さ、やってみよか

末期ガンになった主婦が幸せ感じながら生きられるようになった食や知恵をお伝えします

*

肺腺がんとのつき合い方〜怯えの正体〜

      2015/06/11

ガンに怯えた私がしていた「感じることを一旦無視する」作戦。今、起きている出来事はただ起きているだけだと割り切る。とりあえずその場を乗り切るには、いい作戦だったんですが解決策にはなりませんでした(笑)

結局ずっと怖い

その日その日を過ごせてはいるもののやっぱり結局、ずっと怖い。目に入るものは葬儀屋さんの看板だったり、お葬式の宣伝ばかり。なんでこんなにあるの?と、さらに怯えてました。そんな時、気づいたんです。フタをしたって、やっぱりあるもんはあるんだなー。怖いよー、怖いよーと叫ぶ私がいるんだなと。実際よく目につくものは自分が今、心の底で1番気になるものなんだとか。気になることに関する情報を脳は無意識に即座に探し出す能力があるそう。妊娠した時に世の中に急に妊婦さんが増えた気がしたのも、そのためと分かり納得です。

怯えの正体は自分が想像する未来の自分

怖過ぎて、力み過ぎて疲れて気づいた怯えの正体は「自分で想像する未来の自分の姿」でした。ガンになったらこうなるという自分の常識に当てはめた自分の姿に怯えていたのです。ウッカリしていました(笑)。まだ無い未来を勝手に決めて、勝手に怯えていたのです。

今を感じると今になる

ガンと告知されたら、おそらく誰でも動揺すると思います。落ち着きましょうと言われたってなれるもんでもなく。でもひとつ、試してみて欲しいのは『今』を感じてみて欲しいのです。私の脳や肺にはガン細胞があるかもしれないけど、道に咲く花や葉の美しさに感動し、吹く風の心地よさに癒され、散歩ができる体力があることに感謝できる。それらの感覚が、今ここに私が生きてることを感じさせてくれました。ガンだけど、私は今まだ生きてるんだと思い出させてもらえたのです。そう感じることが自己治癒力を発動させる第一歩になると思うのです。

 - ガンのこと, , 日記, 統合医療, 身体

AD

AD

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

桜の下でお昼寝しました

ボクは今日、家族とお花見に行きました。 アジサイも準備万端です。 ボクは大好きな …

笑うガン女子会@神戸垂水スタバ

曇り空の今日、初めてガン女子会に参加くださったMさん。瞳が少女のようにキラキラし …

笑いで私を健康にしようとする母の企み

出かけようと急ぐ私に、何故かいつも話しかける母。しかも今じゃなくてもいいよね、っ …

アボカド焼き〜我が家の健康生活レシピ〜

クリーミィな食感が中毒になる アボカド焼き 材料 ・アボカド 1コ ・卵黄 2コ …

簡単過ぎるサラダランチ〜我が家の健康生活ケトレシピ〜

お肉のっけサラダ ・豚肉とか鶏肉 100g(もちろん増量可) ・卵 1ケ ・サニ …

肺がん患者会〜肺腺がんとのつき合い方〜

ある繋がりからこちらの患者会に入ることにしました。肺がん患者の会 ワンステップ …

no image
しばらく、お休みします。

当たり前だと思ってた『健康』を無くして、その大切さを知りました。当たり前だと思っ …

ありがとう

​東京へ学びに向かう飛行機の中、幸せの涙が溢れてきちゃいました。自分でもわからな …

肺腺がんとのつき合い方〜落ち込み尽くす〜

「あなたはがんです。」と言われる確率は今や2人に1人というCMが流れています。「 …

補完代替療法が当たり前になるといい

​現代医学では治せない、延命しかできないと言われたら、落ち込みます。頼りにする医 …