さ、やってみよか

末期ガンになった主婦が幸せ感じながら生きられるようになった食や知恵をお伝えします

*

垂水Kamiya(美容院)・本当は教えたくないお店

      2016/10/10

数年前の話です。美容院ジプシーだった私。賑やかな所は苦手で落ち着けないので、こじんまりとしているお店を探していました。

美容院が立ち並ぶ近所のバス道。そのどこかに行ってみようと、歩き出した最初に目に入ってきたお店。今では家族全員、周りの友達の多くもお世話になっています。

オープンされたところで、こんなとこにできたんだ!と早速覗いてみると

にこやかで穏やかそうな店長さん。はじめてでしたが、いきなりカットとパーマをお願いしました。

私にとって、シャンプーは一番大事な選択理由(カットより大切かも)。こちら、かなりの満足感が味わえます。あの力加減が心地よく、これだけでもよいなと思ってしまいます。癒しの時間です。

カットもパーマも丁寧で、しばらくしても形が保てる。保ててしまう。そのおかげで『まだ、いけるか』と、いつのまにか時が経っています。気づけば2ヶ月過ぎて、なんてことはざらです。それはどうなんだ?って、店長さんと話したんですけどね。

『こうしたい』と言っても、私の髪質などに合わなければNoという、私より私の髪をわかってくれています。ショートカットにはまっていた頃は『これ以上、短く切りませんからね。今、はまってるでしょ!』と先読みもされたりします。

2016年10月現在、7周年を迎えられ、ますます地域の方々に愛されるk-amiyaさん。

技術的な安心はもちろんですが、一番尊敬するところは『絶妙な会話力』。近すぎもせず、遠すぎもせず。場を読む力って、ああいうことをいうのでしょうか。なんせ、穏やかな時が過ごせる大好きな空間です。

ガンになり、最初の標準治療の際には髪が半分程の量になりました。引きこもりになっていた私はkamiya さんにも行けず。でも、残った髪は伸びるんです。意を決して半年以上ぶりに行った時には、髪が異常に少なくなったことをなんて話したらいいんだろうって迷いました。・・なんて言ったんだろう?忘れちゃいました。その後、何かのタイミングで『いろいろあってん』と話した気がします。

『どこかいいところないかなー』って探されておられる方がいれば、ぜひ一度足を運んでみてください。混むのは嫌なんですが、かなりおすすめのお店です。

神戸垂水 k-amiya

 - , 日記

AD

AD

  関連記事

神戸垂水ガン女子会”チームつくし”職人じぃじに学ぶ切れ味3倍になる包丁の研ぎ方

毎月第4木曜日10:30から、神戸垂水ガン女子の集いをしてます。 “ …

認知症はピュアになる

いつものように、慌ただしく買い物してきたものを限られた時間の中でアレコレ作る。 …

肺腺がんとのつき合い方〜がん免疫栄養療法〜

ケトジェニックダイエットはガンの食事療法臨床研究としても注目されています。 スー …

初開催『笑う女子会』ご報告

『笑う女子会』初開催をなんだかお天気にも祝福されているようで嬉しい! 患者ならで …

最高のプレゼントは相手を想う時

思いがけずに花束を頂きました。 とっても嬉しくて、幸せで身体の芯から喜びが湧いて …

75歳母を毎朝、抱きしめています

22歳で神戸に嫁ぎました。タイミングもありましたが、親から離れたかったことも理由 …

がんの生存率は結局五分五分なんじゃないかな

ガンになるといつまで生きられるのか?とか、これからどうなるの?とか混乱すると思う …

お店の方とやりとりできることが楽しい!

​マツコ・デラックスさんのTV番組で北から南まで全国のおすすめ回転寿司店の紹介を …

患者力を発揮するスイッチは覚悟すること

自分は健康体だと1ミリの疑いもなく40年ほど生きてきました。が、一瞬で患者になり …

ガンを兵糧攻めにできる⁉︎私がしている食事法

芸能人の方がガンで亡くなられたり、闘病生活に入ると悲劇的に衝撃的に報じられますね …