さ、やってみよか

末期ガンになった主婦が幸せ感じながら生きられるようになった食や知恵をお伝えします

*

ありがたい。有り難い。

   

2010年10月に倒れてから、じき丸9年。こんなに生かしてもらえたと思いながらも「まだ生きたい」と思い、救われてきたと思いながらも「よーやってきたな自分」とも思う。
そんな今、6回目の脳転移治療が始まる。今回は摘出手術だ。
1年に1回くらい、新しい転移巣が見つかってもガンマナイフで焼いてきた。が、今回はもうすでに2回焼いたとこだったので3回目焼くことは「非常識なこと」と脳を診てくれる近藤先生は言う。
丁寧に脳の写真を見比べて、私がダメージを受けないよう言葉を慎重に選び伝えてくれる姿勢に、また信頼が増した。

久々に感じる「先が見えない感」

人が不安を感じるのは未来だけだ。今のままでは未来に行けないかも、と感じただけで『なんで、私がガンやねん』と拗ねる気持ちが顔を出す。

体のどっかがギュッと縮み、冷たく鈍く重くなる。
思い描く未来と離れていく予感と恐怖に一瞬で引き込まれる。
笑ってしまった。
こんなに繰り返してるのに、まだこの気持ちは生まれてくるんだ。
ま、でも、生まれてきちゃう感情をどうにかしようとは思わないし、そりゃそうだわなって肩を組みたくなるようになった。

それにしても、有り難いことやなと思う。

私の身体を見張り、動きがあれば即助けようと動いてくれる。(医療ってそういうものだと言えば、そうなんだけど)

やっぱり、今ここに生きてることは有り難いことで埋め尽くされてる、と改めて思う。

信頼できる医療者の方々と出会えていること。迷惑かけるであろう職場の方々の優しい思い。いつも通り見守っててくれる家族と友達。

ガンであっても動いてくれる身体が今ここにあること。働ける職場があること。誰かや何かのためにがんばれること。そのことでお金が稼げるということ。そのことで守りたいものが守れること。

空がキレイなこと。風が気持ちいいこと。鳥の鳴き声の中、目覚められること。愛犬が私の腕枕で眠ること。家族が元気でいてくれること。食べるものがあり、住むとこがあること。
数え出したらキリがない。
当たり前に過ぎる日常を『有ることが難しいこと』なのだと気づかせてくれる私のガン。
ほんまにありがたいもんやな、と改めて思う最近なのだ。

 - ガンのこと

AD

AD

  関連記事

ガン情報の見極め方・後編〜ガン学会に参加して想うこと〜

エビデンス(科学的根拠)に基づいた治療法を裏付けるための臨床試験・・・情報の信頼 …

生まれてきてよかったと思えること

テレビから流れていたセリフ。何となく耳に残り、ちょっと考えてみた。 生まれてきて …

ガンの世界を進む『チームつくし』

​ガンになった人が見る世界を『すねてないで、前向いて一緒に進む同士がいたらおもし …

疑うより、信じて生きようと思う

ガンが私に与えてくれたことはたくさんあるけど『安心して、すべてを受け取って、今を …

患者力を発揮するスイッチは覚悟すること

自分は健康体だと1ミリの疑いもなく40年ほど生きてきました。が、一瞬で患者になり …

肺腺がんとのつき合い方〜診察報告〜

先日2015.5.26定期診察。診察室に入るなり「何かいいコトあったん?」と主治 …

肺がん患者会〜肺腺がんとのつき合い方〜

ある繋がりからこちらの患者会に入ることにしました。肺がん患者の会 ワンステップ …

がんになったら変えること

『笑うがん女子会つくし』開催しました。今回は暑さもあってか、体調を崩される方が続 …

肺腺がんとのつき合い方〜自然を感じる〜

山が大好きな私。今日は緑を味わいに六甲山上にある再度公園に行ってきました。 新緑 …

私だけは大丈夫と思ってたけど、ガンになった

「私は大丈夫」と思ってた。いや、実は私『だけ』は大丈夫と思ってた。でもきっと、そ …