さ、やってみよか

末期ガンになった主婦が幸せ感じながら生きられるようになった食や知恵をお伝えします

*

肺腺がんとのつき合い方〜診察報告〜

      2018/04/19

先日2015.5.26定期診察。診察室に入るなり「何かいいコトあったん?」と主治医から言葉をかけられて??と思っていたら。。「血液検査パーフェクト!」でした。先生と一緒に喜べて、ホントにホントに嬉しい‼︎クラークの方や、学生さんも居られたのでみんなで喜んでいただけました。

CEAやCYFRA(腫瘍マーカー)に関して言えば、今までの最低値を記録。
[CEA 0.9][CYFRA 0.53]

薬も良く効いていると思うけど、力が湧き上がるような身体はホントに素敵。

今、できることをする

病院に依存したり、何かを待ってるだけだと不安が募ります。自分の命なのに誰かにそれを預けているからだと、ある時に私は気づきました。『自分でできることを自己責任においてする。それが自分の命に責任を取ること』だと改めて思います。できないことはできないでいい。できないこと、怖いことはやらなくていい。そんな自分を責める必要は全くない。でも、少しだけ、このくらい、一回コソっと、やってみるくらいなら。そんな感じで大丈夫だから今、できることからしてみると未来が少しずつ変わると思います。何が大事かって、どんな手を使っても今を生きることです。

 - ガンのこと, , 日記, 統合医療, 身体, 食事

AD

AD

Comment

  1. AKANE TAKAHASHI より:

    未来が少しずつ変わる。長い間、自己責任を背負おうとせず生きてきた私にはずっしり来る言葉です。
    ふゆみさんの言葉はいつも私を勇気づけてくれます。ありがとう♡

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

糖質制限・神戸垂水家族で始めるスタートアップセミナー報告

3月5日土曜日・神戸市垂水区で家族で始める!糖質制限スタートアップセミナーが行わ …

あと一週間の命なら、何をする?

以前、マインドフルネスを指導してくださる先生の下『死のワーク』をしたことがありま …

ガンになった友人の力になりたい

近しい人、大切な人がガンになった時ほど、何かしたい、力になりたいと思うのはごく自 …

no image
【感想】はなうたセッション

原文そのまま、了承を得て掲載しています。   【30代女性】肺がんⅣ期 …

ガン女子会、終わります。

突然ですが、チームつくしガン女子会を終わります。今まで応援して頂き、ありがとうご …

肺腺がんとのつきあい方~母とのこと~

22歳で結婚した訳は、親元を離れたかったことも理由のひとつだった。なのに結局、田 …

肺腺がんとのつき合い方〜がん免疫栄養療法〜

ケトジェニックダイエットはガンの食事療法臨床研究としても注目されています。 スー …

低糖質カルボナーラ〜我が家の健康生活レシピ〜

入れて混ぜたら出来上がる 低糖質カルボナーラ 材料1人前 ・糖質0麺 1袋 A・ …

クルレ畑は生命力が溢れる場所

日曜日の朝は、クルレの畑仕事。大切で大好きな時間です。 おちゃめな愛されキャラで …

勇気出して自分に正直になってました

ブログを書けずにいました。 立ち止まることは怖いことで、いけないこと、ずるいこと …