さ、やってみよか

末期ガンになった主婦が幸せ感じながら生きられるようになった食や知恵をお伝えします

*

勇気出して自分に正直になってました

   

ブログを書けずにいました。

立ち止まることは怖いことで、いけないこと、ずるいこと、逃げること、無責任なこと、信頼をなくすこと、そう思っています。でも、もうそんな私でもいいや、と思いました。

年末辺りの検査で点だった脳転移が大きくなっていることがわかりました。ああ、やっぱりなというのが本当の気持ち。私の身体はホントに正直で素晴らしく、その生き方ちゃうやろ?とサインをすぐに出してくれます。

何回も再発を繰り返しているので慣れっこですが、凹みました。先日もガン友さんとの話しで、脳と骨の転移は凹むという意見で一致(笑)。

心と身体はひとつで、どちらも大切。なのに、どちらも無下にしていた私は立ち止まることしかできませんでした。再発は私にとって、とても恥ずかしく、みっともないことでした。

「ガンに栄養あげてるやんか!ココロに嘘ついてるやんか!言うてることとやってることとちゃうやん。ウソつき。」

長い間、自分にウソをついて生きてたからガンになりました。そう気づいたはずなのに、またウソをついていたようです。自分アホやなぁと思います。いい加減、諦めて認めます。

いろんなことを味わうために人として、生まれてきました。しんどい時にはしんどいことが重なるものなんですね。実は今、更に、「ありえなーーい!ドラマかーー?勘弁してくださーーい!」という事態が起きています。今はまだ全く笑えませんが、きっと将来笑えるネタになるはず。それは楽しみにしています。

気がかりなことが押し寄せていますが、とりあえず自分の命、身体をこの世に保つことを最優先にします。幸いなことにその方法を知っているし、強力な協力者がたくさんいてくださるので、以前ほどガンは怖くありません。

アホな私はこうなってまたようやく、自分にウソをつかない生き方が大切だと知りました。どんくさいな〜自分って思いながら、そんな自分が愛おしくもあります。

最後になりましたが、心配をおかけした皆さま、申し訳ありませんでした。そして、ありがとうございます。これから、またとりとめのないことを書いていくと思いますが、時間が許せばお付き合いください。

 - ガンのこと, 日記

AD

AD

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

ガン情報の見極め方・後編〜ガン学会に参加して想うこと〜

エビデンス(科学的根拠)に基づいた治療法を裏付けるための臨床試験・・・情報の信頼 …

料理が上手くなる、たった一つのこと

私が台所に立つようになったのは10歳の頃。小学校のキャンプでカレーを作れるように …

肺腺がんとのつき合い方〜がん免疫栄養療法〜

ケトジェニックダイエットはガンの食事療法臨床研究としても注目されています。 スー …

no image
ありがたい。有り難い。

2010年10月に倒れてから、じき丸9年。こんなに生かしてもらえたと思いながらも …

がんになって見つけた青い鳥の居場所

『ガンが幸せをくれた』という一文。ガンが見つかる前は「なんで?」、ガンが見つかっ …

がんの生存率は結局五分五分なんじゃないかな

ガンになるといつまで生きられるのか?とか、これからどうなるの?とか混乱すると思う …

食とガンと生き方と(2)

​前回・食とガンと生き方と(1)からの続き ーーーーーーーーーー 日々、当たり前 …

認知症はピュアになる

いつものように、慌ただしく買い物してきたものを限られた時間の中でアレコレ作る。 …

大阪肉ランチ♡このお店で満喫してきました

可愛らしくてたまらない大好きなMさんの食事報告も兼ねて、お肉ランチ♡ 網でジュッ …

神戸垂水のお魚事情

お肉はよく食べます。いつものスーパーに行けば、すぐに買えるし。使い勝手が良いです …