さ、やってみよか

末期ガンになった主婦が幸せ感じながら生きられるようになった食や知恵をお伝えします

*

笑うがん女子会・お花見

   

お天気や桜のほころび具合を気にしながら、行ってきました明石公園。とても暖かく、春休みということもあり大勢の方で賑わっていました。

今回はがん女子の方に限らず、お声をかけさせてもらったので、こんなに可愛いお子ちゃまたちも来てくれました。



やっと咲き出した頃ですが、咲いてて良かった!明石公園の見頃は例年4月に入ってからが多いそうです。主治医が教えてくれました。この池の周りが桜色に縁取られ、歩けば桜のトンネルをくぐりながらの散歩ができる素敵な場所なんです。

池のほとりに皆で座り込み、お弁当食べたり、お茶したり。私は最近お気に入りのスタバのほうじ茶ラテ(生クリーム増量)を満喫。

みなさん、初対面にもかかわらず、いつものようにお喋りは弾みました。抗ガン剤治療中のUさんの悩みは食事のこと。身体をつくるタンパク質や脂質を摂りたいけど、消化器系に副作用が出てきて食べにくいそう。このお悩みはホントに多いです。食べれられないことで私が一番イヤだったことは体力が落ちることでした。自分が弱ることを感じることが本能的に一番怖い。「こういう食事を摂らなきゃいけないのに…」と追い詰めるより、「今こんな感じなら食べられるんちゃう?」でやってみようということに。

食べられないなら飲んでみよ、と煮干しやあごだし、鰹節などタンパク質から出汁を取るお味噌汁や骨付き肉をコトコト煮込むスープやら。あんなんは?こんなんは?とおばちゃん力を発揮。美味しく食べれますようにと、祈るばかりです。

そして話は今の自分の気持ちなどにも及び、盛り上がりました。自分の気持ちに向き合うには人との関わりが必要ということ、などなど。


最後はいつもの「あー、ようしゃべった!」でしめくくり。出すって気持ちいいーー!って言葉ありましたが、ホントですね。

来月からはJR沿線のカフェなどで集まって、思いつくまま、お喋りしたいと思っています。人と人の繋がり、笑いの輪が広がっていくといいなぁ。生きる力を強くする「笑うがん女子会」

 - ガンのこと, , 日記

AD

AD

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

美とお金の話は私にとっては命の話だった

スタッフで参加しているりんご助産院主催リラッかるお茶会がありました。 今回はいち …

京都町屋さんでお味噌を仕込む

先日、念願のお味噌作りを体験してきました。初料理教室体験でお世話になったRocc …

健康おウチご飯はこう作る【栄養講座】実践編開催

りんごアカデミー【栄養講座・全3回シリーズ】「ほな、コレ食べとこか!」最終回・実 …

肺腺がんとのつき合い方〜辛すぎる今から自分を守る方法〜

2010年10月に吐くほどの頭痛の末、意識不明で救急搬送。11月脳腫瘍摘出後、末 …

がんの生存率は結局五分五分なんじゃないかな

ガンになるといつまで生きられるのか?とか、これからどうなるの?とか混乱すると思う …

神戸垂水・子育てママのためのリラッかるお茶会12月Xmas会

神戸垂水・子育てママのためのリラッかるお茶会12月Xmas会 今年を締めくくる楽 …

神戸垂水・子育てママのためのリラッかるお茶会9月

朝晩、涼しく過ごしやすくなってきましたね。今月も開催しました。 子育てママのため …

【笑うがん女子会】teamつくし新年会

しゃべって笑って、食べて飲んで、ヨガしてゆるんで、これからもっと遊ぶteamつく …

ニキビを何とかしたい高校生の息子が手にした本

「オレは白ご飯がないとあかんねん‼︎」と叫んでいた高校生の息子 一年後の今、こん …

no image
ありがたい。有り難い。

2010年10月に倒れてから、じき丸9年。こんなに生かしてもらえたと思いながらも …