さ、やってみよか

末期ガンになった主婦が幸せ感じながら生きられるようになった食や知恵をお伝えします

*

ガンの世界を進む『チームつくし』

   

ガンになった人が見る世界を『すねてないで、前向いて一緒に進む同士がいたらおもしろいだろうな』と思って始めた『チームつくし』。気が合えば一緒に行くだろうし、合わなきゃそういうことだし。

人前に出ることは苦手な私だけど、やってみた結果、同士がじわじわ増えつつあります。とてもとてもとても、嬉しい。

チームつくしはガン女子会。だから、感じることは似ています。先日、出会えた方と意気投合したのは『子どもが二十歳になるまでは絶対生きる‼』この思いは結構なモチベーションになるよねーと握手。初対面なのに、こんな話ができるなんて、思わなかったと。

家族や友達にはいろんな思いが交錯して、意外と言えなかったりすることも同じ世界を見ているからスルリと言えたりします。

『患者会ってキズを舐めあうところでは?』っていう大きな声では言えない思いも、あるあるだったり。

いろんな、あんなこんながあるけども『これからも同士として、前に進んで行きたいからよろしく❤』とか『ぜひ参加したい』なんて声を頂けると、嬉しくて嬉しくて。やってみて良かったとしみじみ。いつも力を貸してくれるみんなに感謝です。

『気が合う』目に見えないものだけど、一番大切なもの。そこを大切に来年も【チームつくし】進んで参ります。もちろん、みんなの力で。

お気軽に下のメッセから連絡してください。

チームつくし新年会の詳細はこちら(記事下方です)。

 - ガンのこと, 私に力をくれた言葉

AD

AD

  関連記事

生まれてきてよかったと思えること

テレビから流れていたセリフ。何となく耳に残り、ちょっと考えてみた。 生まれてきて …

肺腺がんとのつき合い方〜がん免疫栄養療法〜

ケトジェニックダイエットはガンの食事療法臨床研究としても注目されています。 スー …

末期ガンといわれた6年前の私に伝えたいこと

「食べ物があなたを作る」スペシャルセミナーにて、皆さまの前でお話しさせて頂く貴重 …

肺腺がんとのつき合い方〜診察報告〜

先日2015.5.26定期診察。診察室に入るなり「何かいいコトあったん?」と主治 …

ガンと生きる人とオリンピック選手の共通点

冬季平昌オリンピックが閉幕し、テレビでは選手を称える番組が流れる。インタビューで …

自己治癒力みくびんなよ

先日の『チームつくし』はゆるゆるヨガでした。 友達のくみさん。いろんな角度から観 …

肺腺がんとのつきあい方~母とのこと~

22歳で結婚した訳は、親元を離れたかったことも理由のひとつだった。なのに結局、田 …

自己治癒力のスイッチが入った魔法の言葉

ガンとわかり、いろいろと模索する中でも心の奥底ではガンは死ぬ、という自分が選んだ …

受け取るということ

はじめにお知らせです >>>【募集】<<< …

ガン情報の見極め方・前編〜ガン学会に参加して想うこと〜

学会に参加できて良かったなと思ったセミナーの紹介です。 信頼できる「がん情報」と …