さ、やってみよか

末期ガンになった主婦が幸せ感じながら生きられるようになった食や知恵をお伝えします

*

ガンの世界を進む『チームつくし』

   

ガンになった人が見る世界を『すねてないで、前向いて一緒に進む同士がいたらおもしろいだろうな』と思って始めた『チームつくし』。気が合えば一緒に行くだろうし、合わなきゃそういうことだし。

人前に出ることは苦手な私だけど、やってみた結果、同士がじわじわ増えつつあります。とてもとてもとても、嬉しい。

チームつくしはガン女子会。だから、感じることは似ています。先日、出会えた方と意気投合したのは『子どもが二十歳になるまでは絶対生きる‼』この思いは結構なモチベーションになるよねーと握手。初対面なのに、こんな話ができるなんて、思わなかったと。

家族や友達にはいろんな思いが交錯して、意外と言えなかったりすることも同じ世界を見ているからスルリと言えたりします。

『患者会ってキズを舐めあうところでは?』っていう大きな声では言えない思いも、あるあるだったり。

いろんな、あんなこんながあるけども『これからも同士として、前に進んで行きたいからよろしく❤』とか『ぜひ参加したい』なんて声を頂けると、嬉しくて嬉しくて。やってみて良かったとしみじみ。いつも力を貸してくれるみんなに感謝です。

『気が合う』目に見えないものだけど、一番大切なもの。そこを大切に来年も【チームつくし】進んで参ります。もちろん、みんなの力で。

お気軽に下のメッセから連絡してください。

チームつくし新年会の詳細はこちら(記事下方です)。

 - ガンのこと, 私に力をくれた言葉

AD

AD

  関連記事

ガン治療中のリラックスにアロマ〜肺腺がんとのつき合い方〜

こんにちは、ピスタチオ塚本です。(←尊敬する笑いの師匠の意見を参考に命名)「これ …

美とお金の話は私にとっては命の話だった

スタッフで参加しているりんご助産院主催リラッかるお茶会がありました。 今回はいち …

患者力を発揮するスイッチは覚悟すること

自分は健康体だと1ミリの疑いもなく40年ほど生きてきました。が、一瞬で患者になり …

ガン学会に参加して想うこと

京都で開催されたガンの学会に参加してきました。 肺ガン患者会 肺ガン患者会ワンス …

笑うガン女子会@神戸垂水スタバ

曇り空の今日、初めてガン女子会に参加くださったMさん。瞳が少女のようにキラキラし …

肺腺がんとのつき合い方〜怯えの正体〜

ガンに怯えた私がしていた「感じることを一旦無視する」作戦。今、起きている出来事は …

がんになって見つけた青い鳥の居場所

『ガンが幸せをくれた』という一文。ガンが見つかる前は「なんで?」、ガンが見つかっ …

ガンになったことを知られたくない時に作ったウィッグの話

もう8年前のこと。2010年12月に初めての抗ガン剤治療をした。当時、標準治療だ …

ガンと闘わないで、今にくつろぐ

今、私は1ヶ月に1度ガンセンターに自分で30分ほど運転をして通っている。服薬中の …

肺腺がんとのつき合い方〜辛すぎる今から自分を守る方法〜

2010年10月に吐くほどの頭痛の末、意識不明で救急搬送。11月脳腫瘍摘出後、末 …