さ、やってみよか

末期ガンになった主婦が幸せ感じながら生きられるようになった食や知恵をお伝えします

*

受け取るということ

      2016/11/04

はじめにお知らせです

>>>【募集】<<<

笑うガン女子《ヨガ》会

気づいていないカラダの緊張を安心の場でゆったり無理せず、ほぐします。ココロもほぐれるおしゃべりもしましょ。ヨガの先生・くみさんです。がん女子の方、そのご家族の方、お待ちしています。

<日時> 2016年11月22日(火)12:30~14:30

<場所> JR垂水駅西口山側徒歩すぐ(お申し込み後、詳細連絡します)

<参加費> 1500円

・動きやすい服装、飲み物をご持参ください。

<お申し込み>

・project22kobe@gmail.comにメール

・下↓のメッセージ欄から

・Facebookのメッセージから

お名前、連絡先をお知らせください。

ーーーーーーーーーー

ガンになる人は、基本受け取り下手な人が多いと思っていて。

褒められた時は「いやいや、そんなことないし。。。」と、思わず言う。親切にしてもらった時は「なんかお返しせな!」と、つい思うとか。

ガンを公表する時、物凄い葛藤があった。良いことも悪いことも受け取る覚悟をしなきゃいけなかったから。

言うて、なんのためになるの?すぐに泣くし、凹むし、足がすくむし、投げやりになるし。そんなカッコ悪い自分の日々をわざわざ知りたい人なんて、いる?

「ナニを自慢気にしてるの?」「たまたま、良い薬があっただけでしょ」「再発ばっかりしてるやん」「なんの役にも立ってないやん」こんな声が聞こえてきそうで、怖かった

ガン女子会をやってみることも怖かった。張り切って、だーれも来なかったら恥ずかしいし、カッコ悪い。

でも、やってみたのはやってみたかったから。一緒の思いをしてる人と気を合わせたら、生きる力が強くなる気がしたから。そう、ヘタレな私独りじゃ何にもできないのがわかっていた。だから、仲間が欲しかった。それだけ。

生きることを諦めたくない仲間が欲しかった。

そんな私の周りには「やってみる」人がたくさんいて、やってみせてくれる。勇気をくれる。ダメで元々、何にもなかったんだから。

先日のガン女子会はコジャレたカフェで。みんな通院の合間をぬって時間合わせて、最近のあれやこれやを話す大切な時間。ヘタレっぷりに安心され、これでいいのかと勇気が出た。

やりたいことがわからない時もある。肚に触れない時もある。足がすくむ時もある。

それにダメ出しして、つい隠してたけど、そんな私もかわいいと思えるようになった。ヘタレな私のナニがあかんねんと許せたら、それでいいよって許される現実もやってきた。

そうなると、やってみたいことがまた見えてきて。みんな、ありがとう。世界は優しい。

 - ガンのこと, 日記

AD

AD

  関連記事

最高のプレゼントは相手を想う時

思いがけずに花束を頂きました。 とっても嬉しくて、幸せで身体の芯から喜びが湧いて …

垂水Kamiya(美容院)・本当は教えたくないお店

数年前の話です。美容院ジプシーだった私。賑やかな所は苦手で落ち着けないので、こじ …

no image
出口が見えないトンネルを歩いている気分

『人は自分の思うようにはならない』我が子だから、なおさら感じることなんだろう。『 …

ありがとうの思いを乗せたお花たちに囲まれた

思わぬ場面でお花を頂いた。今日でおしまいだったけど、いつも優しく愛しさに溢れる場 …

笑うガン女子会@神戸垂水スタバ

曇り空の今日、初めてガン女子会に参加くださったMさん。瞳が少女のようにキラキラし …

鶏胸肉の刺身が教えてくれたこと

友達に捌きたての鶏肉をもらいました。実は生肉がなんとなく苦手な私。しかも鶏肉なん …

肺腺がんとのつき合い方~「もう打つ手がないねん…」そう呟くガン病棟同室の人に見せた私のバイブル

ガンとわかった私は治りたくて治したくて、情報の海を泳ぎ回り、来る日も来る日も生き …

なんで、ガンになったと思いますか?という質問で子どもの頃、言われた言葉が浮かんだ

「なんで、ガンになったと思いますか?」 こう聞いてきたのは、分子栄養学の繋がりで …

包丁は家で自分で簡単に研げる!砥石と五円玉を使った裏技紹介

お料理が得意な方もそうでない方も必ず使う包丁。今回は私の長年の趣味『包丁研ぎ』を …

子育てママのためのリラッかるお茶会《7月》

今日も楽しい時間を過ごして参りました。 子育てママのためのリラッかるお茶会 【毎 …