さ、やってみよか

末期ガンになった主婦が幸せ感じながら生きられるようになった食や知恵をお伝えします

*

受験間近・進路選択で悩む不登校だった娘に伝えた3つの言葉

      2015/03/03

先日、娘の個人懇談で志望校を変更した方がいいという担任からのアドバイスがありました。

中学校生活をスタートしてからの2年間、ほぼ通学できなかった娘。中3になり、食生活や気持ちの切替が出来たのでようやく通学することができていました。いろんな面で頑張っていたことは側にいてわかっていました。なので、憧れの志望校は諦めなきゃいけない…と知った時に娘の頬を流れる涙からはたくさんの思いを感じました。

帰宅してからも娘の落ち込みは続きました。そんな娘に私ができることは寄り添うことだけ。「つらいよな…。泣けるわなぁ。がんばってきたもんなぁ…」落ち着いたとこで、何故そんなに残念だったのかを母娘で見つめ直してみました。そこで気づいたことは娘の価値観に私や社会の価値観・固定観念が入っていたこと。私もほんまにうっかりしていました。まだまだ偏差値が高い学校に行った方が無難だと思っていたのです。

娘はこの出来事を受け入れて認めることにしました。勇気がいることだったと思います。プライドが邪魔をする。これは諦めではなくて、この学校でなければならない!と握り締めていたことを知ることになりました。

私が改めて気づけたことは自分の幸せは自分が決めるってこと。子どもの幸せは子どもが決めるってこと。自分と子どもは別の人ってこと。

どこで何をしていようと幸せは感じられます。子どもの幸せを無条件で支持することが親の幸せなんじゃないかと思うのです。どんな状態になっても受け入れる覚悟をする、と子どもは勇気と笑顔とやる気が出るようです。

「あるのは今だけ。過去はもう無いし、未来はまだ無い。だから、今できることをしよ。」
「自分が幸せだー!って感じることだけを選んでいけばいい。」「いつでも、どんな時も絶対に味方だから。」

この3つの言葉を伝えました。伝えながら、自分自身に一番言うている気もしていました。

 - , 日記

AD

AD

  関連記事

no image
癌治療学会での発表〜肺腺がんとのつき合い方〜

先日の第53回日本癌治療学会学術集会での発表の様子を江部先生が記して下さいました …

患者力を発揮するスイッチは覚悟すること

自分は健康体だと1ミリの疑いもなく40年ほど生きてきました。が、一瞬で患者になり …

初開催『笑う女子会』ご報告

『笑う女子会』初開催をなんだかお天気にも祝福されているようで嬉しい! 患者ならで …

ガンを兵糧攻めにできる⁉︎私がしている食事法

芸能人の方がガンで亡くなられたり、闘病生活に入ると悲劇的に衝撃的に報じられますね …

結婚25年と息子20歳と愛すること

息子が生まれてきた日のことは昨日のことのように覚えている。この20年の間にあった …

【子育て中のママ】自分の気持ちと向き合う集い、大盛況でした♡

感情って自分から湧き出るものなのに誰かや何かのせいにしてしまう。感情の渦に巻き込 …

no image
焼き鳥事件

昨日はテストが終わった男子高校生たちが我が家に集結して、ゲーム大会。10年前とや …

大阪肉ランチ♡このお店で満喫してきました

可愛らしくてたまらない大好きなMさんの食事報告も兼ねて、お肉ランチ♡ 網でジュッ …

肺腺がんとのつき合い方〜何を感じながら食べるのか〜

ガンの治療によって変わってしまった姿を映し出すテレビの画面。それを見る人は何を感 …

肺腺がんとのつき合い方〜落ち込み尽くす〜

「あなたはがんです。」と言われる確率は今や2人に1人というCMが流れています。「 …