さ、やってみよか

末期ガンになった主婦が幸せ感じながら生きられるようになった食や知恵をお伝えします

*

認知症はピュアになる

      2017/02/14

いつものように、慌ただしく買い物してきたものを限られた時間の中でアレコレ作る。

『今は寒い時だから、お味噌汁は必須でしょ。酸っぱいものや旨い甘いもの、色がきれいなもの、それと固くならないようにするには。。。』

頭の中が慌ただしいうちに、義母が部屋に引っ込んだ。後から気づき、声をかけると「お宅はナニをしてくれてるの?」明らかに怒ってる。拗ねてる。ありゃー、やってしまった。

『私ができることをなんであなたがバタバタとやってるの?』という義母の心の声が聞こえてしまった。正直「ちゃんと料理もできへんのに、ナニを言うてんねん。面倒くさいわー。」って即答(心の中で)してた私。いや、少し口から出た。

義母の大切な『自尊心・プライド』を踏みつけていることに気づいてない私を感じ取っていたんだな。

認知症の人は頭や余分な思考が切り離された分、感じ取る能力がグンっと上がるんじゃないのかしら。よりピュアになるんだ、きっと。その分、私は自分の内面を見ることになるんだろう。

次行く時は「これ、安かったから買ってきちゃったの。何か作らせてもらってもいい?」でいこう。無事に穏やかに作れる空気を作っていこう。

この台詞はクルレ畑の赤堀先生から頂いた知恵。専門家が近くにいてくれる奇跡に感謝する。長谷川式テストの点数を伝えると「5~6歳児だと思ってね」と教えてくれた。そんなに。。。よくぞここまで二人で生活してくれてたな、と感謝する。

次はキーマカレー作ってこよう。お味噌を入れたらコクが出て美味しいとわかったし。温泉卵も落として食べるようにしたら、喜ぶかな。

 - 家族, 日記, 食事

AD

AD

  関連記事

手放したことで手にした豊かさ

糖質の量をコントロールするようになって、味覚が変わり、料理をしていて一番面白いな …

祝☆5年 思いで生きて、生かされていること

夜中の割れるような頭痛。病院に運び込まれた日。見事な紅葉と突き抜ける青空の眩しさ …

無農薬の畑で育つ野菜たちの元気と愛情で大切な身体を作る

ジリジリのおひさまがやってきましたね。久々の畑仕事にウキルンです。 麦わら帽子に …

神戸垂水・子育てママのためのリラッかるお茶会9月

朝晩、涼しく過ごしやすくなってきましたね。今月も開催しました。 子育てママのため …

あと一週間の命なら、何をする?

以前、マインドフルネスを指導してくださる先生の下『死のワーク』をしたことがありま …

ガン学会に参加して想うこと

京都で開催されたガンの学会に参加してきました。 肺ガン患者会 肺ガン患者会ワンス …

夏休みの自由研究にピッタリ!おうちで作る藁づと納豆☆2

初めてのワクワクドキドキ納豆作り。 その様子はコチラ ワラと納豆だけ⁈納豆菌って …

初開催『笑う女子会』ご報告

『笑う女子会』初開催をなんだかお天気にも祝福されているようで嬉しい! 患者ならで …

疑うより、信じて生きようと思う

ガンが私に与えてくれたことはたくさんあるけど『安心して、すべてを受け取って、今を …

「美味しい…」と言いながら食べるご飯が一番だと思う

鶏モモ肉を塩コショウだけで焼くのが好きです。家族が美味しい…と言いながら食べるの …