さ、やってみよか

末期ガンになった主婦が幸せ感じながら生きられるようになった食や知恵をお伝えします

*

肺腺がんとのつきあい方~母とのこと~

      2017/05/12

22歳で結婚した訳は、親元を離れたかったことも理由のひとつだった。なのに結局、田舎から呼び寄せ、同居することになったのは人生の宿題があったからだと思う。

39歳でガンがわかった時の『どうして私が?』の中には、私を認めない母のせいだという思いが強かった。私の中に根強い自己否定が、自責がガンを作ったのだ、だから、母のせいだと逆恨みしていた。

その感情はとてつもなく苦しい。私の代わりに家事をこなしたり、家族に愛を注ぐ母をみては感謝が沸く一方で恨む。真逆の感情は『どうなっているだろう?狂っているのかしら?』と私を悩ませた。

メンタル面から立ち直るため、自分と向き合うことを始める。その中で避けては通れない母との関係。引っかかることが多い母の一言一句を書き留めては心で見つめる日々が続いた。

ある時、ふっと響いた声が温かい日差しのように苦しさを溶かし始めた。

『そうしていなければ、愛されないの』

『~しなければならない。~するべきだ。』という思い込みが多かった母は幸せで愛された子ども時代ではなかった、と後に聞いた。

母は自分の祖父に向かって『私は絶対にあんな子どもには育てない‼‼』と実父のことを批判したそうだ。(子どもにそんなことを言われるって。じいちゃん何してたんやろ。。。)

私を制限し、認めないかのような母の行動は愛されたことのない(と信じている)母なりの『愛されるためのルール』に則っているだけだった。

母が人生から選び取ってきた母好みの常識。こうしていたら愛される、という思いは幼い母が感じた『愛されたい』から選ばれた。それを愛する子どもたちに適用してくれたのだ。

『私はとっくに母に愛されていた‼‼』とわかった時の安堵感といったら、いい大人だということを忘れるほど泣けるものだった。その場所がトイレじゃなかったら、なんか画になる話なんだけど。

あの時から『いてくれて、ありがとう。あなたはそのままでよく、とても大切な存在です。』と母を抱きしめている。それは自分を抱きしめているようにも感じて、なんとなく宿題をひとつ終えた気になっている。

安心感はとてつもなく身体を緩ませてくれる。リラックスした身体は潜在能力を発揮させる。ガンに限らず病気になってても、なっていなくても、今を生きるためにリラックスする方法はいくつあっても良いな、と思っている。

 - ガンのこと,

AD

AD

  関連記事

病気になっても、なってなくても自分の言うことを聞く練習はしてた方がいい

病気になりやすいと言われてる、いわゆる『いい人』の特長のひとつに【自分のことより …

肺腺がんとのつき合い方〜がん免疫栄養療法〜

ケトジェニックダイエットはガンの食事療法臨床研究としても注目されています。 スー …

肺がん患者会〜肺腺がんとのつき合い方〜

ある繋がりからこちらの患者会に入ることにしました。肺がん患者の会 ワンステップ …

最高のプレゼントは相手を想う時

思いがけずに花束を頂きました。 とっても嬉しくて、幸せで身体の芯から喜びが湧いて …

ガンの世界を進む『チームつくし』

​ガンになった人が見る世界を『すねてないで、前向いて一緒に進む同士がいたらおもし …

肺腺がんとのつき合い方〜自然を感じる〜

山が大好きな私。今日は緑を味わいに六甲山上にある再度公園に行ってきました。 新緑 …

【笑うがん女子会】teamつくし新年会

しゃべって笑って、食べて飲んで、ヨガしてゆるんで、これからもっと遊ぶteamつく …

食費節約のオニだった私がガンになって気づいたこと

ずっと、節約が趣味だった私。子どもが生まれてからは、将来が不安で石橋を叩いて割る …

肺腺がんとのつき合い方〜何を感じながら食べるのか〜

ガンの治療によって変わってしまった姿を映し出すテレビの画面。それを見る人は何を感 …

がんになって見つけた青い鳥の居場所

『ガンが幸せをくれた』という一文。ガンが見つかる前は「なんで?」、ガンが見つかっ …