さ、やってみよか

末期ガンになった主婦が幸せ感じながら生きられるようになった食や知恵をお伝えします

*

肺腺がんとのつき合い方~「もう打つ手がないねん…」そう呟くガン病棟同室の人に見せた私のバイブル

      2016/09/21

ガンとわかった私は治りたくて治したくて、情報の海を泳ぎ回り、来る日も来る日も生きる術を探しました。同じガンの人の闘病記を読み漁りヒントを求めるも、更新が終わるものばかり。見なきゃ良かったよー(泣)と悲しくなることが多かったです。

薬は使っちゃいけない?

病院に行かず、薬はやめた。手術したけど、もう病院行くのはやめた。だから治ったという希望のある話を見つけて、勇気ももらいました。

ただ、私には怖くて、どうしても薬をやめることができませんでした。そんな自分はなんて弱いのだろうと、なぜそれができないのかと自分を責めたりもしました。

生きるためなら何でもあり

「薬を使うのはズルい。私だけラクに治ってごめんなさい。私だけよく効く薬があってごめんなさい。」そう思ってました。だから、自分のことを公にするのには時間がかかりました。

いろいろ学び、落ち着いていった後に「生きるためなら、何でもありでいいやんか」とようやく自分を許せました。誰も私が薬を飲むことを責めてないのに。だから、私は抗がん剤を飲み、さらに薬がよく効く細胞になるような食事をしています。

私のバイブルを同室のみんなに伝え盛り上がる

再発を繰り返し、変薬のため入院治療していた2014年11月相部屋で聞いたセリフ。「もう打つ手がないねんて…。これが最後のできること…。」

私のいる部屋はみんなステージ4の方ばかり。そんな言葉をお向かいのMさんが口にするから、「実はええのがあんねん!」と私のバイブルをオススメしました。読みたいけど字が多過ぎて読めん、わからん!(笑)というし、どこをどうすればいいの⁉︎と部屋のみんなで盛り上がったので1枚にまとめてそれぞれにお渡ししてきました。

ビニール袋に入れて「濡れんように大切にするからな。ちゃんとコレ守るから」の言葉には嬉しくて涙が出ました。

 - ガンのこと, , 日記, 統合医療, 身体

AD

AD

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

がん女子会・波乱万丈の人生ってあるのね

災害レベルの厳しい寒さが通りすぎ、ひと安心できた日にたくさんおしゃべりしてきまし …

神戸お花見マップに掲載されてたご近所で花見散歩

近所の中学校や近くのマンションがお花見マップ(神戸地域誌)に載っていてビックリ。 …

皮つきたけのこをササっと簡単に茹でる方法

旬のたけのこを頂きました♡ 早速、茹でます。縦に包丁を入れて、皮を剥きます。 た …

ストレスのかわし方と腸内環境正常化

学校が始まったばかりの息子からメールがあった。 【ラプンツェる】 予測不可能な出 …

結婚25年と息子20歳と愛すること

息子が生まれてきた日のことは昨日のことのように覚えている。この20年の間にあった …

京都町屋さんでお味噌を仕込む

先日、念願のお味噌作りを体験してきました。初料理教室体験でお世話になったRocc …

子育てママのためのりらっかるお茶会

神戸・垂水区塩屋のマンションで乳幼児を育てるママが『いっぱいおしゃべりして、リラ …

栄養たっぷり愛情たっぷりの野菜を作る畑に初潜入

ずっと、ずっとしてみたかった… 畑仕事のお手伝いに行ってきました。 すぐ上でヒバ …

ローストビーフをダッヂオーブンで作る

数年ぶりに兄弟全員集合してきました。かなり仲良しです。賑やかだった亡き父のモット …

ランチ会@サロンココ

こんな素敵な海を見ながら、お仕事に出かけた先は お腹いっぱい食べて、健康的に痩せ …