さ、やってみよか

末期ガンになった主婦が幸せ感じながら生きられるようになった食や知恵をお伝えします

*

肺腺がんとのつき合い方〜何を感じながら食べるのか〜

      2015/11/19

ガンの治療によって変わってしまった姿を映し出すテレビの画面。それを見る人は何を感じるんだろう。何を信じてしまうんだろう。流れる画面を見ながら、そんなことを思っていました。

『ガン=悪=死』の思い込みは作られる

『恐怖』や『ガン=悪=死』という思い込みは流れる情報から、こうやって無意識に作られていくんだろうなぁ、と感じていました。実際、私はそうでした。ガンの治療はあんな『恐怖』に耐えなきゃいけないんだ。あぁ怖い。ガンにならないようにしなきゃ。絶対にガンなんて、なりたくない…。怖い思いなんてしたくない…とあまりにリアルに想像してしまい…引き寄せてしまったんですね(笑)今後は気をつけます(^^)

どんな気持ちで食事をするか

私はガンとわかって、まず始めた食事は玄米菜食でした。毎日、大量の野菜ジュースを作り飲む。これらを食べてたら、次の検査ではきっと腫瘍は小さくなってる…はず。『無くなれ!無くなれ!ガン細胞は怖いから!あったら死んじゃうから無くなれ!』毎日祈りながら、野菜ジュースを飲みました。でも、残念ながら私の場合は無くなりませんでした。ある日、ジュースを飲んだ後に立って居られなくなり、座りこんでしまったのです。カリウムを摂り過ぎていたようです。病院関係者に気をつけるように言われていたことを思い出し、その後しばらくは食べたいものを食べたいように食べていました。恐怖に囚われながら食事を選んでいた自分がいたこと、そしてそのことに疲れた自分がいたことに気づいたのです。

気分が良い食事を選ぶ

どんな食事でも、やはりリラックスして気分良く頂くことが身体を作る60兆個の細胞の栄養に一番なるようです。ホルモンなどの働きも感情に忠実、ということはもう皆さんご存知の通り。「恐怖・不安・緊張」から選ぶ食事より「喜び・希望‼︎・リラックス」から選ぶ食事の方が身体にはかなりいい影響を与えると、私は体感しています。

先日、妹がお取り寄せしてくれた「激うま・カツオのたたき」を家族みんなで頂きました。

5月23日土曜13時
第5回がんの免疫食事療法説明会
〜多摩南部地域病院にて〜

 - ガンのこと, レシピ, , 身体, 食事

AD

AD

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

神戸垂水・子育てママのためのリラッかるお茶会9月

朝晩、涼しく過ごしやすくなってきましたね。今月も開催しました。 子育てママのため …

健康おウチご飯はこう作る【栄養講座】実践編開催

りんごアカデミー【栄養講座・全3回シリーズ】「ほな、コレ食べとこか!」最終回・実 …

食とガンと生き方と(2)

​前回・食とガンと生き方と(1)からの続き ーーーーーーーーーー 日々、当たり前 …

子育てママのためのりらっかるお茶会

神戸・垂水区塩屋のマンションで乳幼児を育てるママが『いっぱいおしゃべりして、リラ …

激早30秒で完成!シーザーサラダ風

激早30秒で完成!シーザーサラダ風 用意するもの ・サニーレタス 1束 ・マヨネ …

離乳食をえづいて食べない男の子がバクついたスープ【レシピ付き】

週末の楽しみはクルレ畑の野良仕事。カオスにハマっていた頃の私をどうにかしたくて、 …

私だけは大丈夫と思ってたけど、ガンになった

「私は大丈夫」と思ってた。いや、実は私『だけ』は大丈夫と思ってた。でもきっと、そ …

初めての体験

先日、生まれて初めて料理教室に行ってきました。 Rocca さんは『女性が一人で …

ガンになったことを知られたくない時に作ったウィッグの話

もう8年前のこと。2010年12月に初めての抗ガン剤治療をした。当時、標準治療だ …

補完代替療法が当たり前になるといい

​現代医学では治せない、延命しかできないと言われたら、落ち込みます。頼りにする医 …