さ、やってみよか

末期ガンになった主婦が幸せ感じながら生きられるようになった食や知恵をお伝えします

*

患者力を発揮するスイッチは覚悟すること

      2016/03/25

自分は健康体だと1ミリの疑いもなく40年ほど生きてきました。が、一瞬で患者になりました。

人は自分に都合が悪いことが起きると、誰かや何かのせいにしがちです。が、そうしている限り、味わう現実は何も変わらないし、繰り返し繰り返し同じことが起きます。これ、ホントでした。

今は自分の選択の結果。その責任を取る覚悟をすること

まだ生きていたい患者にとって一番大切、もしかして唯一なんじゃないかと思うこと。それは、今までの自分の選択の結果に責任を取る、その覚悟をすること。膝ガックガク生まれたての子鹿のような私にとって自ら立つ、という覚悟をするには時間がかかりました。本当に向き合うところが剥き出しになるから、吐きそうにもなります。

人生は選択の連続。その時その時の自分が選んだ道を今、歩いています。今、どんなことが起きていてもそれは自分で選んできたことの結果。それを受け入れることが自分を生きるということで、その覚悟をした人を大人というのだと思っています。
大切な人と話しをした後に、横にコレがあってビックリ。

自分の身体の中で起きていることを誰かや何かのせいにはできません。その事をしっかりと受け入れるから、これからの自分の人生の舵を自分で握り取ることができると思うのです。

これは様々な経験をしている思春期の息子と娘に送る手紙でもあり…
「大人になることってな。どんだけ自分の肚の声に正直になるか、その勇気があるかどうか。どうも、それだけみたいやねん。」

 - ガンのこと, , 日記, 統合医療

AD

AD

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

肺腺がんとのつき合い方〜ストレスをほぐす〜

私はソファのヘリに座るのが好きです。足をぶらぶらさせてると、妙に落ち着くのです。 …

垂水Kamiya(美容院)・本当は教えたくないお店

数年前の話です。美容院ジプシーだった私。賑やかな所は苦手で落ち着けないので、こじ …

がん女子会・波乱万丈の人生ってあるのね

災害レベルの厳しい寒さが通りすぎ、ひと安心できた日にたくさんおしゃべりしてきまし …

ガンになったことを知られたくない時に作ったウィッグの話

もう8年前のこと。2010年12月に初めての抗ガン剤治療をした。当時、標準治療だ …

美とお金の話は私にとっては命の話だった

スタッフで参加しているりんご助産院主催リラッかるお茶会がありました。 今回はいち …

「美味しい…」と言いながら食べるご飯が一番だと思う

鶏モモ肉を塩コショウだけで焼くのが好きです。家族が美味しい…と言いながら食べるの …

神戸垂水・子育てママのためのリラッかるお茶会11月

いつも以上にキラキラした海を眺めながら、今月も開催です。 自己紹介では最近あった …

なんで、ガンになったと思いますか?という質問で子どもの頃、言われた言葉が浮かんだ

「なんで、ガンになったと思いますか?」 こう聞いてきたのは、分子栄養学の繋がりで …

自己治癒力を簡単に発揮させる「よし、できた!」

「よし、できた!」は、最近のお気に入りの言葉だ。なぜなら、ものすごく自分を誇らし …

夏休みの自由研究に♡ゆで卵【時間別中身比較】今さらだけど、やってみた

誰でも1度は作ったことがあるゆで卵。いつも適当に作っては、あまり好みではない固ゆ …