さ、やってみよか

末期ガンになった主婦が幸せ感じながら生きられるようになった食や知恵をお伝えします

*

肺腺がんとのつき合い方~「もう打つ手がないねん…」そう呟くガン病棟同室の人に見せた私のバイブル

      2016/09/21

ガンとわかった私は治りたくて治したくて、情報の海を泳ぎ回り、来る日も来る日も生きる術を探しました。同じガンの人の闘病記を読み漁りヒントを求めるも、更新が終わるものばかり。見なきゃ良かったよー(泣)と悲しくなることが多かったです。

薬は使っちゃいけない?

病院に行かず、薬はやめた。手術したけど、もう病院行くのはやめた。だから治ったという希望のある話を見つけて、勇気ももらいました。

ただ、私には怖くて、どうしても薬をやめることができませんでした。そんな自分はなんて弱いのだろうと、なぜそれができないのかと自分を責めたりもしました。

生きるためなら何でもあり

「薬を使うのはズルい。私だけラクに治ってごめんなさい。私だけよく効く薬があってごめんなさい。」そう思ってました。だから、自分のことを公にするのには時間がかかりました。

いろいろ学び、落ち着いていった後に「生きるためなら、何でもありでいいやんか」とようやく自分を許せました。誰も私が薬を飲むことを責めてないのに。だから、私は抗がん剤を飲み、さらに薬がよく効く細胞になるような食事をしています。

私のバイブルを同室のみんなに伝え盛り上がる

再発を繰り返し、変薬のため入院治療していた2014年11月相部屋で聞いたセリフ。「もう打つ手がないねんて…。これが最後のできること…。」

私のいる部屋はみんなステージ4の方ばかり。そんな言葉をお向かいのMさんが口にするから、「実はええのがあんねん!」と私のバイブルをオススメしました。読みたいけど字が多過ぎて読めん、わからん!(笑)というし、どこをどうすればいいの⁉︎と部屋のみんなで盛り上がったので1枚にまとめてそれぞれにお渡ししてきました。

ビニール袋に入れて「濡れんように大切にするからな。ちゃんとコレ守るから」の言葉には嬉しくて涙が出ました。

 - ガンのこと, , 日記, 統合医療, 身体

AD

AD

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

肺腺がんとのつき合い方〜夢を叶えるコツ〜

雪が舞った今日、私の夢がひとつ叶いました。本当にこの日に私は生きているんだ…と一 …

作り置きおかずは時間と心にゆとりを作る

何だかんだと忙しい毎日を送っている皆さま♡作り置きのオススメです(^^) ほんの …

肺腺がんとのつき合い方〜ストレスをほぐす〜

私はソファのヘリに座るのが好きです。足をぶらぶらさせてると、妙に落ち着くのです。 …

虫除け手作りしてみました。

畑仕事にかかせない草刈り。蚊との闘いです。畑仕事のセンパイが自分で作れる虫除けが …

京都町屋さんでお味噌を仕込む

先日、念願のお味噌作りを体験してきました。初料理教室体験でお世話になったRocc …

ガンになったことを知られたくない時に作ったウィッグの話

もう8年前のこと。2010年12月に初めての抗ガン剤治療をした。当時、標準治療だ …

ランチ会・開催しました

『お腹いっぱい食べて痩せる?』『お肉をいっぱい食べる?』そんなハテナを解消すべく …

ミトコンドリアと焼き鳥と圧力鍋とアラフィフ

アラフィフになれたことをしみじみ味わいながら、家族で揃う日に誕生祝いを。ごちそう …

わらびの胡麻和え〜ケトジェニックな健康生活レシピ〜

わらびの胡麻和え 〜材料〜 ・わらび 1束 ・いり胡麻 大さじ2(好みで増やして …

75歳母を毎朝、抱きしめています

22歳で神戸に嫁ぎました。タイミングもありましたが、親から離れたかったことも理由 …