さ、やってみよか

末期ガンになった主婦が幸せ感じながら生きられるようになった食や知恵をお伝えします

*

認知症はピュアになる

      2017/02/14

いつものように、慌ただしく買い物してきたものを限られた時間の中でアレコレ作る。

『今は寒い時だから、お味噌汁は必須でしょ。酸っぱいものや旨い甘いもの、色がきれいなもの、それと固くならないようにするには。。。』

頭の中が慌ただしいうちに、義母が部屋に引っ込んだ。後から気づき、声をかけると「お宅はナニをしてくれてるの?」明らかに怒ってる。拗ねてる。ありゃー、やってしまった。

『私ができることをなんであなたがバタバタとやってるの?』という義母の心の声が聞こえてしまった。正直「ちゃんと料理もできへんのに、ナニを言うてんねん。面倒くさいわー。」って即答(心の中で)してた私。いや、少し口から出た。

義母の大切な『自尊心・プライド』を踏みつけていることに気づいてない私を感じ取っていたんだな。

認知症の人は頭や余分な思考が切り離された分、感じ取る能力がグンっと上がるんじゃないのかしら。よりピュアになるんだ、きっと。その分、私は自分の内面を見ることになるんだろう。

次行く時は「これ、安かったから買ってきちゃったの。何か作らせてもらってもいい?」でいこう。無事に穏やかに作れる空気を作っていこう。

この台詞はクルレ畑の赤堀先生から頂いた知恵。専門家が近くにいてくれる奇跡に感謝する。長谷川式テストの点数を伝えると「5~6歳児だと思ってね」と教えてくれた。そんなに。。。よくぞここまで二人で生活してくれてたな、と感謝する。

次はキーマカレー作ってこよう。お味噌を入れたらコクが出て美味しいとわかったし。温泉卵も落として食べるようにしたら、喜ぶかな。

 - 家族, 日記, 食事

AD

AD

  関連記事

子育てママのためのりらっかるお茶会

神戸・垂水区塩屋のマンションで乳幼児を育てるママが『いっぱいおしゃべりして、リラ …

身体の調子が整うとプライベートも整うようだ

今、嵐が過ぎ去った後の原っぱにいる。やっと、一息つけた気分だ。ここ2、3年プライ …

肺腺がんとのつき合い方〜落ち込み尽くす〜

「あなたはがんです。」と言われる確率は今や2人に1人というCMが流れています。「 …

ガンになった友人の力になりたい

近しい人、大切な人がガンになった時ほど、何かしたい、力になりたいと思うのはごく自 …

キレイごとだけじゃ、やってられんけど

穏やかな暮らしに向けて、環境を整える準備が進んでます。『助けて』の声をあげること …

ガン情報の見極め方・後編〜ガン学会に参加して想うこと〜

エビデンス(科学的根拠)に基づいた治療法を裏付けるための臨床試験・・・情報の信頼 …

糖質制限・神戸垂水家族で始めるスタートアップセミナー報告

3月5日土曜日・神戸市垂水区で家族で始める!糖質制限スタートアップセミナーが行わ …

包丁は家で自分で簡単に研げる!砥石と五円玉を使った裏技紹介

お料理が得意な方もそうでない方も必ず使う包丁。今回は私の長年の趣味『包丁研ぎ』を …

患者力は信じられる力で強くなる

先日の定期診察で久しぶりに血液検査の結果を頂くことにしました。普段、結果をもらわ …

わらびの胡麻和え〜ケトジェニックな健康生活レシピ〜

わらびの胡麻和え 〜材料〜 ・わらび 1束 ・いり胡麻 大さじ2(好みで増やして …