さ、やってみよか

末期ガンになった主婦が幸せ感じながら生きられるようになった食や知恵をお伝えします

*

75歳母を毎朝、抱きしめています

   

22歳で神戸に嫁ぎました。タイミングもありましたが、親から離れたかったことも理由のひとつ。結局、10年後また一緒に暮らし始めました。そして、数ヵ月前から母を毎朝抱きしめています。

しつけの厳しい母でした。小さな私の記憶の中では、私はダメな子。おねしょをよくした私はその度に『なんて恥ずかしい子!』と怒られました。怒られるのが嫌で、汚れた物をタンスの奥に隠したりしたそうです。もちろん見つかり、倍怒らせました(笑)。とにかく、周りの目を気にすることが多かったように思います。都会ではない地域性もあったのかも。

ガンになってから私は自分と向き合うことになりました。自信の無さを母のせいにしてきました。ガンになったことも、母のせいにした時もありました。

私はこの私でいいと全く許していませんでした。

でも、『すべては自分の選択の結果』だと納得できた時、私の世界が変わり始めました。母は母の信じた『愛し方』で私を愛してくれていたことに気づくこともできました。

私は生まれた時から、母を無条件で愛してきました。誰もがそうだと思います。愛しているから、母のダメ出しも受け入れてきたのです。私ではない私にもなろうとしたのです。でも、それはなにか違うといろんな形で私が私に教えてくれました。

私は私を愛すように、母を抱きしめたくなりました。言葉で伝えきれない思いが一瞬で伝わった気がします。とにかく『あなたが大切』だということ。幼い頃の私や幼い頃の母が喜んで、そして安心した気がします。

数ヵ月経った最近では、棒立ちでされるがままだった75歳母が『ギュッ』と抱きしめてくれるようになりました。つい跳び跳ねたほど、嬉しかった!

始めるのに、遅すぎることはない』母との関係がどんどん変わって、ますます幸せです。

(写真は母とのデート先で、東北から関西に遊びにきていた幼稚園の先生方と。誰にでも、すぐに話しかけられるのは血筋。)

 - ガンのこと, 家族,

AD

AD

  関連記事

夏野菜は強かった!草になんて負けません。

久々の畑仕事のお手伝いでした。 …いえ、野っ原ではありません。れっきとした畑です …

no image
がんになったら、とにかくユルむことが大事だと6年目にして思う。

~今月の笑うがん女子会のお知らせ~ 6月23日木曜・午前10時から午前12時・J …

アボカド焼き〜我が家の健康生活レシピ〜

クリーミィな食感が中毒になる アボカド焼き 材料 ・アボカド 1コ ・卵黄 2コ …

がんの生存率は結局五分五分なんじゃないかな

ガンになるといつまで生きられるのか?とか、これからどうなるの?とか混乱すると思う …

魔法使いを目指して

介護認定も受け、日々の生活リズムが出来つつある義父母。 週の半分はデイサービスに …

美とお金の話は私にとっては命の話だった

スタッフで参加しているりんご助産院主催リラッかるお茶会がありました。 今回はいち …

ガン情報の見極め方・後編〜ガン学会に参加して想うこと〜

エビデンス(科学的根拠)に基づいた治療法を裏付けるための臨床試験・・・情報の信頼 …

no image
受験間近・進路選択で悩む不登校だった娘に伝えた3つの言葉

先日、娘の個人懇談で志望校を変更した方がいいという担任からのアドバイスがありまし …

肺腺がんとのつき合い方〜がん免疫栄養療法〜

ケトジェニックダイエットはガンの食事療法臨床研究としても注目されています。 スー …

作り置きおかずは時間と心にゆとりを作る

何だかんだと忙しい毎日を送っている皆さま♡作り置きのオススメです(^^) ほんの …