さ、やってみよか

末期ガンになった主婦が幸せ感じながら生きられるようになった食や知恵をお伝えします

*

笑うがん女子会・お花見

   

お天気や桜のほころび具合を気にしながら、行ってきました明石公園。とても暖かく、春休みということもあり大勢の方で賑わっていました。

今回はがん女子の方に限らず、お声をかけさせてもらったので、こんなに可愛いお子ちゃまたちも来てくれました。



やっと咲き出した頃ですが、咲いてて良かった!明石公園の見頃は例年4月に入ってからが多いそうです。主治医が教えてくれました。この池の周りが桜色に縁取られ、歩けば桜のトンネルをくぐりながらの散歩ができる素敵な場所なんです。

池のほとりに皆で座り込み、お弁当食べたり、お茶したり。私は最近お気に入りのスタバのほうじ茶ラテ(生クリーム増量)を満喫。

みなさん、初対面にもかかわらず、いつものようにお喋りは弾みました。抗ガン剤治療中のUさんの悩みは食事のこと。身体をつくるタンパク質や脂質を摂りたいけど、消化器系に副作用が出てきて食べにくいそう。このお悩みはホントに多いです。食べれられないことで私が一番イヤだったことは体力が落ちることでした。自分が弱ることを感じることが本能的に一番怖い。「こういう食事を摂らなきゃいけないのに…」と追い詰めるより、「今こんな感じなら食べられるんちゃう?」でやってみようということに。

食べられないなら飲んでみよ、と煮干しやあごだし、鰹節などタンパク質から出汁を取るお味噌汁や骨付き肉をコトコト煮込むスープやら。あんなんは?こんなんは?とおばちゃん力を発揮。美味しく食べれますようにと、祈るばかりです。

そして話は今の自分の気持ちなどにも及び、盛り上がりました。自分の気持ちに向き合うには人との関わりが必要ということ、などなど。


最後はいつもの「あー、ようしゃべった!」でしめくくり。出すって気持ちいいーー!って言葉ありましたが、ホントですね。

来月からはJR沿線のカフェなどで集まって、思いつくまま、お喋りしたいと思っています。人と人の繋がり、笑いの輪が広がっていくといいなぁ。生きる力を強くする「笑うがん女子会」

 - ガンのこと, , 日記

AD

AD

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

no image
笑うがん女子会@神戸垂水スタバ

6月、梅雨時。湿度がわかる私の髪の毛がアフロになるんではないかとヒヤヒヤする湿気 …

本当は内緒にしておきたい。隠れ家珈琲店

街中から少し走ると田園風景になるのは神戸ならでは。緑いっぱいの景色にとっても心が …

最高のプレゼントは相手を想う時

思いがけずに花束を頂きました。 とっても嬉しくて、幸せで身体の芯から喜びが湧いて …

熱中症予防〜水分補給と睡眠と〜

気温が高い日が続きますね。低糖高たんぱく食を始めて初めての夏。いつもは暑さに負け …

「美味しい…」と言いながら食べるご飯が一番だと思う

鶏モモ肉を塩コショウだけで焼くのが好きです。家族が美味しい…と言いながら食べるの …

あと一週間の命なら、何をする?

以前、マインドフルネスを指導してくださる先生の下『死のワーク』をしたことがありま …

私だけは大丈夫と思ってたけど、ガンになった

「私は大丈夫」と思ってた。いや、実は私『だけ』は大丈夫と思ってた。でもきっと、そ …

食とガンと生き方と(2)

​前回・食とガンと生き方と(1)からの続き ーーーーーーーーーー 日々、当たり前 …

ガンになった。『生きていること』が愛しいと気づけた。

私は自分のことが嫌いでした。『なんでこうなんだろう。どうしてああできないんだろう …

身体の調子が整うとプライベートも整うようだ

今、嵐が過ぎ去った後の原っぱにいる。やっと、一息つけた気分だ。ここ2、3年プライ …