さ、やってみよか

末期ガンになった主婦が幸せ感じながら生きられるようになった食や知恵をお伝えします

*

死ぬことに怯えてみて、わかったこと

   

同じガン種の友達がお空に帰ってしまうと、やっぱり心にくるものがあった。私のガンは穏やかだから大丈夫という思い込みを揺さぶられた。

私はガンになって『死ぬこと』に怯える時間が長かった。でも、ある時『なんで、怯えながら生きなあかんねん』とイヤになり、開き直って生きるようになった。

そうすると『死ぬこと』は遠い日常になる。でも、今回のようにガン友が逝くたびに揺り返しがくる。

ガン友は、ガンじゃない友達と比べると先に逝ってしまう確率はたしかに高い。

その代わりといってはなんだけど、私の大きな気づきを見つける力はとてつもなく大きい。そんな繰り返しで見つけたことがある。

『死ぬことに怯える』=『離れたくないほど幸せな世界に、今いるということ』

死にたくない。

自分だけ先に『ここ』から、この世界から抜けなきゃいけないなんて。そんなの、イヤだーーー‼

ということは、

『ここ』はもうすでに『離れたくないほど幸せな世界』ということに気付いてしまった。

以前の私は、夫が、子どもが、母が、あれやこれやが、私を不自由に不機嫌にさせている!もう!(怒)とよく思ってた。そんな時、ガンになり、死ぬことに怯えた。

少し時間はかかったけど、『もっと、こうなればいいのに』とダメ出ししてた私の世界は『もうすでに、めちゃめちゃ幸せだった』ということに気づけた。

だから、夫や母やガンとの関係性まで、いろいろとクリアしていけたのだと思う。こんなにスッキリハッキリできたのは、ガン友のおかげだ。

ありがとう。あなたと出会えてよかった。またね。

 - ガンのこと,

AD

AD

  関連記事

【笑うがん女子会】teamつくし

ガンと生き、おかげさまで5周年。出会ってきた全ての方と出来事のおかげです。ありが …

ガン学会に参加して想うこと

京都で開催されたガンの学会に参加してきました。 肺ガン患者会 肺ガン患者会ワンス …

祝☆5年 思いで生きて、生かされていること

夜中の割れるような頭痛。病院に運び込まれた日。見事な紅葉と突き抜ける青空の眩しさ …

私だけは大丈夫と思ってたけど、ガンになった

「私は大丈夫」と思ってた。いや、実は私『だけ』は大丈夫と思ってた。でもきっと、そ …

栄養たっぷり愛情たっぷりの野菜を作る畑に初潜入

ずっと、ずっとしてみたかった… 畑仕事のお手伝いに行ってきました。 すぐ上でヒバ …

肺腺がんとのつき合い方〜がん免疫栄養療法〜

ケトジェニックダイエットはガンの食事療法臨床研究としても注目されています。 スー …

自己治癒力を簡単に発揮させる「よし、できた!」

「よし、できた!」は、最近のお気に入りの言葉だ。なぜなら、ものすごく自分を誇らし …

がんになって見つけた青い鳥の居場所

『ガンが幸せをくれた』という一文。ガンが見つかる前は「なんで?」、ガンが見つかっ …

神戸垂水・子育てママのためのリラッかるお茶会申込はこちら

神戸垂水ママのためのお茶会 リラッかるお茶会 胎内にかけがえのない命を宿した時か …

なんで、ガンになったと思いますか?という質問で子どもの頃、言われた言葉が浮かんだ

「なんで、ガンになったと思いますか?」 こう聞いてきたのは、分子栄養学の繋がりで …