さ、やってみよか

末期ガンになった主婦が幸せ感じながら生きられるようになった食や知恵をお伝えします

*

離乳食をえづいて食べない男の子がバクついたスープ【レシピ付き】

      2017/07/01

週末の楽しみはクルレ畑の野良仕事。カオスにハマっていた頃の私をどうにかしたくて、ココロのままに動いた先が草ボーボー、土の中にはミミズがいっぱいのクルレ畑だった。

土と緑の匂いをたっぷり含んだ風とすべてに降り注ぐ陽射しは、実体があるようで無くなりかけていた私を大地に繋ぐことで我に還らせてくれた。

みんな自分を生きるために要るものは違う。私には土と陽が、そこに生まれる生命力が必要だったみたい。

 

そんなクルレ畑の野菜たちをかもめスタイルさん『ヨガ&スープパーティ』のスープに。

 

★初開催記念レシピ★【夏野菜とイワシのスープ】

『最近、離乳食をえづいて食べない』男の子が『もっともっと!』とバクついたスープ

【作りやすい分量】

A・イワシ 6羽

A・しょうが 親指の先ほど(すりおろす)

A・卵黄 1つ

A・味噌 大さじ1

・ズッキーニ 1/2本(大きさによる)

・玉ねぎ 1ケ

・じゃがいも 1ケ

・人参 1本

・まいたけ 1/2株

・ミニトマト 好きなだけ

・油 大さじ2(ココナッツオイル・オリーブオイル・バターなど)

・出汁パック 1ケ

・お好きな塩 

【作り方】

1:油を温めた鍋で1cm角に切った野菜を塩をパラッと振り、軽く炒める。

2:野菜の上に1cmほどかぶる水と塩、出汁パックを破って入れ、そのまま煮る。

3:イワシを3枚に手開きする。(開いてあるものやイワシのすり身を使ってもいい)

4:フードプロセッサで混ぜた3とAをビニール袋に入れ、端を少し切り、絞りだしながらスプーンですくったつみれを沸いた2にドンドンいれていく。

5:塩で好みの味に調整して、できあがり。

ーーーーーーーーーーーーーー

材料は「食べてーー」と声が聞こえる旬のもので作ると、それぞれの旨味が出まくって最高においしい。これがなければできない、より、これがあるからこうしよう、が好き。何より大事にしたいのは「ああ、美味しそうだなー」と思う瞬間を増やすことだと思う。ゆるんだ身体は消化吸収も抜群に良くなる。毎日の食べること。小難しく考え過ぎないよう、身体に委ねていきたいなとあの男の子に教えてもらった。

 

 

 

 - レシピ, 食事

AD

AD

  関連記事

認知症はピュアになる

いつものように、慌ただしく買い物してきたものを限られた時間の中でアレコレ作る。 …

手放したことで手にした豊かさ

糖質の量をコントロールするようになって、味覚が変わり、料理をしていて一番面白いな …

ニキビを何とかしたい高校生の息子が手にした本

「オレは白ご飯がないとあかんねん‼︎」と叫んでいた高校生の息子 一年後の今、こん …

くじらのユッケ〜我が家の健康生活ケトレシピ〜

くじらユッケ 細切りにして、塩・ニンニク・ゴマ油・卵黄・ゴマで 《くじら》 鉄分 …

おでかけ時はコレを買う。私をつくる食べ物〜我が家の健康生活ケトレシピ〜

先日、久しぶりに山に出かけてきました。山、大好きです‼︎ 良いお天気の中、広い芝 …

◯◯するだけ。料理好きだったはずの私が作る食事が原始食化し始めた。

最近、チョットおもしろくなっている我が家の食卓のご報告です。(え?いらない?) …

激早30秒で完成!シーザーサラダ風

激早30秒で完成!シーザーサラダ風 用意するもの ・サニーレタス 1束 ・マヨネ …

健康おウチご飯はこう作る【栄養講座】実践編開催

りんごアカデミー【栄養講座・全3回シリーズ】「ほな、コレ食べとこか!」最終回・実 …

簡単。混ぜて焼くだけキッシュ〜我が家の健康生活レシピ〜

ケーキみたいな 混ぜて焼くだけキッシュ 〜材料〜 *生地* ・卵 4個 ・おから …

no image
【感想】はなうたセッション

原文そのまま、了承を得て掲載しています。   【30代女性】肺がんⅣ期 …