さ、やってみよか

末期ガンになった主婦が幸せ感じながら生きられるようになった食や知恵をお伝えします

*

死ぬことに怯えてみて、わかったこと

   

同じガン種の友達がお空に帰ってしまうと、やっぱり心にくるものがあった。私のガンは穏やかだから大丈夫という思い込みを揺さぶられた。

私はガンになって『死ぬこと』に怯える時間が長かった。でも、ある時『なんで、怯えながら生きなあかんねん』とイヤになり、開き直って生きるようになった。

そうすると『死ぬこと』は遠い日常になる。でも、今回のようにガン友が逝くたびに揺り返しがくる。

ガン友は、ガンじゃない友達と比べると先に逝ってしまう確率はたしかに高い。

その代わりといってはなんだけど、私の大きな気づきを見つける力はとてつもなく大きい。そんな繰り返しで見つけたことがある。

『死ぬことに怯える』=『離れたくないほど幸せな世界に、今いるということ』

死にたくない。

自分だけ先に『ここ』から、この世界から抜けなきゃいけないなんて。そんなの、イヤだーーー‼

ということは、

『ここ』はもうすでに『離れたくないほど幸せな世界』ということに気付いてしまった。

以前の私は、夫が、子どもが、母が、あれやこれやが、私を不自由に不機嫌にさせている!もう!(怒)とよく思ってた。そんな時、ガンになり、死ぬことに怯えた。

少し時間はかかったけど、『もっと、こうなればいいのに』とダメ出ししてた私の世界は『もうすでに、めちゃめちゃ幸せだった』ということに気づけた。

だから、夫や母やガンとの関係性まで、いろいろとクリアしていけたのだと思う。こんなにスッキリハッキリできたのは、ガン友のおかげだ。

ありがとう。あなたと出会えてよかった。またね。

 - ガンのこと,

AD

AD

  関連記事

食費節約のオニだった私がガンになって気づいたこと

ずっと、節約が趣味だった私。子どもが生まれてからは、将来が不安で石橋を叩いて割る …

補完代替療法が当たり前になるといい

​現代医学では治せない、延命しかできないと言われたら、落ち込みます。頼りにする医 …

肺腺がんとのつき合い方〜私の家族の場合〜

2010年10月に吐くほどの頭痛の末、意識不明で救急搬送。11月脳腫瘍摘出後、末 …

料理が上手くなる、たった一つのこと

私が台所に立つようになったのは10歳の頃。小学校のキャンプでカレーを作れるように …

no image
出口が見えないトンネルを歩いている気分

『人は自分の思うようにはならない』我が子だから、なおさら感じることなんだろう。『 …

勇気出して自分に正直になってました

ブログを書けずにいました。 立ち止まることは怖いことで、いけないこと、ずるいこと …

神戸垂水・子育てママのためのリラッかるお茶会9月

朝晩、涼しく過ごしやすくなってきましたね。今月も開催しました。 子育てママのため …

【笑うがん女子会】teamつくし

ガンと生き、おかげさまで5周年。出会ってきた全ての方と出来事のおかげです。ありが …

体温を上げる〜肺腺がんとのつき合い方〜

ガンは低体温を好むことはご存知ですよね。そして40度近くなれば、ガン細胞は死ぬら …

患者力を発揮するスイッチは覚悟すること

自分は健康体だと1ミリの疑いもなく40年ほど生きてきました。が、一瞬で患者になり …