さ、やってみよか

末期ガンになった主婦が幸せ感じながら生きられるようになった食や知恵をお伝えします

*

末期ガンといわれた6年前の私に伝えたいこと

      2017/09/30

「食べ物があなたを作る」スペシャルセミナーにて、皆さまの前でお話しさせて頂く貴重な体験をしました。ご縁を繋いでくださったことに感謝です。加藤さん、三宅さん、ありがとうございました。

自分の感覚を軸にして信じて生きることの大切さを共有できて安心しました。

末期といわれたガンと6年付き合っている私がガンになる前の私に伝えたいこと

あの時、自分の体でこんなことが起きていると知っていれば。。。あの時、こうしていれば。。。食事や潜在意識など、いろんな学びの中でそう思ったことは1度や2度ではありませんでした。その思いはふとすれば、自分を責めることにもなりました。

でも、途中で気づきました。それで良かったんだと。何も知らないまま、ガンになって良かったんです。

一生懸命に生きている。何を選んでいても、それでいい。

誤解を恐れずに言えば、6年前の私に言いたいことは「それでいいよ」そして「さ、やってみよか」です。

「苦しい現実から逃がれたくて、辛くて悲しくて。今日も目が覚めてしまった。また、生きなければいけないのか。また1日あの苦しみの中で過ごさなければいけないのか。」

一分一秒を必死にやり過ごす時がありました。そんな風に不器用に、でも一生懸命生きていたのです。

そんな『今を精一杯生きている人』を誰が責められるのか。これがあかん、こうでなくてはならないなんて、正解はないと思います。

今の私は過去の私をとても愛しく思っています。あの経験がなければ、気づけなかったことがたくさんあるからです。この当たり前の暮らしに溢れる幸せに気づかないまま、死ぬところでした。

以前の私に『酸化』と『糖化』をしないことが一番大事だよ!と伝えることもできます。

でも、以前の私が何を感じて何を選ぶのかは、以前の私次第。それでいいのだと思います。すべてはベストタイミングに起きているので。

死んでしまうことは悪ではないと思っています。やってみたいことを選び、ただ今を感じながら生きること、それを味わい尽くして死んでいくことが大切なんだと思っています。

そのためには動くことです。動いてやってみるから、自分で感じて気づけることがあります。それをやってみないと、生きている甲斐がないと思うのです。

生きているうちに、どんな体験を自分にさせてあげるのか。でも、未体験なことをするってほんとに勇気がいると思っています。私が勇気を振り絞った第一歩はガンであることを公にすることでした。隠れて生きなきゃいけないのか?って思いがあったからかもしれません。

なんでもいい。本当はやってみたかったってこと、今からでもやると明日はナニか変わるかも。

 - ガンのこと,

AD

AD

  関連記事

ガン学会に参加して想うこと

京都で開催されたガンの学会に参加してきました。 肺ガン患者会 肺ガン患者会ワンス …

料理が上手くなる、たった一つのこと

私が台所に立つようになったのは10歳の頃。小学校のキャンプでカレーを作れるように …

患者力を発揮するスイッチは覚悟すること

自分は健康体だと1ミリの疑いもなく40年ほど生きてきました。が、一瞬で患者になり …

no image
癌治療学会での発表〜肺腺がんとのつき合い方〜

先日の第53回日本癌治療学会学術集会での発表の様子を江部先生が記して下さいました …

本当は内緒にしておきたい。隠れ家珈琲店

街中から少し走ると田園風景になるのは神戸ならでは。緑いっぱいの景色にとっても心が …

肺腺がんとのつき合い方〜自然を感じる〜

山が大好きな私。今日は緑を味わいに六甲山上にある再度公園に行ってきました。 新緑 …

ガンになったことを知られたくない時に作ったウィッグの話

もう8年前のこと。2010年12月に初めての抗ガン剤治療をした。当時、標準治療だ …

当たり前の顔をした「奇跡」の日常を守りたい

最近、世の中いろいろ起きている。天災もひとつだけど、不穏に感じることを思うたびに …

勇気出して自分に正直になってました

ブログを書けずにいました。 立ち止まることは怖いことで、いけないこと、ずるいこと …

笑うがん女子会・お花見

お天気や桜のほころび具合を気にしながら、行ってきました明石公園。とても暖かく、春 …