さ、やってみよか

末期ガンになった主婦が幸せ感じながら生きられるようになった食や知恵をお伝えします

*

がんになったら変えること

      2016/09/04

『笑うがん女子会つくし』開催しました。今回は暑さもあってか、体調を崩される方が続出。マイペースで過ごしていきましょう。

がんになったら変えること

同じことを繰り返しておきながら、異なる結果を期待するとは、きっと頭がどうかしているのでしょう。

~アインシュタイン名言より~

ガンに限らず、病気や不調は身体からのメッセージ。今まで通りのことを繰り返せば同じ結果になるはず。結果を変えたければ、何かを変えること。なるほど、そりゃそうだ。

環境や考え方感じ方、そして生活習慣を変えることもよく言われていることです。その中でもすぐに取りかかれて、一番簡単で大切なことが毎日の食べるものを変えることだと思います。

玄米菜食に始まり、丼いっぱいの野菜ジュースなども飲んできました。

時間とお金を私の命に投資をし続け、いろいろと試してきました。その結果、食事は私なりのケトジェニック、ケトン食に落ち着いています。身体の糖化と酸化を防ぐこと、本当に大切です。

とにかく、体の調子が良い→よく眠れる→体力がつく、という上向きの連鎖反応は前向きにもさせてくれます。すべてにしっかりとした根拠があることも納得して続けていられる理由のひとつです。

食事作りにかかせない道具

食事作りにかかせない道具といえば、包丁。切れ味がよいだけで、味わいは30%増し。野菜などの断面が美しいので余分な水気も出ず、見た目も美しいので食欲も増します。ということで、今回は『包丁を研ぐ』会でした。

なんでも研ぐ。

職人としてのいろんな経験を惜しみ無く伝えてくれる、くみさんのじいじ。みんな『感覚』を掴もうと一生懸命に取り組みました。

あまりの切れ味にピッタリの言葉が見つからない。軽い、楽、おもしろい、切ってる感触がない。

切ることが面白くて、つい夢中になってできた千切り野菜たち。このあと、差し入れの焼き鳥と共に美味しく頂きました。

食べることは『生きること』

死ぬまで生きるぞーーー!
って当たり前か。

 - ガンのこと, ケトジェニックダイエット, 糖質制限, 統合医療, 食事

AD

AD

  関連記事

豚肉の菜っ葉包み〜我が家の健康生活ケトレシピ〜

豚肉の菜っ葉包み 《2人前》 〜材料〜 ・サニーレタス 適宜 ・豚肉(肩バラ、こ …

作り置きおかずは時間と心にゆとりを作る

何だかんだと忙しい毎日を送っている皆さま♡作り置きのオススメです(^^) ほんの …

ストレスのかわし方と腸内環境正常化

学校が始まったばかりの息子からメールがあった。 【ラプンツェる】 予測不可能な出 …

がんになって見つけた青い鳥の居場所

『ガンが幸せをくれた』という一文。ガンが見つかる前は「なんで?」、ガンが見つかっ …

脳にも沁みる⁉︎ガンの私に大切な日課が増えました。

待ちに待ってたモノが我が家にやって参りました。 水素サーバー‼︎ 先日、喉の辺り …

鳥百東店(垂水)・本当は教えたくない絶品焼き鳥のお店

毎日食べても「美味しいなぁ」と感動してしまうお店があります。 鳥百(焼き鳥) 福 …

美とお金の話は私にとっては命の話だった

スタッフで参加しているりんご助産院主催リラッかるお茶会がありました。 今回はいち …

たべるおけいこokudosan 【消化】6/5開催レポ

五感で学ぶ分子栄養学、たべるおけいこokudosan 。今回のテーマは消化でした …

自由研究のネタにぴったり。しかも高評価。

8月末、我が家の恒例行事。(残った夏休みの宿題を慌ててやる行事)自由研究や読書感 …

肺腺がんとのつきあい方~母とのこと~

22歳で結婚した訳は、親元を離れたかったことも理由のひとつだった。なのに結局、田 …