さ、やってみよか

末期ガンになった主婦が幸せ感じながら生きられるようになった食や知恵をお伝えします

*

死ぬことに怯えてみて、わかったこと

   

同じガン種の友達がお空に帰ってしまうと、やっぱり心にくるものがあった。私のガンは穏やかだから大丈夫という思い込みを揺さぶられた。

私はガンになって『死ぬこと』に怯える時間が長かった。でも、ある時『なんで、怯えながら生きなあかんねん』とイヤになり、開き直って生きるようになった。

そうすると『死ぬこと』は遠い日常になる。でも、今回のようにガン友が逝くたびに揺り返しがくる。

ガン友は、ガンじゃない友達と比べると先に逝ってしまう確率はたしかに高い。

その代わりといってはなんだけど、私の大きな気づきを見つける力はとてつもなく大きい。そんな繰り返しで見つけたことがある。

『死ぬことに怯える』=『離れたくないほど幸せな世界に、今いるということ』

死にたくない。

自分だけ先に『ここ』から、この世界から抜けなきゃいけないなんて。そんなの、イヤだーーー‼

ということは、

『ここ』はもうすでに『離れたくないほど幸せな世界』ということに気付いてしまった。

以前の私は、夫が、子どもが、母が、あれやこれやが、私を不自由に不機嫌にさせている!もう!(怒)とよく思ってた。そんな時、ガンになり、死ぬことに怯えた。

少し時間はかかったけど、『もっと、こうなればいいのに』とダメ出ししてた私の世界は『もうすでに、めちゃめちゃ幸せだった』ということに気づけた。

だから、夫や母やガンとの関係性まで、いろいろとクリアしていけたのだと思う。こんなにスッキリハッキリできたのは、ガン友のおかげだ。

ありがとう。あなたと出会えてよかった。またね。

 - ガンのこと,

AD

AD

  関連記事

不登校だった娘18歳の誕生日を祝う

今、募集中のセミナー「たべるおけいこokudosan 」はこちら ーーーーーーー …

ガンになったことを知られたくない時に作ったウィッグの話

もう8年前のこと。2010年12月に初めての抗ガン剤治療をした。当時、標準治療だ …

75歳母を毎朝、抱きしめています

22歳で神戸に嫁ぎました。タイミングもありましたが、親から離れたかったことも理由 …

夏野菜は強かった!草になんて負けません。

久々の畑仕事のお手伝いでした。 …いえ、野っ原ではありません。れっきとした畑です …

幸せは感じることの中に。

今日は幸せを感じることがたくさんありました。この感謝を覚えておきたくて書いた話で …

「イヤな気持ちになることはないの?」と聞かれて。私が心掛けていること。

生活が一変し、一気に落ち着いた一年だった。 夫婦そろって、方法にこだわった生き方 …

子育てママがリラックスして軽くなる会

毎日育児をがんばってるママたちがリラックスして軽〜くなるリラッかるお茶会《毎月第 …

笑うガン女子会・ゆったりヨガでゆるゆるしました

毎月第4木曜開催中の『笑うガン女子会』 呼吸を大切にする『細胞とココロをほぐすゆ …

本当は内緒にしておきたい。隠れ家珈琲店

街中から少し走ると田園風景になるのは神戸ならでは。緑いっぱいの景色にとっても心が …

私だけは大丈夫と思ってたけど、ガンになった

「私は大丈夫」と思ってた。いや、実は私『だけ』は大丈夫と思ってた。でもきっと、そ …