さ、やってみよか

末期ガンになった主婦が幸せ感じながら生きられるようになった食や知恵をお伝えします

*

当たり前の顔をした「奇跡」の日常を守りたい

      2017/09/10

最近、世の中いろいろ起きている。天災もひとつだけど、不穏に感じることを思うたびに強くなる思いがある。

それは「この当たり前の顔をした「奇跡」の日常を大切にしたい、守りたい。出会っている人、今から出会う人、すべての人の日々に溢れる幸せがずっと続きますように。」という大きすぎる願いだ。

当たり前だった日常

当たり前に繰り返す日常に、感謝など無かった。

朝や夜は当たり前にやってくると信じてたし、鳥のさえずりはいつでも聞こえるものだし、ただいまおかえりと言える家があり、そこに家族と居られることや、いただきますごちそうさまと言い合える喜びすら忘れていた。

誰かや何かと比べるばかりで、アレがないコレがないと「ない」ことばかりに気が向いていた。世の中の流れなのか、集合意識なのか、無意識で疑問にも思っていなかった。しかし、手に入れても「ない」気持ちは消えることなく、相変わらずアレもソレもと欲しがった。

未来への不安や今の不平不満もそう。イライラやむかつく気持ちは誰かのせいにした。

一瞬で無くなった日常

末期ガンとわかった時、一瞬で当たり前の日常を無くした。はるか遠くにあると思い込んだ世界、それはすぐ隣にあった。

1週間先の予定がわからない。自分の身体がどうなるのかも、わからない。手帳を買うのもためらった。無駄になるんじゃないかと思ったし、そう思うことすら怖かった。

治療に検査に手続きにと、次から次へと否応なく決まる。行先のわからないコンベアーに乗る毎日は、私の身体に息をさせるだけで精一杯だった。

当たり前の顔をした「奇跡」の日常

取り戻す方法なんてわからなかったけれど、たくさん泣いて、もがいて、やらかしてきた。そんな日々が数年経ったある夏の終わり。流れ込む心地の良い風に吹かれながら、洗濯物をたたんでいた時にそれはやってきた。

「もうすでに、すべてここにある」と身体中に広がる、じんわり温かく安心する優しい感覚。当たり前の顔をした、この日常こそが「奇跡」なんだと気づいた瞬間だった。

今も、がんになった時とほぼ生活は変わってないし、なんなら心配事は増えているかもしれない。周りで起きるいろんな波に飲み込まれ、感情が溺れることもある。それでも、それすらも幸せだ。「ない」と思うか、「ある」と思うかだけだ。

ここに家族と一緒にいられて、腹を割って話せる友達や仲間が何人もいて、食べたいものを作り食べることができる。好きな時に好きな所へ行けて、好きな時に好きなだけお風呂に入れる。

この当たり前の顔をした「奇跡」の日常を味わうために、守るために一生懸命生きようと思う。そのためには、この身体がいる。そして、私だけでは味わえない願いのために、みんな元気でいて欲しいから伝えたいと思う。

はなうた歌いながら作る料理や、はなうたセッションはそのひとつだ。やり方はまだ手探りだけど、大きすぎる願いを叶えるために日々のできることからコツコツやっていこうと思う。

やっぱり、秋は唐揚げ #唐揚げ #からあげ #ラード #塩麹 #鶏モモ肉 #5枚 #たんぱく質 #柔らかい #おいしい #味噌汁 #豆味噌 #かぼちゃ #おうちごはん🍴 #うちごはん #家庭料理 #まごわやさしい #家族 #食卓 #クッキングラム #腸内環境 #栄養学 #細胞 #免疫力 #がん #がん患者 #治療中 #はなうた #はなうたごはん

Fuyumi Tsukamotoさん(@hanauta_fuu)がシェアした投稿 –

 - ガンのこと,

AD

AD

  関連記事

あと一週間の命なら、何をする?

以前、マインドフルネスを指導してくださる先生の下『死のワーク』をしたことがありま …

肺腺がんとのつき合い方〜私の家族の場合〜

2010年10月に吐くほどの頭痛の末、意識不明で救急搬送。11月脳腫瘍摘出後、末 …

ガンの恐怖で固まったカラダを開く練習

ガンになってから読んだたくさんの本の中で『こんなとこに居られたら、きっと良くなる …

75歳母を毎朝、抱きしめています

22歳で神戸に嫁ぎました。タイミングもありましたが、親から離れたかったことも理由 …

がん治療中でも美味しく食べる!をみんなで考えてやってみた

いつものお茶会で作戦を練り、今回は初の作戦決行。準備する時間からめっちゃワクワク …

丁寧にパワーチャージできる場所

自分のパワースポットってありますか?私は最近ようやくココだ、という場所に出会いま …

肺腺がんとのつき合い方〜自然を感じる〜

山が大好きな私。今日は緑を味わいに六甲山上にある再度公園に行ってきました。 新緑 …

肺腺がんとのつき合い方〜何を感じながら食べるのか〜

ガンの治療によって変わってしまった姿を映し出すテレビの画面。それを見る人は何を感 …

笑うガン女子会@神戸垂水スタバ

曇り空の今日、初めてガン女子会に参加くださったMさん。瞳が少女のようにキラキラし …

鶏胸肉の刺身が教えてくれたこと

友達に捌きたての鶏肉をもらいました。実は生肉がなんとなく苦手な私。しかも鶏肉なん …