さ、やってみよか

末期ガンになった主婦が幸せ感じながら生きられるようになった食や知恵をお伝えします

*

自己治癒力のスイッチが入った魔法の言葉

      2015/11/19

ガンとわかり、いろいろと模索する中でも心の奥底ではガンは死ぬ、という自分が選んだ「当たり前」に沿って生きてました。その中でグルグルもがき、抜け出した!と思ったのに気づけば、またグルグルしてそのループにはまっていた頃に出会った言葉。

「いつも何かに怯えて生きてるだけより 思いきり前のめりに走って死ぬ この命は守るものではなく 使ったり輝かせたりするものでしょ しっかり生きてから死のうぜ その輝きを見せてくれ」

by.山本 篤先生(山本医院.兵庫県三木市)

そうでした‼︎はい、そうします‼︎と返事をしてました。カッコ良すぎる、これがシビレるってやつなんだと感動しました。すぐさま、紙に書いてお宝言葉ボードに仲間入りです。

人はいつか必ず土に帰ります。その瞬間まで、どう生きるのか。ガンという病気に囚われ恐怖の中で生きるのか、生きている今を感じながら歓びの中で生きるのか。

どちらを選んで生きようと私の自由。答えはもちろん決まっています。楽しくオモロくです(笑)。そんな調子で生きていれば、すっかり忘れていた自分本来の力が勝手に輝き出し、いつの間にか自己治癒力、自然治癒力といった誰もが持つ素晴らしい力のスイッチが入るのだと思うのです。楽しんで歓びながら生きること、さ、やってみよか!

 - ガンのこと, , 私に力をくれた言葉, 統合医療

AD

AD

Comment

  1. ゆかり より:

    いいお言葉にめぐりあえました。
    ありがとうございます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

鶏胸肉の刺身が教えてくれたこと

友達に捌きたての鶏肉をもらいました。実は生肉がなんとなく苦手な私。しかも鶏肉なん …

肺腺がんとのつき合い方〜私の家族の場合〜

2010年10月に吐くほどの頭痛の末、意識不明で救急搬送。11月脳腫瘍摘出後、末 …

神戸垂水ガン女子会”チームつくし”職人じぃじに学ぶ切れ味3倍になる包丁の研ぎ方

毎月第4木曜日10:30から、神戸垂水ガン女子の集いをしてます。 “ …

がん女子会・波乱万丈の人生ってあるのね

災害レベルの厳しい寒さが通りすぎ、ひと安心できた日にたくさんおしゃべりしてきまし …

肺腺がんとのつき合い方〜自然を感じる〜

山が大好きな私。今日は緑を味わいに六甲山上にある再度公園に行ってきました。 新緑 …

丁寧にパワーチャージできる場所

自分のパワースポットってありますか?私は最近ようやくココだ、という場所に出会いま …

笑うがん女子会・お花見

お天気や桜のほころび具合を気にしながら、行ってきました明石公園。とても暖かく、春 …

体温を上げる〜肺腺がんとのつき合い方〜

ガンは低体温を好むことはご存知ですよね。そして40度近くなれば、ガン細胞は死ぬら …

引き寄せられる人の共通点

いつぶりか思い出せないくらい久しぶりに義妹と食事をした。歳が近く、タイプは全く違 …

ガンと生死と、はなうたと

死ぬことは悪いことじゃない。天に還るタイミングは、生まれる時に自身で決めてきたこ …