さ、やってみよか

末期ガンになった主婦が幸せ感じながら生きられるようになった食や知恵をお伝えします

*

末期ガンといわれた6年前の私に伝えたいこと

      2017/09/30

「食べ物があなたを作る」スペシャルセミナーにて、皆さまの前でお話しさせて頂く貴重な体験をしました。ご縁を繋いでくださったことに感謝です。加藤さん、三宅さん、ありがとうございました。

自分の感覚を軸にして信じて生きることの大切さを共有できて安心しました。

末期といわれたガンと6年付き合っている私がガンになる前の私に伝えたいこと

あの時、自分の体でこんなことが起きていると知っていれば。。。あの時、こうしていれば。。。食事や潜在意識など、いろんな学びの中でそう思ったことは1度や2度ではありませんでした。その思いはふとすれば、自分を責めることにもなりました。

でも、途中で気づきました。それで良かったんだと。何も知らないまま、ガンになって良かったんです。

一生懸命に生きている。何を選んでいても、それでいい。

誤解を恐れずに言えば、6年前の私に言いたいことは「それでいいよ」そして「さ、やってみよか」です。

「苦しい現実から逃がれたくて、辛くて悲しくて。今日も目が覚めてしまった。また、生きなければいけないのか。また1日あの苦しみの中で過ごさなければいけないのか。」

一分一秒を必死にやり過ごす時がありました。そんな風に不器用に、でも一生懸命生きていたのです。

そんな『今を精一杯生きている人』を誰が責められるのか。これがあかん、こうでなくてはならないなんて、正解はないと思います。

今の私は過去の私をとても愛しく思っています。あの経験がなければ、気づけなかったことがたくさんあるからです。この当たり前の暮らしに溢れる幸せに気づかないまま、死ぬところでした。

以前の私に『酸化』と『糖化』をしないことが一番大事だよ!と伝えることもできます。

でも、以前の私が何を感じて何を選ぶのかは、以前の私次第。それでいいのだと思います。すべてはベストタイミングに起きているので。

死んでしまうことは悪ではないと思っています。やってみたいことを選び、ただ今を感じながら生きること、それを味わい尽くして死んでいくことが大切なんだと思っています。

そのためには動くことです。動いてやってみるから、自分で感じて気づけることがあります。それをやってみないと、生きている甲斐がないと思うのです。

生きているうちに、どんな体験を自分にさせてあげるのか。でも、未体験なことをするってほんとに勇気がいると思っています。私が勇気を振り絞った第一歩はガンであることを公にすることでした。隠れて生きなきゃいけないのか?って思いがあったからかもしれません。

なんでもいい。本当はやってみたかったってこと、今からでもやると明日はナニか変わるかも。

 - ガンのこと,

AD

AD

  関連記事

肺腺がんとのつき合い方〜落ち込み尽くす〜

「あなたはがんです。」と言われる確率は今や2人に1人というCMが流れています。「 …

no image
今を感じながら生きることしかないな

ガンセンターに初めて入院した時、私はテラスで一人ヨガもどきをしていた。ベットの上 …

患者力を発揮するスイッチは覚悟すること

自分は健康体だと1ミリの疑いもなく40年ほど生きてきました。が、一瞬で患者になり …

【笑うがん女子会】teamつくし新年会

しゃべって笑って、食べて飲んで、ヨガしてゆるんで、これからもっと遊ぶteamつく …

補完代替療法が当たり前になるといい

​現代医学では治せない、延命しかできないと言われたら、落ち込みます。頼りにする医 …

肺腺がんとのつき合い方〜ストレスをほぐす〜

私はソファのヘリに座るのが好きです。足をぶらぶらさせてると、妙に落ち着くのです。 …

肺腺がんとのつき合い方〜何を感じながら食べるのか〜

ガンの治療によって変わってしまった姿を映し出すテレビの画面。それを見る人は何を感 …

包丁は家で自分で簡単に研げる!砥石と五円玉を使った裏技紹介

お料理が得意な方もそうでない方も必ず使う包丁。今回は私の長年の趣味『包丁研ぎ』を …

アボカド焼き〜我が家の健康生活レシピ〜

クリーミィな食感が中毒になる アボカド焼き 材料 ・アボカド 1コ ・卵黄 2コ …

がんになって見つけた青い鳥の居場所

『ガンが幸せをくれた』という一文。ガンが見つかる前は「なんで?」、ガンが見つかっ …