さ、やってみよか

末期ガンになった主婦が幸せ感じながら生きられるようになった食や知恵をお伝えします

*

ありがとうの思いを乗せたお花たちに囲まれた

   

思わぬ場面でお花を頂いた。今日でおしまいだったけど、いつも優しく愛しさに溢れる場にいられて幸せだった。

爽やかな甘い香りでうっとりする水仙。義母がきれいに咲かせてくれた。少しでも長く私を覚えていて欲しい。

実母の喜寿を祝う兄弟や家族からのお花。いつもご機嫌でいてくれて、ありがとうね。

終わりだったり、始まりだったり。この瞬間だったり、永遠だったり。良いと思ったり、悪いと思ったり。

すべては移り変わるもので、それでよくて。それでも、また変わっていくことに悩んだりするんだろうな。

そんな中でお花たちは『ありがとう』や『おめでとう』の思いを少しでも長く今ここに繋ぎ止めてくれる。

 - , 日記

AD

AD

  関連記事

肺腺がんとのつき合い方〜ストレスをほぐす〜

私はソファのヘリに座るのが好きです。足をぶらぶらさせてると、妙に落ち着くのです。 …

75歳母を毎朝、抱きしめています

22歳で神戸に嫁ぎました。タイミングもありましたが、親から離れたかったことも理由 …

肺腺がんとのつき合い方〜がん免疫栄養療法〜

ケトジェニックダイエットはガンの食事療法臨床研究としても注目されています。 スー …

no image
笑うがん女子会@神戸垂水スタバ

6月、梅雨時。湿度がわかる私の髪の毛がアフロになるんではないかとヒヤヒヤする湿気 …

宝探しができる畑。ミミズも一緒に。

土に触れてると、ホッとします。 雨上がりだったので、土も柔らかくミミズたちも元気 …

患者力を発揮するスイッチは覚悟すること

自分は健康体だと1ミリの疑いもなく40年ほど生きてきました。が、一瞬で患者になり …

ありがとう

​東京へ学びに向かう飛行機の中、幸せの涙が溢れてきちゃいました。自分でもわからな …

小腹がすいたら☆香ばしきなこパン〜我が家の健康生活レシピ〜

小腹が空いたら、すぐにチン 香ばし♪きなこパン 〜材料〜 ・きなこ 20g(糖質 …

くじらのユッケ〜我が家の健康生活ケトレシピ〜

くじらユッケ 細切りにして、塩・ニンニク・ゴマ油・卵黄・ゴマで 《くじら》 鉄分 …

肺腺がんとのつき合い方〜私の家族の場合〜

2010年10月に吐くほどの頭痛の末、意識不明で救急搬送。11月脳腫瘍摘出後、末 …