さ、やってみよか

末期ガンになった主婦が幸せ感じながら生きられるようになった食や知恵をお伝えします

*

ガンになった。『生きていること』が愛しいと気づけた。

   

私は自分のことが嫌いでした。『なんでこうなんだろう。どうしてああできないんだろう。』ダメ出しばかりをして生きてきました。そして、ガンになり、自分と向き合う旅に出ました。内観をしたり、栄養療法をしたり、たくさんの人との出会いがありました。
そして最近、感じることはただただ生きている、この今にいられること自体が『愛しい』という感覚です

大切なモノを愛せる喜び、足がすくみしゃがみ込んでしまう恐怖、深い谷底にいるような不安、ピョンピョン跳ねちゃう楽しさ、涙が溢れ出る感動、胸の奥がじんわり温まる安心感、突き落とされたような絶望感。

ただ生きているだけで味わう感情たちが彩る私の世界。良いも悪いもなく、光も影も。これらを感じること自体を『愛しい』と思えるのです。

そう思えるのも、感じられる心と身体がここにあるからこそ。私を作る60兆個の細胞たちを養う食べ物や食べ方を学び、自分の感覚に沿ってやってみる。失敗も経験にして、感覚を研ぎ澄ませながら、またやってみる。ガンを治すためだけではなく、今を感じるために。

私にとって『食』は私を愛することそのものでした。それをガンに教わりました。

今年は『食』を通して、料理教室やお話会などで自分の愛し方をお伝えしていきます。(ドキドキ!)

 - ガンのこと, 食事

AD

AD

  関連記事

砂糖に税金?食生活を見直して医療費抑制

最近、テレビなどで賑わっています。砂糖に税金がかかるようになるかも!というニュー …

糖質制限食はただの痩せる食ではないこと

私は4人兄弟(兄2人弟1人)です。男兄弟の食欲につられ、よく食べる青春時代を過ご …

たべるおけいこokudosan 【カンジダ】開催レポ4/17

お腹にいるカビ・カンジダ。実は私たちの知らないうちに、身体の中でややこしくていら …

離乳食をえづいて食べない男の子がバクついたスープ【レシピ付き】

週末の楽しみはクルレ畑の野良仕事。カオスにハマっていた頃の私をどうにかしたくて、 …

がん女子会・波乱万丈の人生ってあるのね

災害レベルの厳しい寒さが通りすぎ、ひと安心できた日にたくさんおしゃべりしてきまし …

no image
笑うがん女子会@神戸垂水スタバ

6月、梅雨時。湿度がわかる私の髪の毛がアフロになるんではないかとヒヤヒヤする湿気 …

no image
今を感じながら生きることしかないな

ガンセンターに初めて入院した時、私はテラスで一人ヨガもどきをしていた。ベットの上 …

ブロッコリースーパースプラウト〜我が家の健康ケトレシピ~

ブロッコリースーパースプラウト 【見た目】柔らかい可愛らしいちっちゃい草 【味】 …

冷凍卵に初挑戦。プルプル食感の肉巻き〜我が家の健康生活レシピ〜

最近、お料理好きな友達の間で流行っている冷凍卵にチャレンジ。 加熱しないのに固ま …

末期ガンといわれた6年前の私に伝えたいこと

「食べ物があなたを作る」スペシャルセミナーにて、皆さまの前でお話しさせて頂く貴重 …