さ、やってみよか

末期ガンになった主婦が幸せ感じながら生きられるようになった食や知恵をお伝えします

*

75歳母を毎朝、抱きしめています

   

22歳で神戸に嫁ぎました。タイミングもありましたが、親から離れたかったことも理由のひとつ。結局、10年後また一緒に暮らし始めました。そして、数ヵ月前から母を毎朝抱きしめています。

しつけの厳しい母でした。小さな私の記憶の中では、私はダメな子。おねしょをよくした私はその度に『なんて恥ずかしい子!』と怒られました。怒られるのが嫌で、汚れた物をタンスの奥に隠したりしたそうです。もちろん見つかり、倍怒らせました(笑)。とにかく、周りの目を気にすることが多かったように思います。都会ではない地域性もあったのかも。

ガンになってから私は自分と向き合うことになりました。自信の無さを母のせいにしてきました。ガンになったことも、母のせいにした時もありました。

私はこの私でいいと全く許していませんでした。

でも、『すべては自分の選択の結果』だと納得できた時、私の世界が変わり始めました。母は母の信じた『愛し方』で私を愛してくれていたことに気づくこともできました。

私は生まれた時から、母を無条件で愛してきました。誰もがそうだと思います。愛しているから、母のダメ出しも受け入れてきたのです。私ではない私にもなろうとしたのです。でも、それはなにか違うといろんな形で私が私に教えてくれました。

私は私を愛すように、母を抱きしめたくなりました。言葉で伝えきれない思いが一瞬で伝わった気がします。とにかく『あなたが大切』だということ。幼い頃の私や幼い頃の母が喜んで、そして安心した気がします。

数ヵ月経った最近では、棒立ちでされるがままだった75歳母が『ギュッ』と抱きしめてくれるようになりました。つい跳び跳ねたほど、嬉しかった!

始めるのに、遅すぎることはない』母との関係がどんどん変わって、ますます幸せです。

(写真は母とのデート先で、東北から関西に遊びにきていた幼稚園の先生方と。誰にでも、すぐに話しかけられるのは血筋。)

 - ガンのこと, 家族,

AD

AD

  関連記事

ガンになったことを知られたくない時に作ったウィッグの話

もう8年前のこと。2010年12月に初めての抗ガン剤治療をした。当時、標準治療だ …

なんで、ガンになったと思いますか?という質問で子どもの頃、言われた言葉が浮かんだ

「なんで、ガンになったと思いますか?」 こう聞いてきたのは、分子栄養学の繋がりで …

病気になっても、なってなくても自分の言うことを聞く練習はしてた方がいい

病気になりやすいと言われてる、いわゆる『いい人』の特長のひとつに【自分のことより …

笑うがん女子会・お花見

お天気や桜のほころび具合を気にしながら、行ってきました明石公園。とても暖かく、春 …

【子育て中のママ】自分の気持ちと向き合う集い、大盛況でした♡

感情って自分から湧き出るものなのに誰かや何かのせいにしてしまう。感情の渦に巻き込 …

食費節約のオニだった私がガンになって気づいたこと

ずっと、節約が趣味だった私。子どもが生まれてからは、将来が不安で石橋を叩いて割る …

no image
今を感じながら生きることしかないな

ガンセンターに初めて入院した時、私はテラスで一人ヨガもどきをしていた。ベットの上 …

肺腺がんとのつき合い方〜何を感じながら食べるのか〜

ガンの治療によって変わってしまった姿を映し出すテレビの画面。それを見る人は何を感 …

ありがとうの思いを乗せたお花たちに囲まれた

思わぬ場面でお花を頂いた。今日でおしまいだったけど、いつも優しく愛しさに溢れる場 …

ミトコンドリアと焼き鳥と圧力鍋とアラフィフ

アラフィフになれたことをしみじみ味わいながら、家族で揃う日に誕生祝いを。ごちそう …