さ、やってみよか

末期ガンになった主婦が幸せ感じながら生きられるようになった食や知恵をお伝えします

*

「女性のはな歌が聞こえる空間に間違いはない。」に1票

      2017/04/11

最近『私が私に聞かせたくて、人に言わせてるのかしら?』と思うことが多い。

【私が私に伝えたいことは伝わるまで何度でも現れる】

例えば、先々月。仕事終わりにスイッチが切れたように身体が動かなくなった。どうも、自分の行動量を高く見積り過ぎるクセがある。

起き上がれず、ひたすら横になる私に『しっかり休むこと』『そうしていて』という声が届く。夫などは『存在してくれるだけでいい。だから、しっかり休んでご機嫌でいて。』なんて言う。

『それでいい』『がんばって、休むの』『いてくれるだけでいい』『生きていてくれてありがとう』『もう好きにしなはれ』そんな言葉たちが並んだ、この時。私が私に伝えたくて「いい加減にせーよ?」と目の前の人を使って言わせているように思えた。

何度目かの『不器用によう頑張ってるやん、私。』という思いは私のかたくななナニかを溶かした気がする。

【女性のはな歌が聞こえる空間に、多分、間違いはないのだ】

先日、出会ってしまったこの言葉。痛いほどバカ正直なココロを一眼レフで映したような言葉や文章で綴るブログいばや通信坂爪圭吾さん。私は、家中を雑巾拭きしたようなスッキリ感を味わえるこのブログがとても好きで、折に触れ拝読している。

「ごちゃまぜの家を作りたい」というクラウドファンディング(目標はすぐに達成♪)を立ち上げた坂爪さん。コンセプトのひとつ「はな歌が聞こえてくるような空間であること」。そして『プロジェクトをやろうと思った理由』が憧れている場所そのものだった。

・・・人間の三大欲求を叶えるベースになる場所、今回は「手料理」というものがなんだかものすごい大切なキーワードになるような予感がしているのですが、誰もがふらっと立ち寄れる場所、そこに行けば手料理を作ってくれる人がいて、手料理を食べながら話したり話さなかったりできる場所・・・・・

・・・今回のキーワードは手料理になると思っておりまして、作り手の気持ちがこもっている手料理には、ひとを癒す力が、ひととひとを繋げる力が、ひととひとが集まる空間を明るく彩る最高の力があるように感じております。

台所に立つことで、家族に手料理を作ることで、しんどい時も乗り切ってきた私はとても共感した。そして、前述した通り、私の思いを言葉にして見せてもらえたことになった。

食べたら良いもの、悪いものはもちろん確かにある。けれど、それ以前に大切にしたいことが私にはある。それは目に見えないものだけど、何よりも大切なことだと思っていて。たぶんそれは『はな歌を歌う私』でいること。そうでなければ、せっかくの栄養が身にならないし、料理創作実験意欲も出てこなくてつまらない。しかも、これはガンとか病気になっているなら、特に大切なことだと感じている。(そのためにもつくしヨガは役に立っている)

『ごちゃまぜの家』にはもちろん『イエス‼』という思いをくっ付けた。脱サラ自営初心者の我が家の家計からでも、ここは喜んで使うとこだとハッキリわかった。お金も喜んでいた。送金した時は、ごちゃまぜの家が完成しようとしなかろうと実はどっちでも良かった。とにかくその思いにイエス‼と言えたこと、そのイエス‼が大きくなっていく瞬間も味わえたから。

私は私なりの形で、はな歌が聞こえる台所を増やしていく。私は生かしてもらえている。私の大きな願い【みーんな、死ぬまで元気で生きていて】に繋がる道をこのまま歩いて行こう。

 - 日記, 私に力をくれた言葉

AD

AD

  関連記事

最高のプレゼントは相手を想う時

思いがけずに花束を頂きました。 とっても嬉しくて、幸せで身体の芯から喜びが湧いて …

【子育て中のママ】自分の気持ちと向き合う集い、大盛況でした♡

感情って自分から湧き出るものなのに誰かや何かのせいにしてしまう。感情の渦に巻き込 …

包丁は家で自分で簡単に研げる!砥石と五円玉を使った裏技紹介

お料理が得意な方もそうでない方も必ず使う包丁。今回は私の長年の趣味『包丁研ぎ』を …

夏休みの自由研究にピッタリ!おうちで作る藁づと納豆☆1

先日、手作り納豆セットを頂きました。農薬、化学肥料無しの自然栽培で育ったワラと大 …

サンマ大好き家族です

朝晩が過ごしやすくなってきました。セミの鳴き声も気持ち元気が無くなってきたでしょ …

no image
出口が見えないトンネルを歩いている気分

『人は自分の思うようにはならない』我が子だから、なおさら感じることなんだろう。『 …

no image
しばらく、お休みします。

当たり前だと思ってた『健康』を無くして、その大切さを知りました。当たり前だと思っ …

ありがとうの思いを乗せたお花たちに囲まれた

思わぬ場面でお花を頂いた。今日でおしまいだったけど、いつも優しく愛しさに溢れる場 …

料理が上手くなる、たった一つのこと

私が台所に立つようになったのは10歳の頃。小学校のキャンプでカレーを作れるように …

神戸垂水・子育てママのためのリラッかるお茶会申込はこちら

神戸垂水ママのためのお茶会 リラッかるお茶会 胎内にかけがえのない命を宿した時か …