さ、やってみよか

末期ガンになった主婦が幸せ感じながら生きられるようになった食や知恵をお伝えします

*

しばらく、お休みします。

   

当たり前だと思ってた『健康』を無くして、その大切さを知りました。当たり前だと思ってた『家族との普通の暮らし』を無くして、そのかけがえのない幸せを知りました。それらの経験は『食』で自分を大切にする学びや喜びを教えてくれました。


私には二人暮らしの義父母がいます。その暮らしが成り立たなくなっていました。認知が始まった母と共に暮らす父からの『助けて』のサインは出ていたのに、軽くしか受け止めていませんでした。灯台もと暗し。食の力をこんな形で思い知るなんて、皮肉です。合点がいくことばかり。


「大丈夫」「できるできる」「心配かけたくないから」親の言葉を鵜呑みにしたかった私がいました。


私の小さな器に流れ込む、静かに積み重なったいろいろなこと。それらが一気に溢れ出し、ただ立ち尽くしました。少しずつの歩みでも止めることに罪悪感があり、躊躇しました。自分のしていきたいことと矛盾の現実に悩みました。


私は、まだ生きていたい。そのために必要なのは私の幸せと家族の存在。それを守ることに専念することにしました。


料理教室やお話会に興味を持ってくださった方、楽しみにしていてくれた方、お声までかけてくださった方。本当に申し訳ありません。しばらく活動はお休みさせて頂きます。私の夢に力を貸してくれていた友人にも迷惑をかけることになりました。本当に申し訳ありません。


今、義父母と食事の仕度をしていると一瞬に『喜び、楽しみ、嬉しさ、安心』を感じることができて、幸せです。やはり『食の力』は偉大です。生きるために必要なことは、栄養といったことだけではないよと教えられている気もします。あと1年の命だとしても、悔いはない選択です。家族の『おいしい』はやっぱり私の生きる力です。


これからも一人で抱え込まず、『たすけて』と素直に周りに甘えながら暮らしていきたいと思います。これから実践する生活の中で、気づいたこと、残しておきたいことなどはブログに書いていくつもりです。月1回のがん女子会『チームつくし』の活動はゆっくり続けていきます。


最後に、いつも寄り添ってくれる家族、友人、繋がりのある方々に感謝しています。ここまで、生かしてもらえました。ありがとうございます。また、内から湧き上がるものに従っていきたいと思います。

 - 家族, 日記

AD

AD

  関連記事

肺腺がんとのつき合い方〜がん免疫栄養療法〜

ケトジェニックダイエットはガンの食事療法臨床研究としても注目されています。 スー …

患者力を発揮するスイッチは覚悟すること

自分は健康体だと1ミリの疑いもなく40年ほど生きてきました。が、一瞬で患者になり …

くじらのユッケ〜我が家の健康生活ケトレシピ〜

くじらユッケ 細切りにして、塩・ニンニク・ゴマ油・卵黄・ゴマで 《くじら》 鉄分 …

患者力は信じられる力で強くなる

先日の定期診察で久しぶりに血液検査の結果を頂くことにしました。普段、結果をもらわ …

パウンドケーキ・生クリーム添え〜我が家の健康生活ケトレシピ〜

パウンドケーキ・生クリーム添え 〜材料〜《18cmパウンド型》 ・粉類(おからパ …

お店の方とやりとりできることが楽しい!

​マツコ・デラックスさんのTV番組で北から南まで全国のおすすめ回転寿司店の紹介を …

肺がん患者会〜肺腺がんとのつき合い方〜

ある繋がりからこちらの患者会に入ることにしました。肺がん患者の会 ワンステップ …

肺腺がんとのつき合い方〜私の家族の場合〜

2010年10月に吐くほどの頭痛の末、意識不明で救急搬送。11月脳腫瘍摘出後、末 …

がん女子会・波乱万丈の人生ってあるのね

災害レベルの厳しい寒さが通りすぎ、ひと安心できた日にたくさんおしゃべりしてきまし …

受け取るということ

はじめにお知らせです >>>【募集】<<< …