さ、やってみよか

末期ガンになった主婦が幸せ感じながら生きられるようになった食や知恵をお伝えします

*

不登校だった娘18年の身体の歴史を読み解く

      2018/07/04

昨日は梅雨の真っ只中、たくさんの方にご参加頂き

はじめての分子栄養学vol.2(主催vedana)成長期~思春期のココロとカラダを作る栄養の話でした。

18年を栄養で読み解く

今回は不登校という経験を含む、娘をお腹に宿してからの18年を題材に、分子栄養学的に読み解くセミナー。

娘を妊娠した時の私の身体状態が、胎児の娘にどのような影響をもたらしたのか

子どもの頃の大きな悩みだったおねしょやおもらし、便秘、癇癪の理由など

そうだったのかーー

と18年前にタイムスリップして、今までを見てきたような、そんなセミナーでした。経験談があったからイメージしやすかった、という感想も。

親として、自責の念に駆られることも多かった子育て期。子どものそういった行動の理由がさらにわかったことで「なるほど、だからね、じゃ、しょうがなかったよね」と自分を慰めることができましたw

講師のくみさん曰く「これでも、できるだけ削った」内容は盛りだくさんで、もしかしたら、初めてセミナーに参加頂いた方には情報量が多すぎたかもしれません。私はお得感を感じてしまいましたが。

18年の身体の歴史となると、あのボリュームもいたしかたない、と思ってしまいます。親子共々、途方にくれた6年がお役に立てる時がようやくきたのかと嬉しくもあり、初めての講師もハプニングもあってドキドキしたりの一歩でした。

ご参加頂いた皆様、ありがとうございました。

ーーーーーーーーーーーーー

はじめての分子栄養学シリーズ(主催vedana)

●vol.1 女心と栄養の話●vol.2 子どもの栄養の話

これからもブラッシュアップして開催されますので、お聞き逃しの方、お越しくださいね

9月以降、はじめての分子栄養学実践編として料理クラスを担当する予定です。多くの方と一緒に、より健康になっていきたいと思います。

セミナー情報

「副腎疲労」を知り「リラックス」をし「ボーンブロス」を食す「食う寝る遊ぶ」体験型のvol.3です。一緒にほっこりしましょう。私はスープを担当。

●7/29(日)>>>募集中<<< 元町ヨガスタジオ スンダリ はじめての分子栄養学vol.3 分子栄養学に触れるヨガ&スープカフェ・副腎疲労のためのヨガ  〜ヨガによるカラダとココロの生理的変化〜

●8/25(土) 神戸産業振興センター はじめての分子栄養学vol.4  生きている今だからできる栄養の話~病気と一緒に生きる人へ~

 - 分子栄養学

AD

AD

  関連記事

たべるおけいこokudosan「腸粘膜」2018・3・5(月)レポ

久々の春の雨の中、たべるおけいこokudosan開催しました。 第4回のテーマは …

たべるおけいこokudosan10/24【レポ】

先日の「たべるおけいこokudosan」初開催「消化」のお話。 「あれやらこれや …

no image
【感想】はなうたセッション

原文そのまま、了承を得て掲載しています。   【30代女性】肺がんⅣ期 …

ガンだからって訳じゃなく、人生は思ってるより短いらしい

「もういいから、一歩前に出なはれ。」その言葉は柔らかく私の背中を押す、と同時に、 …

たべるおけいこokudosan 11/14【レポ】

口から入れた食べ物を細かく細かく小さーくして、腸で吸収できる大きさにすることが大 …