さ、やってみよか

末期ガンになった主婦が幸せ感じながら生きられるようになった食や知恵をお伝えします

*

補完代替療法が当たり前になるといい

   

​現代医学では治せない、延命しかできないと言われたら、落ち込みます。頼りにする医学の言葉を信じるのは、たやすいからです。

でも、それを信じ続けている自分は弱くなりました。弱くなると死んでしまうから、強がりました。

『強がっていないと崩れてしまう自分』だったので、結局弱いと信じたままでした。ある時『崩れても弱くても大丈夫なんだよ』と教えてもらいました。すぐには信じられなくて、困りました。

『自分の身体は自分で治せる』そんなことを言われても、やったことないぞ?ほんまか?と疑いました。病気は自分の知らないところで、いつのまにか、勝手に、何かのせいでなったと思っていたからです。でも、風邪をひいても、擦り傷をしても、勝手に治ってる、とも気づきました。

生き物として生まれた命は必ず『生きよう』とするそうです。病院の治療だけではなく、自分がすでに持っている身体の力で『生きよう』とするそうです。自分の命は自分が握れるんだと思い出した時、力が湧いてきました。


『補完代替療法』第54回日本癌治療学会学術集会の中で講演をされた大野智先生の記事。急増する補完代替療法の臨床試験

自己治癒力を引き出すいろいろな方法があります。漢方薬、食事療法、鍼灸、ヨガ、アユールヴェーダ、アロマテラピー、マインドフルネス瞑想・・・

私はガンの治療入院中、アロマオイルの香りでリラックスしたり、屋上広場で一人なんちゃってヨガをしていました。今は食事療法や瞑想もしています。

最近では治療現場でも代替医療の成果が出てきているそうです。『そりゃそうでしょ』って思います。海外では保険も使えるほど、当たり前になっている代替医療。日本でも、もっと自然に普通に当たり前の治療になれば、入院病棟の雰囲気ももっと柔らかく優しくなるんだろうなと思います。

ーーーーーーーーーーーー

【チームつくし・みんなでゆるゆるヨガ】あります。お茶会と交互にしています。自分の力を思い出せます。

 - ガンのこと, 統合医療

AD

AD

  関連記事

勇気出して自分に正直になってました

ブログを書けずにいました。 立ち止まることは怖いことで、いけないこと、ずるいこと …

75歳母を毎朝、抱きしめています

22歳で神戸に嫁ぎました。タイミングもありましたが、親から離れたかったことも理由 …

がんの治療効果を発揮しやすいような身体を作る食生活

病気になったら、特にがんや慢性症状のある病気になったら『何を食べていたら良くなる …

笑うがん女子会・お花見

お天気や桜のほころび具合を気にしながら、行ってきました明石公園。とても暖かく、春 …

ガンと生死と、はなうたと

死ぬことは悪いことじゃない。天に還るタイミングは、生まれる時に自身で決めてきたこ …

【笑うがん女子会】teamつくし新年会

しゃべって笑って、食べて飲んで、ヨガしてゆるんで、これからもっと遊ぶteamつく …

肺腺がんとのつき合い方~「もう打つ手がないねん…」そう呟くガン病棟同室の人に見せた私のバイブル

ガンとわかった私は治りたくて治したくて、情報の海を泳ぎ回り、来る日も来る日も生き …

ガンの世界を進む『チームつくし』

​ガンになった人が見る世界を『すねてないで、前向いて一緒に進む同士がいたらおもし …

自己治癒力を簡単に発揮させる「よし、できた!」

「よし、できた!」は、最近のお気に入りの言葉だ。なぜなら、ものすごく自分を誇らし …

no image
ありがたい。有り難い。

2010年10月に倒れてから、じき丸9年。こんなに生かしてもらえたと思いながらも …