さ、やってみよか

末期ガンになった主婦が幸せ感じながら生きられるようになった食や知恵をお伝えします

*

ガンだからって訳じゃなく、人生は思ってるより短いらしい

   

「もういいから、一歩前に出なはれ。」その言葉は柔らかく私の背中を押す、と同時に、私はその一歩先にある上が隠れて見えない高い山を見上げて、憧れながらも尻込みしそうになる。

病んだ私を公園に誘った彼女

2年ほど前だったか。その頃の私は、この身体の状態には合わない食事の仕方を良かれと思い、ガンをやっつけるために長く続け過ぎてしまっていた。

加えて環境からのオファーもあり、私は何かおかしい、そう、病んだ状態になっていた。

それはひどい手荒れだったり、判断力がやたらに鈍ったり、思考力、集中力といった落ち着きを無くしたりした。

ほんとにひどくて、周りにも迷惑をかけたし、失敗もした。痛い思いをした分、ものすごく納得して学べたことは大きかった。

結局、わたしの中では何が起きていたのかというと、大きくは腸内環境悪化による弊害。

カンジダの増殖から出るアセトアルデヒド。タンパク質の過剰摂取によるアンモニア。

そういった毒素が栄養不足により排出されず、体内を駆け巡り、脳にモヤがかかったような状態(ブレインフォグ)になった。

もちろん、交感神経が優位な状態で消化機能が下がった弊害は、それだけではなかった。

無茶苦茶だったなと思う。無知って怖いなと思う。でも、やってみたかったんだろうな、私は意外と経験したがりだから。

とにかく、そんな私を見かねて「ゆっくりしなよ。ちょっと止まってもいいんだよ?」と声をかけてくれたのが、先の話で私の背中を押してくれたくみさんだった。

物好きなのか、根っからの治療人なのか

混乱状態だった私より、ひと足ふた足、先に分子栄養学実践講座で学び始めていた彼女は、私の状態は明らかにヤバいとわかっていたんだろう。

でも、その頃の私ときたら、アドレナリンファイターで人の言うことを素直に聞けなくなっていたもんだから、やっかいだったと思う。

ひねくれた落ち込み方もするし、今の私ならそんな面倒な人、放っておくでしょう(笑)

でも彼女はそんな私を、そーっと公園散歩に誘ってくれたり、体貸してといっては鍼灸をしてくれたり、料理を教えてくれだのといっては病んだ私を気にかけてくれた。

ようやく、聞く耳ができた私は彼女の勧めで、有機酸検査毛髪ミネラル検査をすることにした。

そこから、一年と少し。いろんな人の手を借りながら、何とか落ち着いた思考と肉体が戻ってきた。

ゼロが見えるマイナス1くらい、まで戻ってることを願うけど、なかなか動かない数値や体感に、ああそいえばガンだったわと思い出したりもして。

それにしても、彼女は物好きなのか、根っからの治療人なのか、よくわかんないけども、彼女は私の手を引っ張ってくれる。いやいやいいです、と弱気な私が喉まで出るけど飲み込む。

人生短い。のんびりしてたら死んじゃうよ?

「もういいから、一歩前に出なはれ。」という言葉は、縁の下の力持ちしか知らなかった私の背中を押した。

「人生なんて短いんだから。のんびりしてたら死んじゃうよ?」なんてことも彼女は言うのだ。

「ほんまやなー」と呑気に構えるガンの私を引きずり、彼女は『はじめての分子栄養学シリーズ』を始めた。シリーズ1の『栄養から読み解く女心セミナー』は大盛況に終わった。

シリーズ2は、我が家の娘の不登校体験を元に『成長期から思春期のココロとカラダを育てる栄養の話』6/23(土) とうとう私は人前で話すセミナーデビューをする。

ああ、ドキドキする。うまく話せるのか!!なんてことを思ってしまうと一層ドキドキする。事実を時系列で紹介していくだけだというのに、この先が思いやられる。

 

大きく息を吐く。フーーーーーーーー。

 

声を届ける。知ってもらう。思いを伝える。

まさかにまさかが重なって、重なるならウナ重がいいと思った、あの6年間。娘には青春を思う存分、楽しませてあげたかった。

今もあの時も、娘はかわいそうではないけれど、あの時を取り戻せるなら、親としてできることがあったとしたら、当然するやろな、もっと早く知ってたらなと、どうしても思ってしまう。

そんな今の私ができることは、第二の我が家になる可能性がある方々に声を届けること、知ってもらうこと。知っていれば、この手で大切なものを守れるのだから。

病気は火事。消すのは医学。不調は修理。治すのは栄養や生活習慣。

そんなもの、これくらい、と思っているところに不調という症状は潜む。知っていれば、見つけて手を打て、火事を起こさずに済む。

やっぱり、それが楽だなぁと思う。背中を押してもらったことだし、へっぴり腰ではあるけど、今の私のまま、役に立ててもらえることをこれから一歩前に出て伝えてみよう。

 - 分子栄養学, 身体

AD

AD

  関連記事

肺腺がんとのつき合い方〜がん免疫栄養療法〜

ケトジェニックダイエットはガンの食事療法臨床研究としても注目されています。 スー …

簡単過ぎるサラダランチ〜我が家の健康生活ケトレシピ〜

お肉のっけサラダ ・豚肉とか鶏肉 100g(もちろん増量可) ・卵 1ケ ・サニ …

皮つきたけのこをササっと簡単に茹でる方法

旬のたけのこを頂きました♡ 早速、茹でます。縦に包丁を入れて、皮を剥きます。 た …

簡単・混ぜて焼くだけパンケーキ〜我が家の健康生活レシピ〜

『混ぜて焼くだけパンケーキ』 〜材料〜 ・おからパウダー 大さじ5 (アーモンド …

健康寿命を延ばす!健康体をつくるお話会

【元気モリモリ・気づけばスッキリセミナー@アロマケアルームRIN】開催させて頂き …

たべるおけいこokudosanって、なあに?

こんなことってないですか? 食の情報が多すぎる 結局、何がいいの? 食べものって …

きゅうりがパリっと!ピリ辛炒め〜我が家の健康生活ケトレシピ〜

パリっときゅうりのピリ辛炒め 〜材料〜 ・豚肉 300g ・きゅうり 2本 ・オ …

料理が上手くなる、たった一つのこと

私が台所に立つようになったのは10歳の頃。小学校のキャンプでカレーを作れるように …

お肉野菜野菜海藻〜我が家の健康生活ケトレシピ〜

〜ある日の晩御飯〜 ・自家製ローストビーフ 〈牧草牛モモで〉 ・モリモリ葉っぱ& …

ランチ会・開催しました

『お腹いっぱい食べて痩せる?』『お肉をいっぱい食べる?』そんなハテナを解消すべく …