さ、やってみよか

末期ガンになった主婦が幸せ感じながら生きられるようになった食や知恵をお伝えします

*

75歳母を毎朝、抱きしめています

   

22歳で神戸に嫁ぎました。タイミングもありましたが、親から離れたかったことも理由のひとつ。結局、10年後また一緒に暮らし始めました。そして、数ヵ月前から母を毎朝抱きしめています。

しつけの厳しい母でした。小さな私の記憶の中では、私はダメな子。おねしょをよくした私はその度に『なんて恥ずかしい子!』と怒られました。怒られるのが嫌で、汚れた物をタンスの奥に隠したりしたそうです。もちろん見つかり、倍怒らせました(笑)。とにかく、周りの目を気にすることが多かったように思います。都会ではない地域性もあったのかも。

ガンになってから私は自分と向き合うことになりました。自信の無さを母のせいにしてきました。ガンになったことも、母のせいにした時もありました。

私はこの私でいいと全く許していませんでした。

でも、『すべては自分の選択の結果』だと納得できた時、私の世界が変わり始めました。母は母の信じた『愛し方』で私を愛してくれていたことに気づくこともできました。

私は生まれた時から、母を無条件で愛してきました。誰もがそうだと思います。愛しているから、母のダメ出しも受け入れてきたのです。私ではない私にもなろうとしたのです。でも、それはなにか違うといろんな形で私が私に教えてくれました。

私は私を愛すように、母を抱きしめたくなりました。言葉で伝えきれない思いが一瞬で伝わった気がします。とにかく『あなたが大切』だということ。幼い頃の私や幼い頃の母が喜んで、そして安心した気がします。

数ヵ月経った最近では、棒立ちでされるがままだった75歳母が『ギュッ』と抱きしめてくれるようになりました。つい跳び跳ねたほど、嬉しかった!

始めるのに、遅すぎることはない』母との関係がどんどん変わって、ますます幸せです。

(写真は母とのデート先で、東北から関西に遊びにきていた幼稚園の先生方と。誰にでも、すぐに話しかけられるのは血筋。)

 - ガンのこと, 家族,

AD

AD

  関連記事

ガン情報の見極め方・後編〜ガン学会に参加して想うこと〜

エビデンス(科学的根拠)に基づいた治療法を裏付けるための臨床試験・・・情報の信頼 …

魔法使いを目指して

介護認定も受け、日々の生活リズムが出来つつある義父母。 週の半分はデイサービスに …

体温を上げる〜肺腺がんとのつき合い方〜

ガンは低体温を好むことはご存知ですよね。そして40度近くなれば、ガン細胞は死ぬら …

自己治癒力のスイッチが入った魔法の言葉

ガンとわかり、いろいろと模索する中でも心の奥底ではガンは死ぬ、という自分が選んだ …

ガンの恐怖で固まったカラダを開く練習

ガンになってから読んだたくさんの本の中で『こんなとこに居られたら、きっと良くなる …

当たり前の顔をした「奇跡」の日常を守りたい

最近、世の中いろいろ起きている。天災もひとつだけど、不穏に感じることを思うたびに …

がん女子会・波乱万丈の人生ってあるのね

災害レベルの厳しい寒さが通りすぎ、ひと安心できた日にたくさんおしゃべりしてきまし …

勇気出して自分に正直になってました

ブログを書けずにいました。 立ち止まることは怖いことで、いけないこと、ずるいこと …

肺がん患者会〜肺腺がんとのつき合い方〜

ある繋がりからこちらの患者会に入ることにしました。肺がん患者の会 ワンステップ …

ありがとう

​東京へ学びに向かう飛行機の中、幸せの涙が溢れてきちゃいました。自分でもわからな …