さ、やってみよか

末期ガンになった主婦が幸せ感じながら生きられるようになった食や知恵をお伝えします

*

自己治癒力みくびんなよ

      2016/12/10

先日の『チームつくし』はゆるゆるヨガでした。

友達のくみさん。いろんな角度から観察し、身体に触れることでその人の持つ力を引き出せる職人。生まれたてホヤホヤの赤ちゃんはまいちゃんとこのお姫様。

もうすでにゆるゆるの空気が出来上がっている中でのヨガ。あまりに気持ちよく集中していたので、してるとこの写真はないです(笑)

でっかいクッションやたくさんの布を使って、これでもかっ!というくらい脱力できる姿勢を自分の感覚だけに従って探す。お手本はなく、すべて自分の身体との対話の時間。身体が安心すると、こんなにも息吸えるんだってわかります。

患者やクライアントという立場になると無意識に受け身というか、弱者、してもらう側、してもらえる側など、そっち側になりがち。というか、それが普通です。

それも良いんだけど『思い込みが現実を作ってる』ということから言えば、受け身のままでいることって、自分で自分に弱者のレッテルを貼ってる感じもします。その役に立候補している。

そこがくせものだと、私は思っていて。そもそも『私は大丈夫』『気のせいだ』『私なんて』などといういろんな思い込みが身体の悲鳴を遠ざけて、その結果、病気が表に出ただけ。

自分の身体の声は自分に一番聞こえているはず。だから、その声を聞き取る感度を上げる。そして、言うことを聞く。これををうっかり忘れているだけで、弱者ではないのです。

その人に力があることを信じ、その使い方をいろんな方法で一緒に思い出させてくれる人。それが治療者なんだなと思います。私の周りにはそんな人ばかりで驚きです。また紹介していきます。

『自分の治癒力をみくびんなよ。ふざけんな。』by.私の身体

自分感度を上げ、声を聞き、言うことを聞いてあげる練習をする。これが『チームつくし』です。一緒に練習しましょー。次回のヨガは2月です。

(写真は了承を得て掲載しています)

ーーーーーーーーーーーーー

次回は【おしゃべり新年会】

2017年 1月19日(木)10:30~13:30

持ち寄ったり、軽く準備したりして食べておしゃべりする、ゆる~い新年会です。

場所:垂水区(お申し込みされた方に詳細連絡します)

会費:¥1000+食材 

申込は塚本ふゆみのFBメッセンジャー、またはproject22kobe@gmail.comまで。


 - ガンのこと, 身体

AD

AD

  関連記事

糖質制限食はただの痩せる食ではないこと

私は4人兄弟(兄2人弟1人)です。男兄弟の食欲につられ、よく食べる青春時代を過ご …

イワシの簡単ペペロンチーノ☆放っておいてごちそう風〜我が家の健康生活ケトレシピ〜

イワシのペペロンチーノ 〜材料〜 ・いわし 4本 a・塩 小さじ1 a・にんにく …

肺腺がんとのつき合い方〜がん免疫栄養療法〜

ケトジェニックダイエットはガンの食事療法臨床研究としても注目されています。 スー …

「美味しい…」と言いながら食べるご飯が一番だと思う

鶏モモ肉を塩コショウだけで焼くのが好きです。家族が美味しい…と言いながら食べるの …

ガンになったことを知られたくない時に作ったウィッグの話

もう8年前のこと。2010年12月に初めての抗ガン剤治療をした。当時、標準治療だ …

神戸お花見マップに掲載されてたご近所で花見散歩

近所の中学校や近くのマンションがお花見マップ(神戸地域誌)に載っていてビックリ。 …

がんの治療効果を発揮しやすいような身体を作る食生活

病気になったら、特にがんや慢性症状のある病気になったら『何を食べていたら良くなる …

体温を上げる〜肺腺がんとのつき合い方〜

ガンは低体温を好むことはご存知ですよね。そして40度近くなれば、ガン細胞は死ぬら …

脳にも沁みる⁉︎ガンの私に大切な日課が増えました。

待ちに待ってたモノが我が家にやって参りました。 水素サーバー‼︎ 先日、喉の辺り …

no image
癌治療学会での発表〜肺腺がんとのつき合い方〜

先日の第53回日本癌治療学会学術集会での発表の様子を江部先生が記して下さいました …