さ、やってみよか

末期ガンになった主婦が幸せ感じながら生きられるようになった食や知恵をお伝えします

*

肺腺がんとのつき合い方〜怯えの正体〜

      2015/06/11

ガンに怯えた私がしていた「感じることを一旦無視する」作戦。今、起きている出来事はただ起きているだけだと割り切る。とりあえずその場を乗り切るには、いい作戦だったんですが解決策にはなりませんでした(笑)

結局ずっと怖い

その日その日を過ごせてはいるもののやっぱり結局、ずっと怖い。目に入るものは葬儀屋さんの看板だったり、お葬式の宣伝ばかり。なんでこんなにあるの?と、さらに怯えてました。そんな時、気づいたんです。フタをしたって、やっぱりあるもんはあるんだなー。怖いよー、怖いよーと叫ぶ私がいるんだなと。実際よく目につくものは自分が今、心の底で1番気になるものなんだとか。気になることに関する情報を脳は無意識に即座に探し出す能力があるそう。妊娠した時に世の中に急に妊婦さんが増えた気がしたのも、そのためと分かり納得です。

怯えの正体は自分が想像する未来の自分

怖過ぎて、力み過ぎて疲れて気づいた怯えの正体は「自分で想像する未来の自分の姿」でした。ガンになったらこうなるという自分の常識に当てはめた自分の姿に怯えていたのです。ウッカリしていました(笑)。まだ無い未来を勝手に決めて、勝手に怯えていたのです。

今を感じると今になる

ガンと告知されたら、おそらく誰でも動揺すると思います。落ち着きましょうと言われたってなれるもんでもなく。でもひとつ、試してみて欲しいのは『今』を感じてみて欲しいのです。私の脳や肺にはガン細胞があるかもしれないけど、道に咲く花や葉の美しさに感動し、吹く風の心地よさに癒され、散歩ができる体力があることに感謝できる。それらの感覚が、今ここに私が生きてることを感じさせてくれました。ガンだけど、私は今まだ生きてるんだと思い出させてもらえたのです。そう感じることが自己治癒力を発動させる第一歩になると思うのです。

 - ガンのこと, , 日記, 統合医療, 身体

AD

AD

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

疑うより、信じて生きようと思う

ガンが私に与えてくれたことはたくさんあるけど『安心して、すべてを受け取って、今を …

料理が上手くなる、たった一つのこと

私が台所に立つようになったのは10歳の頃。小学校のキャンプでカレーを作れるように …

ガンになったことを知られたくない時に作ったウィッグの話

もう8年前のこと。2010年12月に初めての抗ガン剤治療をした。当時、標準治療だ …

たべるおけいこokudosan 11/14【レポ】

口から入れた食べ物を細かく細かく小さーくして、腸で吸収できる大きさにすることが大 …

モロヘイヤの和風ポタージュ~我が家の健康生活レシピ~

~モロヘイヤの和風ポタージュ~ 【作りやすい分量】 ・モロヘイヤ 1束 ・納豆  …

ありがとうの思いを乗せたお花たちに囲まれた

思わぬ場面でお花を頂いた。今日でおしまいだったけど、いつも優しく愛しさに溢れる場 …

垂水Kamiya(美容院)・本当は教えたくないお店

数年前の話です。美容院ジプシーだった私。賑やかな所は苦手で落ち着けないので、こじ …

がんになったら変えること

『笑うがん女子会つくし』開催しました。今回は暑さもあってか、体調を崩される方が続 …

神戸垂水のお魚事情

お肉はよく食べます。いつものスーパーに行けば、すぐに買えるし。使い勝手が良いです …

ガン情報の見極め方・後編〜ガン学会に参加して想うこと〜

エビデンス(科学的根拠)に基づいた治療法を裏付けるための臨床試験・・・情報の信頼 …