。

 - 日記, 私に力をくれた言葉

AD

AD

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

ご機嫌な私を作る食事とコレ

秋は風が運んでくるんですね。 この景色が見える場所で自分と向き合ってきました。身 …

子育てママのためのりらっかるお茶会

神戸・垂水区塩屋のマンションで乳幼児を育てるママが『いっぱいおしゃべりして、リラ …

手放したことで手にした豊かさ

糖質の量をコントロールするようになって、味覚が変わり、料理をしていて一番面白いな …

no image
ニュートラルを大切にするドライブ人生

車の免許はMT車で取りました。「そうか両手両足使うのか。そんなサーカスみたいなこ …

不登校だった娘18歳の誕生日を祝う

今、募集中のセミナー「たべるおけいこokudosan 」はこちら ーーーーーーー …

神戸垂水のお魚事情

お肉はよく食べます。いつものスーパーに行けば、すぐに買えるし。使い勝手が良いです …

丁寧にパワーチャージできる場所

自分のパワースポットってありますか?私は最近ようやくココだ、という場所に出会いま …

虫除け手作りしてみました。

畑仕事にかかせない草刈り。蚊との闘いです。畑仕事のセンパイが自分で作れる虫除けが …

神戸垂水・子育てママのためのリラッかるお茶会10月

朝晩はかなり涼しくなってきました。あっという間に1カ月経ち、爆弾低気圧が来ている …

ガン治療中のリラックスにアロマ〜肺腺がんとのつき合い方〜

こんにちは、ピスタチオ塚本です。(←尊敬する笑いの師匠の意見を参考に命名)「これ …