さ、やってみよか

末期ガンになった主婦が幸せ感じながら生きられるようになった食や知恵をお伝えします

*

母の日に、母になった日を思い出していた。

      2016/05/16

5月8日母の日。同日19歳になった息子から母の日プレゼントをもらいました。

私はアルコールは弱いのですが、ほんの少しの白ワインを炭酸水で割ったものが好きです。

「いつも透明のやんな」と夫に確認していたらしく、買い物に同行しバイト代でプレゼントしてくれました。「うん」「ううん」しか言わなかった反抗期時代があったからこそ感じる、親バカ満開の幸せです。

そして母の日に、母になった日のことに思いを巡らせていました。

神戸と名古屋という距離があったにも関わらず、出産する日にうまいこと来ていた夫は立会い出産。陣痛はホンマに10分間隔になるんや!と痛みを感じながらも感動したこと。無事に産まれた時に心底安堵したこと。

そして、今になって一番幸せを感じるのは亡き父が出産翌日に見せてくれた姿とかけてくれた言葉です。

趣味だったウォーキングがてら数km歩いてきた父。道途中に手折った花を手に病室に現れました。その父が涙ぐみながら笑顔で言うのです。「産んでくれて、ありがとう。」

その時は父の思いがいまひとつわからずに「娘の子だからかなぁ」くらいにしか思えませんでした。今は何となく、その喜びがわかる気がします。夢でもある「孫の世話をする」私はきっと同じセリフを子どもたちに言うているはずたから。

父が感じてたのは命が繋がり、愛する者が増える喜びだったんだなと。私をこの世に出してくれて、私こそありがとう。口下手なあたり、お父さんとの繋がりを濃く感じてるよー。

 - 家族, 日記

AD

AD

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

ストレスのかわし方と腸内環境正常化

学校が始まったばかりの息子からメールがあった。 【ラプンツェる】 予測不可能な出 …

ガン情報の見極め方・前編〜ガン学会に参加して想うこと〜

学会に参加できて良かったなと思ったセミナーの紹介です。 信頼できる「がん情報」と …

料理が上手くなる、たった一つのこと

私が台所に立つようになったのは10歳の頃。小学校のキャンプでカレーを作れるように …

初めての体験

先日、生まれて初めて料理教室に行ってきました。 Rocca さんは『女性が一人で …

肺腺がんとのつき合い方〜ストレスをほぐす〜

私はソファのヘリに座るのが好きです。足をぶらぶらさせてると、妙に落ち着くのです。 …

ニキビを何とかしたい高校生の息子が手にした本

「オレは白ご飯がないとあかんねん‼︎」と叫んでいた高校生の息子 一年後の今、こん …

no image
ニュートラルを大切にするドライブ人生

車の免許はMT車で取りました。「そうか両手両足使うのか。そんなサーカスみたいなこ …

【子育て中のママ】自分の気持ちと向き合う集い、大盛況でした♡

感情って自分から湧き出るものなのに誰かや何かのせいにしてしまう。感情の渦に巻き込 …

私だけは大丈夫と思ってたけど、ガンになった

「私は大丈夫」と思ってた。いや、実は私『だけ』は大丈夫と思ってた。でもきっと、そ …

5分簡単レシピ・豚ネギしゃぶしゃぶ〜ケトジェニックな健康生活レシピ〜

ネギ豚しゃぶしゃぶ 〜材料〜4人分 ・ダシ昆布 15cm ・削り節 ひとつかみ …