さ、やってみよか

末期ガンになった主婦が幸せ感じながら生きられるようになった食や知恵をお伝えします

*

食とガンと生き方と(2)

      2018/07/10

前回・食とガンと生き方と(1)からの続き

ーーーーーーーーーー

日々、当たり前にしている食行動。それは身体を健やかに保つ、病気にならないため、『だけじゃない』力があると感じています。

治療入院中、抗がん剤の副作用にやられ気分が塞いだ時。家族の喜ぶ顔を思い浮かべ、家に帰ってから作る献立を書き出しました。その時間は私に強さと穏やかな時間をくれました。

今の世の中、自分の心を差し置く生き方が多くなりがちです。生きるためには身体が必要なのに、その身体の声も耳に届かなくなってしまう。その声は無視していけばいくほど大きくなり、結果、病気として現れます。

そんな人はこれ以上、増えて欲しくありません。

だから、改めて身体や心の声を聞くことが大切だと思ってます。『食』を見直すことで、感情に左右されず心や身体の声がしっかり聞こえるような感覚を思い出せたら?あれがいい、これがいいという日々移り変わる情報に溺れないでいられたら?

そんな感覚を磨くために【まず、これはしてほしい。そして、これからできること】をお伝えしました。それが自分と大切な人の命を守ることになるからです。『食は生きることで愛すること』なんだと思いを強めました。

ステキな場を与えてくださった三浦先生、スタッフの方々、参加されたママ会の皆さま、ありがとうございました。頂いた感想、掲載させて頂いています。

 

学研教室井吹東 井吹西

《いただいた感想》*掲載了承済み

『食』というのは、本当に大切だということを改めて痛感しました。生きることの基本。少し疎かにしていたことに反省です。今!みんなで食べるご飯を作ることができる幸せ。食卓を囲んで食べられるという幸せ。いろんなことに感謝しながら、私自身『食』を楽しみたいと思います。みんなが帰ってきてホッとするような家になりますように。。。

・私は栄養士なので何となく栄養学のことは覚えていたのですが、食に関しての大切な内容が伝え方が違うだけでこんなに頭に入ってくるんだって思いました。私もママになった今、また学びたいっていう気持ちになりました。そして、毎日のご飯をもう一度見直して家族が笑顔になれる食卓にしたいと思います。

・自分の苦い経験もあり、知らず知らずのうちに我が子にも「食べさせる」事に苦手意識を持っていたのかも、と感じました。「体が欲しているものを食べて五感を喜ばせてあげる」本来の「食べる」の大切さに気付きました。「食べさせなきゃ!栄養あるし」と思わず、欲しているかどうか、楽しくなるかどうかも大事なんですね(^o^)

こんな健康そうな方が癌だなんて…と驚きました。お話はとてもわかりやすく、また塚本さんの実際の体験から得られたことなので説得力がありました。また、自分らしい生き方って何かな?幸せとは何かな?と考えさせられました。

 - ガンのこと, , 食事

AD

AD

  関連記事

ガンと闘わないで、今にくつろぐ

今、私は1ヶ月に1度ガンセンターに自分で30分ほど運転をして通っている。服薬中の …

患者力は信じられる力で強くなる

先日の定期診察で久しぶりに血液検査の結果を頂くことにしました。普段、結果をもらわ …

生まれてきてよかったと思えること

テレビから流れていたセリフ。何となく耳に残り、ちょっと考えてみた。 生まれてきて …

お金のムダ使いがなくなる食事法

セールの時期ですね。今回は《衣服》で節約のお話しです。 え?20年もの? ワイン …

ガン女子会、終わります。

突然ですが、チームつくしガン女子会を終わります。今まで応援して頂き、ありがとうご …

受け取るということ

はじめにお知らせです >>>【募集】<<< …

糖質制限・神戸垂水家族で始めるスタートアップセミナー報告

3月5日土曜日・神戸市垂水区で家族で始める!糖質制限スタートアップセミナーが行わ …

宝探しができる畑。ミミズも一緒に。

土に触れてると、ホッとします。 雨上がりだったので、土も柔らかくミミズたちも元気 …

最高のプレゼントは相手を想う時

思いがけずに花束を頂きました。 とっても嬉しくて、幸せで身体の芯から喜びが湧いて …

補完代替療法が当たり前になるといい

​現代医学では治せない、延命しかできないと言われたら、落ち込みます。頼りにする医 …