さ、やってみよか

末期ガンになった主婦が幸せ感じながら生きられるようになった食や知恵をお伝えします

*

肺腺がんとのつき合い方〜私の家族の場合〜

      2015/03/06

2010年10月に吐くほどの頭痛の末、意識不明で救急搬送。11月脳腫瘍摘出後、末期肺腺がんと診断された私。

もって年内…余命三ヶ月…

「奥さんは年内もつかどうか…と救急搬送先で聞かされていた」そんなことを夫が最近、ポツリと話してくれました。内容にもビックリしたけど、今まで誰にも言わずにいられた夫に一番ビックリしました(笑)。私は自分だけに留めておくなど無理です。何故、それが出来たのか理由を聞くと「意味がわからなかったから。ふゆみがあと三ヶ月でいなくなるワケがないのに、何を言うてるのか理解ができなかった。」

思いは実現する

誰から何を言われようと、自分が感じることしか信じないのがモットーの夫。私がそんな事態になった時も、ただそれを続けていただけで「ふゆみが早死になどするわけがない」という姿勢でした。私が入退院を繰り返す生活の中で当時小学5年生と中学1年生の子どもたちは何の不安も感じないで過ごしていた、と言います。それは「パパが今まで通りだったから」夫は私がまだまだ生きると疑わず、病気がわかる前と後で何も変わらなかったから。夫の思いは私に、家族に伝わりました。家族も私が生き続けることを当たり前にしてくれました。その思いの力が私に生きる力を与えてくれました。

もし、今、あなたが誰かのことを大切に思うあまりに心配や不安をされているのなら、その思いを安心に変えてみませんか?「きっと、大丈夫。そんな気がする。」そう安心してしまうだけでその思いは力になり、きっと現実になります。

 - ガンのこと, , 日記, 私に力をくれた言葉, 統合医療

AD

AD

Comment

  1. […] 末期肺腺がんの転移による脳腫瘍が原因でした。医師から告げられた余命宣告はまるでいつか見たドラマの1シーンのようでした。その時のことを書いた妻のブログ記事 […]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

ガン情報の見極め方・前編〜ガン学会に参加して想うこと〜

学会に参加できて良かったなと思ったセミナーの紹介です。 信頼できる「がん情報」と …

モロヘイヤの和風ポタージュ~我が家の健康生活レシピ~

~モロヘイヤの和風ポタージュ~ 【作りやすい分量】 ・モロヘイヤ 1束 ・納豆  …

75歳母を毎朝、抱きしめています

22歳で神戸に嫁ぎました。タイミングもありましたが、親から離れたかったことも理由 …

患者力を発揮するスイッチは覚悟すること

自分は健康体だと1ミリの疑いもなく40年ほど生きてきました。が、一瞬で患者になり …

サンマ大好き家族です

朝晩が過ごしやすくなってきました。セミの鳴き声も気持ち元気が無くなってきたでしょ …

がん女子会・波乱万丈の人生ってあるのね

災害レベルの厳しい寒さが通りすぎ、ひと安心できた日にたくさんおしゃべりしてきまし …

自己治癒力のスイッチが入った魔法の言葉

ガンとわかり、いろいろと模索する中でも心の奥底ではガンは死ぬ、という自分が選んだ …

病気になっても、なってなくても自分の言うことを聞く練習はしてた方がいい

病気になりやすいと言われてる、いわゆる『いい人』の特長のひとつに【自分のことより …

no image
ニュートラルを大切にするドライブ人生

車の免許はMT車で取りました。「そうか両手両足使うのか。そんなサーカスみたいなこ …

料理が上手くなる、たった一つのこと

私が台所に立つようになったのは10歳の頃。小学校のキャンプでカレーを作れるように …